弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

離婚・男女問題

2016年05月26日

離婚に強い弁護士の選び方

一口に離婚すると言っても、離婚の是非だけでなく、財産分与や慰謝料などのお金の問題、親権や養育費といった子どもに関する問題など、様々な問題が伴います。また、話合いだけではまとまらず、離婚訴訟にまで発展するケースも少なくありません。そのため、離婚に関するトラブルが起きた際には、弁護士に依頼する方も多いのです。 弁護士を探す際は、誰もが「離婚に強い弁護士にお願いしたい」と考えますが、その基準で探すことの難しさに気づくことでしょう。単に経験だけが実力ではありません。むしろ弁護士との相性の方が重要です。その理由も含め、ここでは離婚に強い弁護士の選び方として五つのポイントをご紹介します。

目次

  1. 離婚問題の特徴
  2. 話しやすくあなたの理解に合わせてくれる
  3. 不利なことも説明してくれる
  4. 返答が早い
  5. 同姓にこだわらない
  6. 離婚分野に注力している

離婚問題の特徴

離婚問題の特徴としては、上述の通り、離婚を認めるかどうかだけでなく、様々な問題を同時に解決する必要があるということが挙げられます。離婚には合意できたけれども、慰謝料の金額には納得できない、親権は絶対に譲れないなど、問題が複雑になりがちです。夫婦の話し合いが長引き、裁判まで行かないと結論が出せないというケースも少なくないのです。 離婚裁判を起こすには、離婚調停を経ている必要ということもあり、他分野のトラブルに比べて長期化しやすいことは大きな特徴です。そのため、何より弁護士との相性が重要です。相性の悪い人との長期の付き合いは億劫に感じるでしょう。弁護士と入念な打ち合わせが必要な場面で、早く切り上げたいと思ってしまうようでは本末転倒です。 それでは、あなたにとって良い弁護士を選ぶポイントを見ていきましょう。

話しやすくあなたの理解に合わせてくれる

まずは当たり前のことですが、疑問や不安を気軽に質問・相談できる弁護士であるか、という点がポイントです。離婚問題は弁護士との密なコミュニケーションが重要となりますので、理解が足りず何度も同じ質問をしてしまう場合に、苛立ちを見せるような弁護士は避けるべきでしょう。 また、単に知識があるだけでなく、あなたの理解のレベルに合わせて易しい言葉で説明してくれるかどうかもチェックしましょう。弁護士の知識が豊富なだけでは、離婚を有利に進めることは困難です。弁護士が前面に立つ裁判でさえ、本人尋問が重要視されるので、あなた自身も弁護士から知識を吸収しなければなりません。あなたと同じ視点に立ってくれる弁護士こそ、良い弁護士と言えるでしょう。

不利なことも説明してくれる

あなたを安心させてくれる弁護士は、良い弁護士と言えそうですが、それだけでは足りません。離婚調停や離婚裁判では、当然相手はあなたの不利な点を攻めてきます。あなたの不利な点も説明し、相手が主張してきそうな点とその対策まで考えてくれる弁護士が、真にあなたを安心させてくれる弁護士と言えるでしょう。 「絶対に勝てます!」などと調子の良いことばかり言う弁護士は避けるべきでしょう。絶対に勝てることなどありません。そもそも弁護士は「絶対に勝てる」と言ってはいけないのです。

返答が早い

忙しい弁護士は人気のある弁護士かもしれませんが、忙しすぎて反応が遅い弁護士は問題です。事務員に用件を伝えて弁護士からの折り返しを待つものの何日経っても折り返しがない。そのような弁護士は論外です。弁護士を選ぶときは反応の速さにも注意しましょう。

同姓にこだわらない

離婚に関しては同性の弁護士を探そうとする人が多いものです。その背景には、異性の弁護士だと相手側の肩を持つのではないかという思いがあるようです。しかし、その心配はいりません。弁護士は依頼者の味方です。むしろ、異性の弁護士の方が相手方の心理を理解しやすいというプラスの側面もあるでしょう。相手方と同性の弁護士の方が、協議がうまくいくこともあります(相手方が弁護士を付けておらず直接協議する場合)。 もちろん、自分の気持ちを理解してくれることも重要です。同性の弁護士の方が相性が良いと感じたら、同性の弁護士を選んだ方が良いでしょう。ここでお伝えしたいのは、性別によって有利・不利には影響しないということです。

離婚分野に注力している

最後のポイントは離婚分野に注力して取り組んでいる弁護士かどうかです。注力と謳っているだけでは離婚に強いのかどうかは一見関係ないようにも思われます。確かに注力と謳うのは自己申告なので、そのまま離婚に強い弁護士とは言えません。 しかし、離婚分野に力を入れたい、離婚分野の案件を受けたい、という意思表示ですので、意欲的に取り組んでくれると期待できるでしょう。また、特定分野に注力することで、その分野の経験が豊かになっていくことは間違いありません。 また、弁護士自身は「強い」や「専門」という言葉を使ってはいけない規程があります。離婚に強い弁護士を探す際には、離婚分野に注力している、または離婚分野を得意とアピールしている弁護士の中から探すことをおすすめします。

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題を扱う弁護士を探す

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

離婚・男女問題の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題の人気法律相談

  1. 不倫の慰謝料として400万円は高いですか?
  2. 離婚調停中の不貞行為
  3. 別居後の子供の面会要請
  4. 慰謝料請求の為の証拠を確保したい
  5. 不倫の証拠はどこまでが有効ですか?
  6. 旦那の不倫相手に慰謝料請求
  7. 離婚調停について

離婚・男女問題のニュース

  1. 既婚男性「一緒になろう」と誘惑→離婚せず…「...
  2. 2年にわたって妻を誘惑する男、夫は「戦略的...
  3. 「妻とはうまくいっていない」を信じるな 不...
  4. 出会い系の相手女性から「赤ちゃんできた」の...
  5. 突然別れを切り出され同棲解消…彼女のお願い...
  6. ジョジョの奇妙な生い立ち…第5部主人公「ジョ...
  7. 「柳井社長もやってみて」身分隠してユニクロ...