弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

残業代

残業代は、労働時間を超えた残業時間をもとに計算します。具体的にいつ、どのような場合に残業代が請求できるのか、解説記事や具体的な法律相談を通してまとめました。

残業代に関する法律ガイド

未払いの「残業代」「割増賃金」の計算方法、支払ってもらうための手段

「未払いの残業代を会社に払ってほしいけど、どうすればいいの?」「そもそも自分に残業代が発生してるの?」ーー。そんな疑問をかかえて残業代を支払...

未払いの残業代を請求する前に。残業代の正しい計算方法

労働基準法では法定労働時間が定められており、「1日で8時間、1週間で40時間」が基準となります。法定労働時間の定めにより、残業には法定内残業と法定...

未払い残業代を請求する方法

使用者は労働者に対して労働の対価として給料や賃金を支払います。労働基準法では支払いに関する規定を定めており、違反した場合は罰則対象です。労働...

月60時間を超える残業代の割増率

1か月に60時間を超える法定時間外労働について、大企業の場合は50%以上の割増賃金が必要です。通常の法定時間外労働で、25%以上と定められている割増...

管理職に残業代が出ないのが違法になるケース

労働基準法の規定により、「管理監督者」には時間外労働に対する割増賃金が支払われません。一般的な監理職に相当するケースもありますが、管理監督者...

残業代に関する法律相談

  • 減らされた残業代を取り戻す事が出来るのでしょうか

    労働残業残業代

    私の会社は週の労働時間が40時間に満たない場合、残業代が割り当てられて、残業代が少なくなるんですが、それは法律的に問題ないのでしょうか。私は宿直有りのシフト勤務で40時間満たない場...

    1弁護士回答
  • 残業代の計算方法について

    労働残業残業代

    残業代は1分単位で計算されています。 一日9時間10分働いたら1時間10分が残業代のため、10進法で 70÷60=1.1666666667となりうちの会社は小数点第3位以下を切り捨ててるため、1.16×時給になり...

    1弁護士回答
  • 基礎賃金の計算方法について

    労働残業残業代

    みなし残業代として月に一定時間分の残業代を支給されています。残業代は基本給をもとに計算されているのですが、最近になって計算方法が間違っているのではないかと思うようになりました。...

    2弁護士回答
  • 60時間を超える残業代は払わなくてもよいのか?

    労働残業残業代

    お世話になります。 50代スーパー店員です。 正社員で会社に組合はありません。 週休二日で週40時間の勤務体制です。 残業代の事で相談です。 月60時間までは時給の1.25倍を頂いております...

    1弁護士回答
  • (未払残業代請求)会社のデータを持ち出して自宅で作業した時間について請求したい

    労働残業残業代

    退職済の会社に対し、サービス残業をしたために未払になっている超過勤務手当を請求しようとしております。 私が自ら控えを取った各種の記録によって請求する時間数を計算しようとしており...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

給料・残業代請求を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

残業代に関する解決事例

野間口 寛

野間口 寛弁護士

残業代請求の裁判において250万円を回収しました

会社が,これまでにかなりの残業代を支払ってこなかった事案です。依頼者様が退職することをきっかけとしていらっしゃいました。会社に対し支払うように通知したが,残業代を支払うどころか,直接本人に電話をかけてプレッシャーをかけてきました。 そこで,強く警告をすると共に,即座に裁判を提起しました。ペナルティである付加金も請求...

上田 裕

上田 裕弁護士

苦しい立証状況ではありましたが、最終的に200万円を超える残業代の支払いを受けることができました。

残業代を払ってもらえないという相談でした。しかし、会社の労務管理が杜撰であったため、タイムカードや日報等、労働時間が分かる資料が一切ありませんでした。 会社も労働時間管理をしていないことを堂々と認めるような会社であったため、残業時間をどのように立証するか(立証責任は労働者側にあります。)苦労した案件がありまし...

徳田 隆裕

徳田 隆裕弁護士

タクシー運転手が未払い賃金を請求した事件

 タクシー運転手のご依頼者で,労働時間に対して賃金が安いので,最低賃金を下回っているのではないかという相談です。タクシー運転手の客待ち時間が労働時間といえるのか,労働時間をどのようにして立証するのかが争点となりました。 タクシー運転手は,タクシー乗車前後にアルコールの呼気検査をしており,その検査結果に時間が記...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 「社内結婚」報告したら、女性社員だけグルー...
  2. 深夜帰宅、休日もゴルフ場送迎…役員付き「ハ...
  3. JR西「人為ミスは責めない」非懲戒制度、積極...
  4. 上司の私的な誘い拒否→「社会人失格」と書か...
  5. うつで「休職」、交通死亡事故で「罰金刑」…...
  6. 「強制参加の社員旅行」なのに「有休使って」...
  7. 赤字招いた同族経営批判で突然の解雇、上野学...