休業損害

弁護士監修記事 2018年09月10日

【職業別】交通事故の被害にあったときに補償される休業損害の計算方法

交通事故でケガをしたために仕事を休まなければならなかった…。このような場合に、仕事ができれば得られたはずの収入を「休業損害」として賠償してもらうことができます。 休業損害の計算方法は、会社員や自営業など、職業によって異なります。専業主婦や学生など収入がない場合でも支払ってもらえる可能性があります。 この記事では、休業損害の職業別の計算方法について詳しく解説します。

目次

  1. 休業損害とは
    1. 逸失利益との違い
  2. 休業損害を算定する3つの基準
  3. 裁判基準の休業損害は職業によって異なる
    1. 給与所得者
    2. 事業所得者
    3. 会社役員
    4. 専業主婦(主夫)
    5. 失業者
    6. 学生

休業損害とは

alt 休業損害とは、交通事故の賠償金の費目のひとつで、交通事故でケガが治るまでの間、または症状固定(これ以上治療を続けても症状が改善しないと医学的に判断されたこと)までの間、仕事を休むことによって減ってしまった分の収入のことをいいます。

逸失利益との違い

休業損害と似ている賠償金の費目に「逸失利益」があります。 交通事故によるケガが完治せずに後遺障害認定を受けた場合(または死亡した場合)に、「後遺障害が残らなければ(死亡しなければ)得られたはずの収入」を逸失利益として請求できます。 休業損害と逸失利益は、どちらも被害者の収入を補償するという点で共通しています。 しかし、休業損害は、治療のために仕事を休むことについての補償です。これに対して、逸失利益は、治療しても後遺障害が残った場合(または死亡した場合)に、そのことによって減少する将来の収入を補償する意味があります。 つまり、症状固定日または死亡までの収入の補償が休業損害で、それ以降の損害が逸失利益という関係にあります。 alt

逸失利益は、休業損害とは別の費目として請求することになります。逸失利益の詳しい計算方法については、この記事の下の「あわせて読みたい関連記事」を参考にしてください。

休業損害を算定する3つの基準

alt 休業損害をはじめ、交通事故の損害を計算する基準は、次の3種類があります。

  • 自賠責基準
  • 任意保険基準
  • 裁判基準

自賠責基準とは、ドライバー全員が加入する義務のある自賠責保険が定めている基準です。自賠責保険は最低限の補償を目的としているため、金額としては3つの基準の中では最も低額となります。また、上限額が決まっています。 自賠責基準で支払われる休業損害は、原則として、休んだ日数1日につき5700円です。

仕事を休んだことによる収入の減少が1日につき5700円を超えることが資料などにより証明できる場合には、1日につき1万9000円を上限として支払ってもらうことができます。

任意保険基準は、ドライバーが任意で加入している民間の保険会社がそれぞれ定めている基準です。 賠償金が自賠責保険の上限額を超えた場合に使われるため、自賠責基準よりは高額になります。 裁判基準とは、過去の裁判例から統計化された基準で、3つの基準の中で最も高額な基準になります。 保険会社が提示される休業損害の額が適切かどうか判断するためにも、裁判基準の算定方法を理解しておくことが重要だといえるでしょう。

裁判基準の休業損害は職業によって異なる

alt 裁判基準の休業損害の算定方法は、給与所得者や自営業といった職業別に異なります。 以下、職業別の計算方法の記事を紹介しておくので、自分のあてはまる職業の記事を参考にして、自分に認められる休業損害の額を想定できるようにしておきましょう。

給与所得者

会社員など、給与所得者の計算方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

事業所得者

自分で会社を経営しているなど、事業所得者の計算方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

会社役員

会社の取締役など、会社役員の計算方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

専業主婦(主夫)

主婦・主夫(兼業主婦を含む)の計算方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

失業者

失業者の計算方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

学生

学生の計算方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

慰謝料や損害賠償金額を計算する

計算機とお金の画像

交通事故被害の慰謝料・賠償金を計算できます 慰謝料・損害賠償金計算機

次に読みたい記事 0 件 / あわせて読みたい関連記事 7

あわせて読みたい関連記事

交通事故でケガを負った場合に保険会社から支払ってもらえる治療費の内容

交通事故で負ったケガを治療する際、その費用は加害者が加入する保険会社から支払ってもらうことが一般的です。 * どの範囲までが治療費として認められる...

交通事故でケガをした場合に請求できる慰謝料の計算方法

交通事故の被害にあってケガをした場合、治療費だけではなく、入院や通院を余儀なくされて精神的なダメージを受けたことに対する傷害慰謝料を加害者に支払っ...

交通事故で後遺障害が残った場合に保険会社に請求できる慰謝料の額

交通事故の被害にあってケガをし、治療をしても残った症状について後遺障害等級認定を受けた場合、保険会社から後遺障害が残ったことに対する慰謝料を支払っ...

交通事故で後遺障害等級認定を受けた場合の逸失利益の計算方法【職業別】

交通事故で後遺障害等級認定を受けた場合、保険会社が支払う逸失利益の額は適正な金額なのか、判断に迷う人もいるでしょう。 逸失利益の計算方法を理解し...

【交通事故】物損について保険会社に請求できる賠償金の費目と手続きの流れ

交通事故の被害は、ケガや死亡など「人」に生じる被害(人損)と、車が破損するなど「物」に生じる被害(物損)との大きく2つに分けられます。 この記事で...

交通事故の過失割合の基礎知識と納得できない場合の対処法

交通事故の被害にあったとき、「自分には全く非がない」と考えていたのに、加害者の加入する保険会社から「過失割合は8対2」と告げられたーー。 過失割合...

交通事故で保険会社との示談交渉がまとまらない場合の3つの対処法

「示談金額に納得がいかない」「担当者が取り合ってくれない」ーー。保険会社との示談交渉がまとまらない場合には、自分自身で交渉を続ける他にも、主に3つの...

解決までの流れ

解決までの全記事

次に読みたい記事 0 件 / あわせて読みたい関連記事 7

あわせて読みたい関連記事

交通事故で家族が死亡したときに保険会社が支払う慰謝料の相場と計算方法

死亡事故の遺族が保険会社と示談交渉する際、保険会社は賠償金として慰謝料の額を提示してきますが、適正な金額なのか判断に迷う方もいるでしょう。 慰謝...

交通事故で被害者が死亡した場合の逸失利益の計算方法【職業別】

死亡事故で保険会社が支払う逸失利益の額は適正な金額なのか、判断に迷う人もいるでしょう。 逸失利益の計算方法を理解し、適切に交渉を進めることで、増...

交通事故でケガを負った場合に保険会社から支払ってもらえる治療費の内容

交通事故で負ったケガを治療する際、その費用は加害者が加入する保険会社から支払ってもらうことが一般的です。 * どの範囲までが治療費として認められる...

交通事故でケガをした場合に請求できる慰謝料の計算方法

交通事故の被害にあってケガをした場合、治療費だけではなく、入院や通院を余儀なくされて精神的なダメージを受けたことに対する傷害慰謝料を加害者に支払っ...

【交通事故】物損について保険会社に請求できる賠償金の費目と手続きの流れ

交通事故の被害は、ケガや死亡など「人」に生じる被害(人損)と、車が破損するなど「物」に生じる被害(物損)との大きく2つに分けられます。 この記事で...

交通事故の過失割合の基礎知識と納得できない場合の対処法

交通事故の被害にあったとき、「自分には全く非がない」と考えていたのに、加害者の加入する保険会社から「過失割合は8対2」と告げられたーー。 過失割合...

交通事故で保険会社との示談交渉がまとまらない場合の3つの対処法

「示談金額に納得がいかない」「担当者が取り合ってくれない」ーー。保険会社との示談交渉がまとまらない場合には、自分自身で交渉を続ける他にも、主に3つの...

解決までの流れ

解決までの全記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故を扱う弁護士を探す

休業損害に関する法律相談

  • 裁判基準 兼業主婦休業損害 異議申し立てについて

    通知期間170日実通院78日で後遺障害非該当になりました。理由としては反射 知覚異常なしと診断書に書かれていることから、弁護士さんにも異議申し立てしても覆せないと言われました。 その...

    2弁護士回答
  • フリーランスの交通事故被害における休業補償について

    フリーランスの交通事故被害における休業補償についてお聞きしたいと思っています。 交通事故被害に合いました。過失割合は、当方1:先方9です。 被害の度合いは、手術を含む全治6ヶ月で...

    1弁護士回答
  • 交通事故の休業損害。ダブルワーク

    交通事故の休業損害について教えてください。ただいまダブルワークをしています。ひとつは座る仕事なのですぐ仕事に戻りました。もう1つの仕事は肉体労働なので、事故で腰と肩を痛め長時間...

    1弁護士回答
  • 労災休業補償なかの退職(解雇)

    労災による怪我と退職(解雇) 経緯と経過  労災事故発生日 令和元年8月16日 その後10月末に解雇を伝えられるも 労災休業中の解雇が出来ないことから 管轄区域の労働基準監督署に相談をして ...

    1弁護士回答
  • 交通事故の休業保障について教えてください

    交通事故事故の被害者です。過失割合は確定してませんが、被害者であることには間違いありません。主婦でパートで月に13万前後の収入があります。休業保障はいくらもらえるのでしょうか?仕...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30

相談を絞り込む