現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
  1. 弁護士ドットコム
  2. 離婚・男女問題
  3. DVを繰り返す夫から自由に2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

離婚・男女問題の「トラブル体験談」- case 01

DVを繰り返す夫から自由に
2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

主な争点
DV、親権、養育費、面会交流
解決手段
調停離婚
  • Aさん(30代女性 / パート・アルバイト)
  • 30代 / 会社員
  • 子ども2人 (8歳、10歳)
  • 婚姻期間11年間

離婚を決意した理由

夫のDVに悩まされていたAさん

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。

会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく、Aさんが夫の両親から嫌がらせを受けているのを知っていながら見て見ぬふりをする、休みの日には一人で遊びに行ってしまう、など家庭内のことを顧みない面がありました。

それに加えて暴力的なところもあり、気に入らないことがあると、しばしば子どもの前でも暴言を吐いたり、家の中のものを壊したり、Aさんに物を投げつけたりしました。そんな夫との生活に、日頃からAさんは強いストレスを感じていました。

ある日、Aさんは夫が投げた調理器具によって大怪我をしてしまいます。
ずっと夫の暴力を我慢してきたAさんでしたが、「このままの生活は続けられない」と、「配偶者暴力相談支援センター」に電話をかけました。

支援センターには、「夫の暴力は治るのか」「どうしたら現状を改善できるのか」を相談しました。支援センターの担当者は親身になって話を聞いてくれ、ひとり親のためのサポート団体やDV被害のメンタルケアの専門家、食事や生活費の支援を受ける方法などを紹介してくれました。

その後、警察にも相談して一時的に実家に避難したAさんでしたが、実家には夫がすぐに押しかけてきてしまいました。携帯電話には、夫からの電話やメールが途切れることなく着信するようになり、この状況を危険と判断した支援センターのサポートを受け、Aさんは子どもを連れて実家から遠い場所に居宅を移しました。

弁護士に依頼したキッカケ

法テラスの民事法律扶助制度を知り、弁護士への依頼を決意

Aさんは「夫と離婚をしたい」と思う反面、自分だけの力で暴力的な夫と安全に別れられるかが心配でした。とはいえ、シングルマザーとして子育てをしていくことを考えると、弁護士など専門家への依頼は費用面で不安がありました。
そんな折、支援センターの担当者に、無料で弁護士に相談できる「法テラス」の制度を教えてもらいます。

法テラスの無料法律相談では、直接連絡をとらない・危険と感じたら警察を呼ぶ、など夫から身を守るための方法や、どのように離婚を進めるべきかについてのアドバイスをもらいました。この際、法テラスの制度で弁護士費用も立て替えてもらえることを知ったAさんは、法テラス経由で弁護士に離婚のサポートを依頼することを決めました。

弁護士のサポートを得て、解決へ

弁護士が交渉を代行し、子育てに有利な条件での決着を目指す

支援センターの担当者や警察の意見もあり、夫側との交渉は弁護士に代行してもらい、離婚調停を進めることになりました。
Aさんが弁護士に伝えた主な希望は4つ。

  • 2人の子どもの親権はAさんが持つこと
  • 夫と子どもの面会交流は、子どもの合意がない限り行わないこと
  • 財産分与は行わないこと (住宅ローンがあったため、分与結果がマイナスになる可能性が高かった)
  • 子どもを育てていくため、養育費・年金分割・学費はできるだけ多くもらいたい

夫は、自分の方が収入が多いことや、育児に両親の手助けを得られることを理由に、自分が子どもの親権を持つべきだと主張。また、住宅ローンがあることを理由に、養育費も算定表通りには払えないと言ってきました。

Aさんの担当についた弁護士はまだ若い方でしたが、Aさんが理解・納得できるよう丁寧に話を進めてくれました。当日までに決めておくべき課題については、予め妥協できる条件をAさんから弁護士に伝え、意見をもらい調整するようにしました。また、必要な書類は、弁護士に作成してもらうようにしました。

Aさんが体調を崩したため、親権と別居中の婚姻費用 (Aさんと子どもの生活費) の金額を決定して、調停は一度取下げとなります。
再度申し立てた調停では、家事事件の経験が深いベテランの弁護士が担当となりました。
夫は「面会交流は対面でしたい」となかなか譲ろうとしませんでしたが、夫の暴力的な面を見てきたAさんは、その希望を受け入れることはできませんでした。弁護士は、双方が譲歩できる提案を適宜提示しつつ、できるだけAさんの希望が通るよう手際良く調停を進めてくれました。

弁護士に依頼した結果

Aさん
  • 調停離婚の成立
  • 別居中の婚姻費用の獲得
  • 2人の子どもの親権の獲得
  • 子どもの意思を尊重した段階的な面会交流の取り決め
  • 希望額の養育費の獲得
  • 慰謝料の代わりに、将来的な子どもの進学費用の獲得
かかった時間3年間(中断期間含む)
かかったお金約25万円

一人で子供を育てるためには、多くのお金がかかります。
そのため弁護士費用を支払えるか不安でしたが、法テラスの制度で、どんな人でも弁護士にお願いできるということを知りました。その他にも今回の件では、「配偶者暴力相談支援センター」が、私達家族のような弱者を助けてくれ、色々支援してくれるという事も知りました。

たくさんの人から力や知恵を借りることで、暴力に耐えて暮らすのでなく、安全で安心できる普通の生活を送ることができるようになります。私と同じような悩みを持っている人にも、勇気をもって行動を起こすことで、色々な可能性が広がるということを知ってもらえれば嬉しいです。

Aさんの弁護士活用ポイント

暴力的な夫と安全に離婚するため、
弁護士に交渉を代行してもらった

DVやモラルハラスメントが原因で離婚をする場合には、安全のため、配偶者との交渉を特に慎重に進める必要があります。Aさんのように弁護士に交渉を代行してもらえば、配偶者との接触の危険を最小限にできるので、比較的安全に調停を進めることができます。 
また法律の専門家である弁護士が交渉することで、相手に臆せず臨機応変な対応ができることもメリットです。Aさんのケースでは、元夫が希望額からの養育費減額を主張した際に「どんな収入の人でも払えるだろう額を設定しているのが算定表である」と説得し、有利な方向に交渉を進めることができました。

法テラスの民事法律扶助制度で、
弁護士費用の不安を解消した

法テラスには「民事法律扶助制度」があり、相談者の収入や紛争の経緯などが一定の条件を満たしていれば、無料で弁護士に法律相談をすることができます。また、弁護士に依頼する際の費用を立て替える制度などもあるので、経済的に余裕がない方でも専門家のサポートを受けることが可能です。
法テラスの民事法律扶助制度を利用できる弁護士は、弁護士ドットコム内の弁護士検索から「法テラス利用可」で絞り込んで探すことができます。

弁護士の交渉により、
段階的な面会交流を取り決めることができた

Aさんの元夫は子どもとの直接面会を強く希望しましたが、DVを経験していたAさんはその希望を受け入れることができませんでした。
初回の調停での交渉は難航。2度目に申し立てた調停では、子どもが成長したことも考慮され「メールから交流を始め子供が会いたがるまでは直接交流はしない」というAさん側の案で決着しました。その際、担当の弁護士が双方が譲歩できるであろう案を複数提示してくれたり、相手方の弁護士と事前に調整するなどしてくれたので、比較的時間をかけずに調停を進めることができました。

「弁護士に依頼してみようかな」と思ったら……

まずは気軽に法律相談をお願いしてみましょう。あなたの抱えている問題に対して法律観点での判断や、とれるアクションの選択肢、費用・期間の見通しなどをアドバイスしてもらえます。
初回相談の料金は30分5000~1万円程度が相場です。足を伸ばしやすいエリアで、あなたに合う弁護士を探してみましょう。

あなたの近くで「離婚・男女問題」を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

弁護士費用の相場と選び方

【離婚の財産分与の手続き】専業主婦でももらえる?分与したくないときは?車やローンや借金の扱いも解説

財産分与とは、離婚するとき、夫婦が結婚している間に築いた財産を分け合うことです。収入がなかった専業主婦でも財産分与は受けられるのでしょうか。反対に...

離婚の弁護士費用の相場は?誰が払う?支払えないとき法テラスを利用できる条件も解説

離婚するにあたり、弁護士に依頼することを検討しているけれど、費用の負担が気になる人もいるでしょう。この記事では、離婚にかかる弁護士費用の相場や、支...

元配偶者が再婚した場合の養育費や面会交流について

離婚後、元配偶者が再婚し、養育費の減額や面会交流の条件変更などを求められた場合、応じる必要はあるのでしょうか。 この記事では、元配偶者の再婚に伴...

プロポーズ後に1年間半同棲…内縁関係といえる?

結婚していない男女であっても、その関係性によっては内縁関係が成立し、結婚している夫婦と同様の扱いを受けます。 * **同棲によって内縁関係は成立する...

【離婚公正証書の作り方】費用や内容、必要書類から書き方、公正証書の効力まで詳しく解説

夫婦間で離婚に合意できたら、養育費や親権など、話合いで決めた離婚の条件を書面にまとめ、公正証書の形(離婚公正証書)で残しておきましょう。この記事で...

婚氏続称届の書き方と提出タイミング

離婚したあとも結婚中の姓を使い続けたい場合には、「離婚の際に称していた氏を称する届(婚氏続称届)」という書類を提出する必要があります。離婚届と一緒...

調停で決めた面会交流のルールが守られない場合の対処法

離婚調停で面会交流について取り決めをしたにもかかわらず、離婚後、約束通りに実施されない場合はどうすればよいのでしょうか。 この記事では、面会交流...

「有責配偶者」の離婚請求は認められるか

妻以外の女性と不倫して肉体関係にある。彼女と結婚するために離婚したいーー。身勝手な願いのようにも思えますが、こうした理由で離婚を求めることはできる...

結婚せず別れたパートナーに養育費を支払ってもらう方法|認知の手続きを詳しく解説

籍を入れていないパートナーと別れて、パートナーとの間の子どもをあなたが育てていく場合、子どもを育てるために必要なお金(養育費)を支払ってもらうこと...

事実婚夫婦が子どもを育てるときにするべき「認知」の方法

夫婦同然に暮らしているけれど、何らかの理由で、パートナーとの間にできた子どもを、入籍せずに育てていこうと考えている人もいるでしょう。 こうした場...

【離婚後の手続きガイド】再婚したい場合は?離婚後の妊娠や子供について、養育費や財産分与、慰謝料まで解説

この記事では、離婚後の手続きをもれなく解説します。離婚後の子供の戸籍・苗字に関する手続きや、離婚後に養育費や財産分与、慰謝料などを請求できるのか、...

ローンのない不動産の財産分与方法

結婚している間に貯めた預金や、手に入れた不動産、車などの財産は、一方の名義になっているような場合でも、夫婦が共同で所有する財産(共有財産)と考えら...

事実婚の場合の浮気の慰謝料

結婚している夫婦の場合は、不貞行為をした配偶者に対して慰謝料を請求することができます。では、事実婚(内縁関係)の場合はどうなるのでしょうか。 * &...

不倫相手への慰謝料請求は配偶者を既婚者と知らなかった場合でもできるのか

配偶者が不貞行為をした場合、配偶者だけではなく、不倫相手に対しても慰謝料を請求することができます。 では、不倫相手が、既婚者と知らずに交際してい...

ローンが残っている不動産の財産分与方法

結婚している間に貯めた預金や、手に入れた不動産、車などの財産は、一方の名義になっているような場合でも、夫婦が共同で所有する財産(共有財産)と考えら...

【嫡出否認と認知】新しい夫の子が元夫の子と推定されてしまうときに必要な手続き

再婚した夫との間に子どもが生まれても、タイミングによっては、出生届が受理されない可能性があります。離婚した時点から300日以内に生まれた子どもは、前の...

離婚した場合の児童手当の扱い

0歳から中学校卒業までの子どもがいる家庭には、児童手当が支給されます。では、受け取った児童手当を子どものために貯金していた場合、離婚するにあたって、...

離婚にあたり知っておくべきお金のこと

配偶者の不倫を理由に離婚を考えていても、経済的な理由から別居などの行動に一歩踏み出せないという方もいるでしょう。 ですが、離婚する際には慰謝料や...

結婚していないパートナーとの子の養育費を別れた後に請求する方法|子の認知しないまま別れたケースを解説

籍を入れていないパートナーであっても、別れた後、パートナーとの間にできた子どもをあなたが育てる場合は、パートナーに、子どもを育てるためのお金(養育...

面会交流の履行勧告を申し立てられたら面会交流のルール変更は可能?

離婚調停などで面会交流のルールを決めた場合は、原則としてそのルールを守る必要があります。 では、やむを得ない事情でルール通りに面会交流が実施でき...

事実婚の相手に養育費を支払ってもらえる?

事実婚の状態にある男性との間に子どもが生まれた場合、子どもを育てるために必要なお金を支払ってもらうことができるのでしょうか。 * **事実婚の相手に...

養育費の不払い問題でお悩みの方に解決策を

「結婚した夫婦の3組に1組が離婚する」と言われている現在、子供の成長に不可欠な養育費が離婚後に支払われなくなる「養育費の未払い」が多く発生し、社会的...

アンケート調査結果『養育費不払い問題 、離婚後子どもと暮らす女性の半数超が経験』

「結婚した夫婦の3組に1組が離婚する」と言われている現在、子どもの成長に不可欠な養育費が離婚後に支払われなくなる「養育費の不払い」が多く発生し、社会...

弁護士へのアンケート調査『養育費不払い対策 7割の弁護士が「民事執行などの裁判手続き改善を」』

養育費の不払いが大きな社会的課題となっており、法務省が設置した「養育費不払い解消に向けた検討会議」は2020年12月、養育費の請求権について、民法に明確...

離婚に強い弁護士の選び方

一口に離婚すると言っても、離婚の是非だけでなく、財産分与や慰謝料などのお金の問題、親権や養育費といった子どもに関する問題など、様々な問題が伴います...

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

おすすめの法律ガイド

DVへの対処法や離婚請求・慰謝料の相場

信頼していたパートナーからDV(ドメスティックバイオレンス)を受けてしまったら、肉体的にも精神的にも辛いことでしょう。一度だけでも怯えながらの...

モラハラが理由の離婚と慰謝料の相場

出会った頃は優しく温厚だったパートナーが、結婚してから豹変し、家では暴言を吐くようになった、機嫌が悪いと無視する、家事の不出来を延々と指摘す...

親権を認めてもらうための条件と手続きの流れ

「親権はどちらがもつのか」。未成年の子をもつ夫婦が離婚する際、親権者が誰になるのかは、離婚に関する様々な条件の中で最も重要なポイントといえる...

面会交流を拒否したい場合の注意点

結婚中に相手が子どもを虐待していたり、子どもが「会いたくない」と言っている場合には、面会交流を拒否したいと思うでしょう。子どものためであれば...

養育費請求調停とは|離婚した後に養育費を請求するときに利用する手続きを解説

子の養育費については、離婚の際に取り決めることが一般的ですが、離婚した後でも養育費を求めることはできま...

【離婚の財産分与の手続き】専業主婦でももらえる?分与したくないときは?車やローンや借金の扱いも解説

財産分与とは、離婚するとき、夫婦が結婚している間に築いた財産を分け合うことです。収入がなかった専業主婦でも財産分与は受けられるのでしょうか。...

別居中の生活費を確保するため配偶者に「婚姻費用」を請求する方法

離婚に向けて別居を考えたとき、生活費が不安で別居に踏み出せないという方もいるでしょう。夫婦には結婚生活に必要なお金(婚姻費用)を分担する義務...

【離婚調停とは】調停の費用、弁護士の選び方や期間・流れについて解説します

離婚について、配偶者と話し合っても折合いがつかない場合、家庭裁判所の離婚調停という手続きを利用することで、解決を目指せる可能性があります。こ...

離婚・男女問題のトラブル体験談

性格の不一致から夫との生活が苦痛に

性格の不一致による離婚、うつ病、新居の処分

育児・家事に無関心な夫と離婚

親権、養育費、財産分与、年金分割

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野