弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

交通事故

交通事故の被害に遭った場合には、治療費や会社を休んだことによる給与の補填など、事故によって発生したあらゆる損害を加害者に請求することができます。加害者と交渉する場合には、多くの場合は加害者の加入している自動車保険の担当者を通して行います。注意しなければならないのは、保険会社が提示する賠償額は必ずしも十分な金額ではないということです。保険会社は営利企業であるということを忘れていけません。

適切な金額の損害賠償や慰謝料を受け取るためには、まずはどういった補償を受けることができるのかを知り、その相場を理解することが重要です。後遺症を患ってしまった場合には、後遺障害で認定される等級次第では、賠償額はまさに桁違いとなるのです。交通事故問題の解決の流れや対処方法を学び、後悔のないように対策しましょう。

相談
ガイド

解決への流れ

交通事故の被害に遭ったら、中には刑事責任を問うこともありますが、最終的には慰謝料や損害賠償を受け取ることで解決を図るケースが多いでしょう。適切な金額を受け取るためには、保険会社に言われるがままにしていてはいけません。特に治療がまだ終わっていない段階では、正しい金額を計算することができないため、示談交渉に応じるのは得策ではありません。治療、そして後遺障害認定を経て、適正な金額を知った上で交渉に望みましょう。

治療

交通事故により怪我をした場合には、治療費を加害者に請求することができるため、まずは治療に専念することが重要です。通院するに当たっては、慰謝料額を最大限受け取り、治療費を打ち切られないためにも、ある程度の通院日数・頻度が必要です。また、後遺障害認定を受けるためには、医師の診断書が発行される整形外科などの医院に通うことが重要です。

step 1

後遺症

治療に専念したとしても、後遺症が残ってしまうこともあるでしょう。認定された後遺障害の等級によっては、損害賠償や慰謝料の金額は桁違いなものとなるため、何も対策をしないと大きな損失となる可能性も高いのです。後遺障害とは何か、正しく認定を受けるためにできることは何かを知り、適切な対策を施しましょう。

step 2

慰謝料・損害賠償

治療が終わり、必要に応じて後遺障害の認定が済んだら、交通事故による損害額を計算することができます。損害には治療費や慰謝料だけでなく、会社を休んだことによって支給されなかった給与の補償なども含まれます。保険会社が提示する金額は、多くの場合で適正な水準よりも低額なため、慰謝料・損害賠償の相場を学び、正しい金額を主張しましょう。

step 3

慰謝料や損害賠償の金額の相場観を掴んだら、いよいよ保険会社との交渉に入ります。交渉の段階では、被害者であるあなたにも事故を起こした責任があったとして過失割合を争うことも多くあります。また、慰謝料などの金額についても自社基準でしか払おうとしないことも多いでしょう。経験豊富な保険会社と素人が交渉で成果を上げるのは困難であり、弁護士を立て裁判を起こさないと支払いすらしようとしないケースもあるのです。交通事故トラブルの解決には、法律の知識や医療の知識が必要にもなるため、保険会社の対応に納得いかない場合には、早期に弁護士に依頼することをおすすめします。

交通事故に注力する弁護士

示談交渉

慰謝料や損害賠償の金額を最終的に決定する際には、示談交渉から行うことがほとんどです。裁判に比べて早期に解決できる可能性が高く、裁判を見越しても保険会社の主張を探ることができます。一方で保険会社が提示した金額よりも高い金額で成立させたい場合には、個人では交渉を取り合ってもらえないことも多いため、弁護士に依頼することとなるでしょう。

過失割合

保険会社と示談や裁判で争う場合には、過失割合が争点となることも少なくありません。特に車同士の事故の場合には、被害者側にも過失が認められる場合が多く、事実と異なる主張をされるケースもあります。被害者側に過失が認められると、受け取ることのできる金額が相手の過失割合分のみとなってしまうため、正しい割合を認めさせることが重要です。

交通事故裁判

示談を行っても納得のいく結果が得られない場合には、裁判での決着を図ることになります。裁判では示談に比べ時間がかかる一方、主張をしっかりと立証できれば、示談金よりも高い金額を勝ち取ることができるでしょう。交通事故の場合は準備書面でのやりとりが多く、出廷回数も少ないのが特徴です。

状況で調べる

交通事故に関する法律ガイド

人身事故で物損被害も生じているときに被害を回復する手段と解決までの流れ

交通事故でケガをした場合、加害者側の任意保険会社から賠償金を支払ってもらうことができます。この記事では、事故処理が終わった後にどのように手続...

【交通事故】人身事故の被害を回復する手段と解決までの流れ

交通事故でケガをした場合、加害者側の任意保険会社から賠償金を支払ってもらうことができます。この記事では、事故処理が終わった後にどのように手続...

【交通事故】死亡事故の被害にあった場合に遺族がすぐに進める必要があること

家族が交通事故で亡くなった場合、ショックや悲しみで今後のことをあまり考えられないかもしれませんが、葬儀の手配や保険金の請求など、進めなければ...

交通事故で後遺障害が残り物損被害も生じているときに被害を回復する手順

交通事故でケガをした場合、加害者側の任意保険会社から賠償金を支払ってもらうことができます。この記事では、事故処理が終わった後にどのように手続...

交通事故で後遺障害が残った場合に被害を回復する手段と解決までの流れ

交通事故でケガをした場合、加害者側の任意保険会社から賠償金を支払ってもらうことができます。この記事では、事故処理が終わった後にどのように手続...

交通事故の賠償金が過失相殺により減額されたときの対処法

交通事故で被害を受けたのに賠償金を減額されてしまった…。交通事故の被害者でも、前方不注意などの過失がある場合には「過失相殺」によって賠償額が減...

「交通事故証明書」を取得するためにおさえておくべきポイントと手続きの流れ

交通事故の保険金を支払ってもらうためには「交通事故証明書」が必要です。交通事故証明書は、「交通事故があった」という事実を証明する書類で、保険...

【交通事故】「休業損害証明書」とは? 取得方法と記入のポイント

交通事故のケガやその治療のために仕事を休んで収入が減った場合、その分のお金を保険会社に請求することができます。その際、サラリーマンなどの給与...

【交通事故】後遺障害等級認定が認められる可能性を弁護士が症状別に解説

交通事故のケガの治療、医師から症状固定(これ以上治療を続けても症状が改善しない状態)を告げられた後は、後遺障害等級認定の手続きを進めていくこ...

交通事故の過失割合を事故のパターン別に弁護士が解説

交通事故の過失割合は、保険会社から支払われる保険金(損害賠償金)の額に大きく影響します。そのため、自分の過失割合を正しく理解しておくことが保...

交通事故に関する法律相談

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故を扱う弁護士を探す

交通事故の中から絞り込んで解決策を探す

治療

後遺症

慰謝料・損害賠償

示談・裁判

交通違反