弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

特別受益

特別受益とは、相続人が複数いる場合に公平を期すための制度です。相続人の中に被相続人から遺贈や生前贈与を受けた人がいた場合、その分を相続財産に持ち戻して遺産分割の計算ができます。

特別受益に関する法律ガイド

特別受益者がいる場合の遺留分の計算方法

遺留分とは民法で定められた、一定割合の遺産取得を相続人に保証する制度です。特別受益は遺産総額に持ち戻されるため、遺留分は特別受益の額も含めた...

特別受益とは:該当範囲と計算方法

被相続人の生前に、贈与を受けるなどして特別の利益を得ていた人がいる場合、法定相続分で分けると相続人の間で不公平感が発生します。これを是正しよ...

特別受益に関する法律相談

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続分野を扱う弁護士を探す

特別受益に関する解決事例

須山 幸一郎

須山 幸一郎弁護士

相続人の1人が通帳を見せず、遺産分割の話し合いの申し入れにも応じなかったため、調停によりスピード解決した事例

被相続人は父。相続人は子である相談者と相談者の兄の2名。父と同居していた兄が父の通帳等を持っていて、その額や取引経過が把握できない。父が亡くなる直前に、不明朗な払い出しをしていた可能性がある。 また、兄の配偶者がお金にうるさく、色々と口出しをしてくる。 通帳等が人質に取られている気持ちがするし、父の財産が分か...

古山 力

古山 力弁護士

遺産分割調停において特別受益が問題となったが、当方の主張も取り入れた内容で解決した事例

叔母が亡くなったが、独身で子どももいなかったことから、依頼者が相続人となった。自分で、他の相続人と遺産分割協議をしていたがまとまらず、調停を申し立てられた。叔母から依頼者に対する生前贈与について、相手方から特別受益の主張をされているが、どのように反論したらよいのか。 弁護士に依頼して、調停で解決できた。特別受益...

福本 悟

福本 悟弁護士

【遺産分割の案件】『相続問題』は、日頃の心つもりと着地点の見極めが大切です。最初の見立てとおりにほぼ収まるのも、『相続問題』の特徴です。相続発生前に、弁護士と面談しておくことをお勧めします。

 相続発生後3年、最初の調停が係属して2年経過して終了した案件ですが、相続発生前に、『紛争』を予知し、また、その場合の収まりについて、依頼者と充分に打ち合わせし、ご説明していたことが、信頼関係をもって進めることができた要因でした。結論も、最初の見立てとおり(ややプラスがあった)でありました。  依頼者Xの亡母の相続...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  2. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  3. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  4. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  5. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...
  6. プリンスさん遺産に親族?700人が名乗り…もし...
  7. 「勝手に処分」「見積もりより高い」遺品整理...