治療費

弁護士監修記事 2018年02月15日

【交通事故】任意保険会社から「治療費打切り」を通告された場合の対処法

交通事故の怪我の治療中に、加害者側の任意保険会社が「治療費の支払いを打ち切る」と通告してくることがあります。

  • なぜ保険会社は治療費の打切りを通告してくるのか
  • 治療費を打ち切られたらどう対処すればよいのか
  • 打切り後も治療を続けたい場合はどうすればよいのか

この記事ではこうしたポイントについて解説します。任意保険会社から治療費の打切りを通告された方は、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. 治療費の打切りとは
  2. どのように対処すればよいのか
    1. 医師から「完治」を告げられたら
    2. 医師から「症状固定」を告げられたら
    3. 主治医から「治療の継続が必要」と告げられた

治療費の打切りとは

交通事故による怪我の治療費は、交通事故によって生じた損害として、最終的には加害者に支払ってもらうことができます。加害者が任意保険に加入している場合は、加害者に代わって任意保険会社が治療費を支払います。 被害者が入院治療、あるいは通院治療をしている間、任意保険会社が被害者の治療費を病院に直接支払う対応をしてくれることがあります(「一括対応」といいます)。 一般的に「治療費の打切り」とは、任意保険会社が「治療はそろそろ終わるはず(完治した)」あるいは、「これ以上回復しないところまで治療した(症状固定した)」と主張して、治療費の一括対応をやめることをいいます。 治療費が打切りになると、任意保険会社から病院への治療費の支払いが止まるため、被害者は病院から治療費を請求されることになります。

どのように対処すればよいのか

怪我が完治したか、あるいは症状固定したかどうかを判断できるのは、本来、被害者の治療にあたっている主治医です。 任意保険会社から治療費の打切りを通告された場合は、まず主治医に相談して、完治の見込みがあるか、あるいは症状固定かどうかを診断してもらう必要があります。

医師から「完治」を告げられたら

医師から怪我が完治していると告げられた場合、治療は終了することになります。 治療が終了したことによって、慰謝料や休業損害などの損害額が確定するため、それらを計算した上で、任意保険会社と示談交渉を進めていくことになります。

医師から「症状固定」を告げられたら

症状固定と診断された場合は、治療は終了し、後遺障害等級認定の手続きを進めていくことになります。 後遺障害とは、交通事故で被害者に残った症状(後遺症)の中で、等級に認定されたものをいいます。 後遺障害等級が認められると、等級が認められない場合に比べて高額の賠償金を得られる可能性があります。

医師から症状固定と告げられた後も、被害者の希望により治療やリハビリを継続することはできますが、治療費は原則として自己負担となります。ただし、医師が定期的な処置や検査などが必要だと判断すれば、例外的にその費用も損害として認められる可能性があります。

主治医から「治療の継続が必要」と告げられた

主治医が治療の継続が必要と診断した場合は、治療費の支払いを再開するよう任意保険会社と交渉することになります。 主治医に「治療継続が必要」という診断書を作成してもらい、任意保険会社に提出して、まだ治療が必要であることを主張する必要があります。 「治療を継続する必要があると主治医が診断している」と主張しても、任意保険会社が「医学的見地から主治医の主張が不合理だ」と考えているケースもあります。 そうした場合は、主治医とは別の医師から、セカンドオピニオンを得ておくことを検討してもよいでしょう。 保険会社が治療費支払いの再開に応じない場合は、弁護士に依頼して交渉してもらうことを検討してもよいでしょう。

治療費の立替え

弁護士が交渉しても、任意保険会社の治療費打切りという判断が覆らないこともあります。その際は、被害者自身が治療費をいったん立て替えて治療を継続することになります。 そして、怪我が完治、あるいは症状固定となったあとに、立て替えて支払った治療費も含め、示談交渉によって任意保険会社に請求します。 後になって治療が正当であったことを主張するためにも、医師の診断書や意見書は必ず保管しておきましょう。

次に読みたい記事

交通事故紛争の交渉を弁護士に依頼するときに必要な費用の相場

交通事故の被害にあって保険会社(加害者)に賠償を求めて示談交渉などを進めていく際、弁護士に交渉を依頼することを考える人もいるでしょう。 この記事...

交通事故の被害回復を弁護士に依頼することのメリット

交通事故の被害にあって保険会社と示談交渉するとき、弁護士に交渉を依頼することで適切な賠償(保険金)を受けられる可能性が高まります。 * 交渉を任せ...

あわせて読みたい関連記事

交通事故で健康保険を利用するための手続きと請求できる治療費の内容

交通事故で負ったケガを治療する際、その費用は加害者が加入する保険会社から支払ってもらうことが一般的です。 * どの範囲までが治療費として認められる...

【交通事故】ケガの治療費を支払う余裕がない場合の対処法

交通事故でケガなどの被害を負い、保険会社との示談交渉がまとまるまでに時間がかかりそうな場合、治療費の支払いなどお金の面で不安を覚える方もいるでしょ...

解決までの流れ

解決までの全記事

解決までにすべきことを確認する

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故を扱う弁護士を探す

治療費に関する法律相談

  • タクシーとの交通事故 治療費について

    接骨院を経営しています。 タクシーとの衝突事故の患者様について質問です。患者様は夫婦二人で登場中にタクシーに追突されて過失割合は8:2です。(患者様過失が2) まず病院にて診断を行い...

    1弁護士回答
  • 交通事故の加害者、事故不申告です。

    私は交通事故の加害者で、事故不申告の相談です。よろしくお願いします。 私が車、相手(高校生)が自転車です。私が右折するときに相手の直進自転車とぶつかりました。 その場ですぐに車を停...

    1弁護士回答
  • 治療費打ちきり後の加療を認める診断書

    交通事故、相手保険会社による治療費の一括対応が打ち切られました。 例えば主治医が加療を認める診断書を作成してくださった場合 診断書はいつ利用したら有効ですか? 相手と今交渉する...

    2弁護士回答
  • 信号待ち中に追突による人身事故

    先日車で信号待ち中に後ろから追突されました。軽く鞭打ち状態だったため警察には人身事故として扱って欲しいと伝え人身事故扱いになりました。 その後相手の保険会社から修理代も治療費も慰...

    1弁護士回答
  • 歩行者同士の衝突事故について

    曲がり角で歩行者と衝突してしまい、私は無傷だったのですが、相手方は歯を怪我してしまいました。 後日、治療費を請求すると言われたのですが全て払う義務はあるのでしょうか? 状況として...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30

法律相談を検索する

治療費の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...