弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

残業時間

残業時間が適切に計算されていない限り、残業代は支払われません。ここでは残業時間の定義や計算方法などの基礎知識から、トラブル対処法に至るまで解説記事や具体的な法律相談を通してまとめています。

残業時間に関する法律ガイド

時間外労働の定義

使用者が労働者を働かせることができる法定労働時間は原則として「1日に8時間、1週間に40時間以内」と決まっています。ただし各使用者が労働者に対して...

残業時間の計算方法

残業時間とは、個々の会社で定められた所定労働時間を超えて働いた時間の合計です。「所定労働時間」とは、法定労働時間の範囲内で、各会社によって設...

深夜労働の定義

労働基準法では、午後10時から翌午前5時までの労働を、通常の労働とは異なる「深夜労働」として扱っています。その時間帯の労働であれば、所定労働時間...

時間外労働の限度基準

使用者は原則として、「1日に8時間、1週間に40時間」を超えて労働者に労働させてはいけません。法定労働時間を超えて働いた場合は時間外労働となります...

ブラック企業かな?と思ったら

残業時間が多くなり、労働時間が長くなると健康に被害を及ぼす可能性が高いです。働くことは生活に必要とはいえ、働き過ぎて体を壊しては元も子もあり...

休日労働の定義

使用者は労働者に対して、十分な休日を与えなければなりません。一口に休日といっても、付与を義務付けられた法定休日と、使用者が自由に定められる法...

残業時間に関する法律相談

  • 私学教員の超過労働賃金請求の可否について

    労働残業残業時間

    私立学校で教員をしておりました。 割り当てられた校務分掌があまりに多く、毎月の超過労働時間が150時間を超えていました。 (正規の労働時間と合わせると300時間を超えていました。) 教員...

    1弁護士回答
  • 問題のあった従業員の残業代請求について

    労働残業残業時間

    従業員30名程度の経営者ですが、先日1営業所を任せていた所長が、突然辞めると言い労働基準局へ行き、残業代の請求をしてきました。 しかし、その残業時間の計算にはタイムカードではなく社...

    1弁護士回答
  • 看護休暇取得による不利益な人事異動と育児介護休業法違反

    労働残業残業時間

    去年、未就学児がいるため看護休暇を5日間取り、残業が多く組合でも問題になっている部署に異動させられました。 看護休暇をとったことによる、「 不利益な配置の変更を行うこと。 」である...

    1弁護士回答
  • 労使間で揉めている残業代、労働時間を労基署が「決める」ことは合法ですか?

    労働残業残業時間

    会社と残業代や労働時間で揉めています。タイムカードがありません。 会社は残業時間を短くしか認めず、労働時間も会社側が作った資料を出してきています(すべて会社の推測です) 一方、こ...

    2弁護士回答
  • 週40時間を超えた場合の有給の扱いについて

    労働残業残業時間

    私が働いている会社は週6日勤務で一日平均勤務時間は残業含め10時間(残業時間を含めないと8時間)です。 一応週40時間超えた分はきちんと残業時間として処理されるようですが、有給をと...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

給料・残業代請求を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

残業時間に関する解決事例

岩井 知大

岩井 知大弁護士

宅配業者従業員の未払い残業代が交渉により支払われた事例

私の元に相談にいらしたときには既に退職されており、毎月、残業代が時効消滅していっている事案でしたので、急いで対応する必要がありました。直ちに時効中断のため、内容証明で請求書を出し、残業時間を基礎づける資料を求めました。当初、会社は弁護士がついておらず、資料の提出にも不誠実な対応を繰り返し、事実と全く異なる残業...

山口 毅大

山口 毅大弁護士

未払い残業代請求と仕事上のミスを理由とする損害賠償名目での一方的な天引き

未払い残業代を請求したいとのご相談でした。 1か月あたりの時間外労働時間が100時間を超えることもありました。 仕事でミスをすると給料から一方的に天引きされていました。未払い残業代を計算すると,最低賃金法を下回った時間給に加え,数百万円もの未払い残業代があることがわかりました。 また,仕事でミスしたことを理由...

鈴木 祥平

鈴木 祥平弁護士

【会社側】問題社員を解雇するためにはどうしたらよいのか。

 A社の従業員の雇用問題に関するトラブルですで。A社の社員Xは、採用してからすぐの段階から他の従業員とトラブルを起こしていました。他人から注意をされるとすぐに反発し、トラブルの仲裁に入った上司に対しても自分が正しいということを譲らずに、強い反発的な態度を示めしておりました。A社の社長Wとしては、Xを解雇にした...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 社長が同僚に「お前は赤ちゃん以下」と罵声…...
  2. 「社会保険料が高くなるから、春に残業するな...
  3. 実績、選考状況の嘘…就活で経歴「盛る」学生…...
  4. ほっともっと店長「名ばかり管理職」訴訟、静...
  5. 残業、月100時間未満「過労死なくならない」...
  6. 部下を慰めるため「頭ポンポン」したらセクハ...
  7. 働き方改革で置き去りの「教員の長時間労働」...