弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

特別受益

特別受益とは、相続人が複数いる場合に公平を期すための制度です。相続人の中に被相続人から遺贈や生前贈与を受けた人がいた場合、その分を相続財産に持ち戻して遺産分割の計算ができます。

特別受益に関する法律ガイド

相続の不公平を調整する「特別受益」のルール・相続分の計算方法

亡くなった方(被相続人)の生前、特定の相続人が多額の援助を受けていたーー。このようなケースで、形式的に相続のルールをあてはめると「特定の相続...

特別受益に関する法律相談

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

特別受益に関する解決事例

日向寺 司

日向寺 司弁護士

遺産分割調停にて、相手方に特別受益を認めさせ、それを前提に換価分割を行い、円満解決に至った事例。

 弟さんとの遺産分割協議が暗礁に乗り上げてしまった。  被相続人は遠方に住んでおり、土地と居住用建物、賃貸用建物(併せて8000万)を有していた。(その他に預金と生命保険が少々あった。)  自分で取引履歴を取り寄せたところ、弟には被相続人からの3000万円の生前贈与があることがわかった。  そのため、自分が不...

佐藤 嘉寅

佐藤 嘉寅弁護士

【使途不明金】【不法行為】【不当利得】被相続人の生前に、相続人が被相続人の不動産を処分したものの、売却代金を引き渡さなかったとして、被相続人の死後、相続人間で争いになった事案

被相続人の生前、相続人の一人であるAが、被相続人を代理して、不動産を売却しましたが、その売却代金を被相続人に引き渡していませんでした。 被相続人は、Aに対し、売却代金の使途について報告を求める内容の裁判を起こしていましたが、裁判中に亡くなってしまいました。 そこで、相続人の一人であるBが、Aに対し、売却代金(...

簗田 真也

簗田 真也弁護士

遺産分割調停にて無事協議が成立した事例

4人の相続人がいる相続人間で、会社を営んでいた父の遺産について、協議が成立せず、話し合いでは解決できなさそうなので、交渉、調停などの依頼を受けました。 他の兄弟は、不動産の資金援助を受けており、特別受益などの問題があり、紛争になることが予想されました。事件着手後、相続人に対して、遺産分割案を提示しましたが、交...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  2. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  3. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  4. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  5. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  6. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  7. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...