弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

死因贈与

死因贈与は、贈与者と受遺者の合意による契約です。ここでは遺贈と死因贈与の違いや、有効性、契約の方法について、解説記事や具体的な法律相談を通して確認しましょう。

死因贈与に関する法律ガイド

死因贈与とは:遺贈との違いやメリット

遺贈と死因贈与は似ています。ただし遺贈は贈与する側の一方的な意思表示で成立するのに対し、死因贈与は契約の一種です。贈与する側とされる側、双方...

死因贈与に関する法律相談

  • 死因贈与と仮登記について

    相続贈与死因贈与

    債権者AがBに対して1億の貸付をしています。Bは5千万の無担保の不動産を所有しており、その不動産全てを法定相続人以外のCに死因贈与して、Cが不動産に対して始期付所有権移転仮登記を行った...

    1弁護士回答
  • アスベスト被害の給付金

    相続贈与死因贈与

    母が保護を受けていて!父が亡くなって特別遺族金が入って来たのですが。母は保護を打ち切りそのお金で生活しょうと思ってたんですが ケースワーカーに全部貰いますと言われたのですが全部取...

    2弁護士回答
  • 死因贈与契約についてしりたい

    相続贈与死因贈与

    公務員で、年は48で後年で定年です。 家はマイナスローンで、今は妻が住み私が支払いを続けて定年時完済予定です。 貯蓄は通帳ゼロの物を妻からわたされたのてほぼ今はありません。 事実上の...

    1弁護士回答
  • 死因贈与契約の執行者の権限について、お教えください。

    相続贈与死因贈与

    公正証書で死因贈与契約を、考えています。 贈与者A(被相続人)・受贈者B(相続人)で、受贈者を執行者にする予定です。 この場合、Aの死後 ①Bは単独で、執行できるか? ②他の相続人と...

    1弁護士回答
  • 死因贈与契約後に、贈与するとした預金通帳の残高が増えた場合、贈与額はどうなるか。

    相続贈与死因贈与

    死因贈与契約についての質問です。 被相続人Aは相続人ではないBとの死因贈与契約で、C銀行の普通預金を贈与する締結しています。贈与額の金額指定ではなく、通帳番号の指定です。(契約当...

    1弁護士回答

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続分野を扱う弁護士を探す

死因贈与に関する解決事例

内藤 寿彦

内藤 寿彦弁護士

亡くなった義母から譲り受けた借地権を新しい地主が認めない

父が借地の上にアパートを建てていましたが、父が亡くなり義母(父の後妻)が相続しました。その義母が亡くなる前に「自分が死んだらアパートと借地はあなたにあげる」と言っていました。義母が亡くなり、義母の親族と話し合ってアパートの登記を私の名義に移したのですが、その後で底地を買い上げた新しい地主から「借地権を認めない...

前原 一輝

前原 一輝弁護士

遺産分割調停で解決した事例

依頼者から、二人兄弟の間で、相続問題が発生しそうなので、交渉を委任したいという依頼を受けました。依頼者は、不動産の死因贈与を受けていましたが、遺産に占める不動産の金額が多かったため、紛争になることが予想されました。事件着手後、遺産分割案を相手方に提示しましたが、交渉は難航し、結局、遺産分割調停へ進みました。遺...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  2. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  3. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  4. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  5. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...
  6. プリンスさん遺産に親族?700人が名乗り…もし...
  7. 「勝手に処分」「見積もりより高い」遺品整理...