死因贈与

死因贈与は、贈与者と受遺者の合意による契約です。ここでは遺贈と死因贈与の違いや、有効性、契約の方法について、解説記事や具体的な法律相談を通して確認しましょう。

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

死因贈与に関する法律相談

  • 後見人がついた親からの死因贈与申請について

    お世話になります。 相談者である私は、2人姉妹の次女で 勤務しながら認知症の父の単身同居介護をしております。母は他界しており、姉は所帯を持っております。認知症ではありますが、話は...

    1弁護士回答
  • 離婚に際して生命保険の死因贈与契約について

    離婚に際し、現在夫が加入している生命保険の受取人を私のままにする旨お互いに承諾していますが、私は他人になるので受取人に指定ができません。 そこで、死因贈与契約を結ぼうと思ってい...

    3弁護士回答
  • 負担付き死因贈与によって遺言が書換られるリスクに対処できるのか

    当事者は被相続人候補Aとその子供B,Cの2名 B,CはAの配偶者の相続の際に分割方法について揉め、Aの不動産についてもその相続方法について揉める。 結果としてAが所有する不動産については1/2...

    1弁護士回答
  • 痴ほう症の人の遺言書について

    母が自分の遺産の分配を決め始めましたが、公平にはしない、と言い出しました。理由は、兄は生活に困ってるように見えるから多く残してやりたい、ということらしいです。しかし私と兄の資産...

    3弁護士回答
  • 不公平な遺産相続を正せますか?

    相続について。父が他界した際、兄と私は遺産放棄し、母が相続しました。母の死後、遺産は兄と私で折半、という前提での遺産放棄でしたが、今になって、ほぼ全ての遺産を近くに兄に渡すと言...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す