弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

寄与分

被相続人に対して特別の貢献をした人がいた場合、本来の法定相続分だと不公平な扱いとなる場合もあります。寄与分とは、そのように一定の条件を満たした人が、優遇された財産額を受け取れる制度です。

寄与分に関する法律相談

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

寄与分に関する解決事例

金湖 恒一郎

金湖 恒一郎弁護士

遺産ゼロ!?から総額200万円を獲得

「相手の弁護士から、突然、『あなたの遺産の取り分はありません。』という手紙が届いたのですが…」というご相談です。 手紙を拝見すると、その相続人には寄与分があるからご相談者には遺産の取得分はない、必要書類にハンコを押して送り返してほしい、と書いてありました。 ご依頼を受け、私が代わりに交渉にあたることとなりました...

荒井 裕己

荒井 裕己弁護士

寄与分を適正に反映した遺産分割協議を成立させました。

兄弟姉妹間での遺産分割で、亡くなった兄夫婦の世話をしてきた弟(相談者)の寄与分を適正に反映した分割内容としたいが、相続によって兄弟姉妹の関係を壊すようなこととしたくないので、どのように遺産分割協議を進めればよいのか分からない。相談者の被相続人に対して実施してきた支援内容を洗い出し、それらがどの程度被相続人の遺産...

菊池 捷男

菊池 捷男弁護士

【弁護士歴45年の実績】相続人による相続人の骨肉の争い対処し解決。 ~調停で話し合うべきことと,そうでないことをきっちり分けることが重要です~

依頼者は,被相続人である旦那様がお亡くなりになった後,実の息子との間で遺産分割の調停を約6年も続けていましたが,話し合いがまとまらないため,当事務所にご相談にいらっしゃいました。遺産分割の調停では,自社株式が遺産分割の対象となるのか,株式をどう評価するかという問題に加え,依頼者が提出した資料は信用できないとの主張が繰...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  2. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  3. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  4. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  5. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  6. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  7. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...