弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

寄与分

被相続人に対して特別の貢献をした人がいた場合、本来の法定相続分だと不公平な扱いとなる場合もあります。寄与分とは、そのように一定の条件を満たした人が、優遇された財産額を受け取れる制度です。

寄与分に関する法律ガイド

特別な貢献した相続人の取り分が増える…「寄与分」が認められるための条件

被相続人(亡くなった方)の生前、介護や事業のサポートなどの貢献をした相続人には、法律で決められた取り分より、多くの遺産を引き継げることがあり...

寄与分に関する法律相談

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

寄与分に関する解決事例

内田 徹

内田 徹弁護士

遺産分割審判でトラブルを解決した事例

 依頼者が遺産分割調停を申し立てたが,調停が不成立となるため,審判手続から代理人を依頼したい。相続人多数。遺産総額数億円。相続人に対する生前の贈与(特別受益)や遺産形成に対する相続人の貢献度(寄与分)で争いあり。 審判手続から代理人に就任。依頼者は居住不動産の相続が認められた。 遺産の範囲,評価額等について争...

奥田 真与

奥田 真与弁護士

代理人主導で調停成立

 被相続人は資産家で、相続人も多数いて、寄与分や使途不明金の主張もあり、調停委員も何から手をつけてよいのか分からない状態でした。 私は、記録を読み込み、基本的に法定相続分どおりに遺産を分けることを前提に、コピー用紙数枚のレポートを家庭裁判所に提出しました。これにより、争点が整理され、その後何度かの調停期日を経...

山下 江

山下 江弁護士

遺産分割が交渉で成立

共同相続人と遺産分割の話し合いをしたが,共同相続人からの提案に納得できず,当事務所に相談に来られた。共同相続人にも代理人がつき,相続人らは直接交渉して感情的になることなく遺産分割協議を進めることが出来た。長男が寄与分を強く主張していました。裁判所の基準ではおそらく寄与分が認められることはないレベルでしたが,依...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  2. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  3. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  4. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  5. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  6. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  7. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...