労働条件

弁護士監修記事 2019年04月18日

【労働条件通知書】労働条件を会社が明確に教えてくれないときの対処法

「入社は決まったけれど、給与の額があいまいなまま」「勤務地を聞いてないけど、転勤があるのか心配」ーー。会社が労働条件を明確にせず、こうした不安を抱える方もいるでしょう。

  • 会社が明らかにしなければならない労働条件
  • 労働条件通知書とは

この記事では、このようなポイントについて詳しく解説します。

目次

  1. 会社は労働条件を明らかにしなければならない
  2. 会社が明示しなければならない労働条件
    1. 口頭で伝えてもよい労働条件
  3. 労働条件がわからない場合の対処法
    1. 労働条件通知書の発行を求める
  4. 労働条件と実際の状況が異なる場合

会社は労働条件を明らかにしなければならない

会社は、雇用契約を結ぶ際に、給料や勤務地などの労働条件を明らかにしなければなりません。 雇用契約を結ぶ前提として労働条件をきちんと明示することで、従業員となる人が会社と対等な立場で労働条件を決められるようにするためです。

会社が明示しなければならない労働条件

会社が明示しなければならない労働条件のうち、次の事項は、書面による明示が義務づけられています。

  • 契約期間
  • 契約を更新する基準(契約期間が決まっている場合)
  • 勤務地
  • 仕事の内容
  • 始業時刻
  • 終業時刻
  • 残業の有無
  • 休憩時間
  • 休日
  • 休暇
  • シフト制、交代勤務制に関すること
  • 賃金に関すること(決定方法、計算方法、支払方法、締切り、支払時期)
  • 昇給に関する事項
  • 退職に関する事項(解雇の事由を含む)

書面の形式は特に決まっていませんが、「雇用契約書」「労働条件通知書」「就業規則」などの書類として交付されることが一般的です。 「雇用契約書」は、雇用契約の内容が書かれた書類です。雇用契約の一部として労働条件が書かれています。 「労働条件通知書」は、労働条件を従業員に伝えるための書類です。 「就業規則」は、入社後に従業員が従うこととなる会社のルールが書かれた書類です。 実際には、雇用契約書のみが渡される場合、雇用契約書と労働条件通知書がそれぞれ渡される場合、労働条件通知書のみが渡される場合などがあります。 明示すべき労働条件が就業規則に書かれている場合には、就業規則を渡すことでもよいとされているので、就業規則が渡される場合もあります。

口頭で伝えてもよい労働条件

次の労働条件は、書面ではなく、口頭で伝えてよいことになっています。

  • 退職手当に関する事項
  • 臨時に支払われる賃金
  • 精勤手当、勤続手当、奨励加給または能率手当
  • 最低賃金額
  • 労働者に負担させる食費、作業用品などに関する事項
  • 安全、衛生に関する事項
  • 職業訓練に関する事項
  • 災害補償、業務外の傷病扶助に関する事項
  • 表彰、制裁に関する事項
  • 休職に関する事項

労働条件がわからない場合の対処法

これから雇用契約を結ぶ場合には、契約を結ぶ際に労働条件を会社に確認しましょう。 すでに雇用契約を結んでいる場合には、「雇用契約書」「労働条件通知書」「就業規則」などの書類に労働条件が書かれていないか確認しましょう。 書類を受け取っていない場合や、書類に労働条件が書かれていない場合には、会社に「労働条件通知書」を発行するように求めましょう。

労働条件通知書の発行を求める

雇用契約は口約束でも成立するので、会社には「雇用契約書」を作成する義務はありません。 しかし、労働条件を書面で明示する義務はあるので、「雇用契約書」がない場合でも、「労働条件通知書」は作成しなければなりません。 労働条件が書かれた書類を受け取っていない場合には、「労働条件通知書」を会社に発行してもらいましょう。 ただし、明示すべき労働条件が就業規則に書かれている場合には、就業規則を渡すことでもよいとされています。

従業員が希望した場合には、労働条件通知書を紙ではなく、電子メールやFAXによって通知することが2019年4月から認められています。

労働条件通知書のひな形は厚生労働省のホームページでダウンロードできます。

労働条件と実際の状況が異なる場合

労働条件通知書などに書かれた労働条件と実際の状況が異なる場合、従業員は、すぐに会社を辞めることができます。このとき、退職の日から14日以内に帰郷する場合は、交通費などの必要な費用を会社に請求することができます。 会社を辞めるつもりはないけれど、実際の状況を契約どおりに修正してほしい場合には、会社に交渉してみましょう。会社との交渉が難しい場合には、労働基準監督署に相談することができます。

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

労働条件に関する法律相談

  • 危険地帯への出張拒否

    危険地帯への出張は拒否できないのでしょうか? 外務省で香港の危険レベルを上げているところ、来週、知り合いが業務命令で香港への出張を命じられていますが、拒否できないのでしょうか? ...

    1弁護士回答
  • 季節雇用者の再雇用について

    いわゆる季節雇用者の契約更新についてです。 雇用状況、契約期間11月〜翌年5月 週30時間 勤務で社保加入 5月で契約そのものは終了しており、6月〜10月は会社との雇用契約はありません。...

    1弁護士回答
  • 「就業条件明示書」の問題や対策…突然一方的に破棄されました。

    内容についていまいち上手くまとめる事が出来ておらず、 またご多忙中の所で申し訳御座いませんが宜しくお願い 致します。 以下詳細です。 ------------------------------------------ (...

    1弁護士回答
  • 就労日の突然の取り消しについて

    パート労働者です。就労予定日の前日の定時後に理由を告げられず、明日は休んで下さいとの指示がありました。 この行為に問題はありませんか? 労働契約書には、急な就労日の変更があると言...

    1弁護士回答
  • 派遣アルバイトの募集要項に性別や年齢制限をかける事は違法ですか?

    派遣アルバイトの募集要項に関してご質問がございます。 ・男性限定など性別を限定する。 ・40歳くらいまでと年齢制限をかける。 派遣先から直接こういった注文を派遣会社が受けたと思われ...

    1弁護士回答

相談を絞り込む

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...