負担付贈与

負担付贈与の場合、受贈者は財産を受け取るかわりに、何かしらの義務を負担しなければなりません。ただし場合によっては相続税を減らすことができるので、受遺者にもメリットがある贈与の方法です。

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

負担付贈与に関する法律相談

  • 負担付贈与の贈与税は?

    現在私は60代で同居の長男20代、就職して1年6ヶ月、県外で一人住まいの長女20代の2人の子供がいます。 自宅を負担付き贈与を考えています。(おおよその金額は3000万ぐらい)、子供2人に贈...

    1弁護士回答
  • 負担付贈与についての負担の条件

    私名義の家に父、母、伯母が住んでいます。 伯母はその家で小さい店舗を開き、自営業をしていますが経営は悪く、借金癖(銀行、家族、親戚、近所から)があり、私たち家族はそれを見かねて...

    1弁護士回答
  • 遺産相続をして、相続時点から費用が入るまでの生活保護費用は返金しなければいけないのでしょうか?

    3月に祖母が遺産相続を受けたのですが、生活保護を受けており区役所に行ったところ、相続が発生した時点からお金が入った分の生活保護費、医療費、交通費を返金してくださいと言われました。...

    1弁護士回答
  • 負担付贈与による所有権移転登記

    負担付贈与について 親の住宅を負担付贈与にて受け取る場合、自身は住まないので所有権移転登記を仮登記にしたいが、可能でしょうか?

    1弁護士回答
  • 兄弟からもらった遺産を守る方法

    姉の遺産について御教授よろしくお願いします。 私の実姉が独身のままで他界致しました。 (両親、他の兄弟はまだ生きています。) 姉は事故で寝たきりでしたので(麻痺で手足が動きません。) ...

    3弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す