死因贈与

死因贈与は、贈与者と受遺者の合意による契約です。ここでは遺贈と死因贈与の違いや、有効性、契約の方法について、解説記事や具体的な法律相談を通して確認しましょう。

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

死因贈与に関する法律相談

  • 養子縁組されてなかった毋が他界し、その預金の活用について

    父の後妻がなくなりました。父はそれ以前に他界してます。後妻の母とは養子縁組しておらず、毋の預金が残っているのですが、私が活用することができない状況だと思います。父と後妻(母)は...

    3弁護士回答
  • 相続問題、父と叔母、父との死因贈与可能か?

    現在、老親が相続問題が片付いておらず、父と叔母で半々の共有持分があり、例えば、私が父との間で死因贈与をして仮登記を出来ますか?出来たら、相続裁判で有利になるのか?負けても仮登記は...

    2弁護士回答
  • 相続、贈与税について

    相続について相続です。 父が亡くなりました。母とは離婚しており、子供は私を含めて3人です。父の両親はどちらも亡くなってます。後、親族としては父の妹がいます。遺書は有りません。何も...

    2弁護士回答
  • 叔父の遺産相続について

    叔父が急死しました。 生前 仏壇とお墓を見る約束で、土地建物を姪に譲ると言っていましたが 遺言書等はなく、証人は離婚した叔母と叔父の兄弟だけですが 死因贈与として主張することは出来...

    1弁護士回答
  • この場合遺産分配は受けれますか。

    兄が心筋梗塞で他界し配偶者と子供が法定相続人になりました。 昨年、癌の疑いで兄の手術に立ち会いその際に「この先自分に万が一の事があった時の両親の介護を任されました、その代わり私...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す