弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

残業時間

残業時間が適切に計算されていない限り、残業代は支払われません。ここでは残業時間の定義や計算方法などの基礎知識から、トラブル対処法に至るまで解説記事や具体的な法律相談を通してまとめています。

残業時間に関する法律ガイド

時間外労働の定義

使用者が労働者を働かせることができる法定労働時間は原則として「1日に8時間、1週間に40時間以内」と決まっています。ただし各使用者が労働者に対して...

残業時間の計算方法

残業時間とは、個々の会社で定められた所定労働時間を超えて働いた時間の合計です。「所定労働時間」とは、法定労働時間の範囲内で、各会社によって設...

深夜労働の定義

労働基準法では、午後10時から翌午前5時までの労働を、通常の労働とは異なる「深夜労働」として扱っています。その時間帯の労働であれば、所定労働時間...

時間外労働の限度基準

使用者は原則として、「1日に8時間、1週間に40時間」を超えて労働者に労働させてはいけません。法定労働時間を超えて働いた場合は時間外労働となります...

ブラック企業かな?と思ったら

残業時間が多くなり、労働時間が長くなると健康に被害を及ぼす可能性が高いです。働くことは生活に必要とはいえ、働き過ぎて体を壊しては元も子もあり...

休日労働の定義

使用者は労働者に対して、十分な休日を与えなければなりません。一口に休日といっても、付与を義務付けられた法定休日と、使用者が自由に定められる法...

残業時間に関する法律相談

  • 看護休暇取得による不利益な人事異動と育児介護休業法違反

    労働残業残業時間

    去年、未就学児がいるため看護休暇を5日間取り、残業が多く組合でも問題になっている部署に異動させられました。 看護休暇をとったことによる、「 不利益な配置の変更を行うこと。 」である...

    1弁護士回答
  • 労使間で揉めている残業代、労働時間を労基署が「決める」ことは合法ですか?

    労働残業残業時間

    会社と残業代や労働時間で揉めています。タイムカードがありません。 会社は残業時間を短くしか認めず、労働時間も会社側が作った資料を出してきています(すべて会社の推測です) 一方、こ...

    2弁護士回答
  • 週40時間を超えた場合の有給の扱いについて

    労働残業残業時間

    私が働いている会社は週6日勤務で一日平均勤務時間は残業含め10時間(残業時間を含めないと8時間)です。 一応週40時間超えた分はきちんと残業時間として処理されるようですが、有給をと...

    1弁護士回答
  • 残業時間のつけ方について

    労働残業残業時間

    ノー残業デーという制度があり 事前に申請を出さないとノー残業デーの日に緊急や納期に間に合わないことで残業をしても残業代は払わないということになっています。 また、勤怠を2日前に遡...

    1弁護士回答
  • 残業の未払い金に関しまして

    労働残業残業時間

    現在弊社では労基からの指摘が入ったことと、残業代が高騰したことで残業時間に対してシビアになっております。 これまでの経緯としまして、2016年の4月頃労基から残業代計算の指摘が入って...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

給料・残業代請求を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

残業時間に関する解決事例

堺 洋一郎

堺 洋一郎弁護士

トラック運転手の残業代請求

依頼者Aさんと依頼者Bさんは、同じ会社に勤めるトラック運転手でした。 AさんとBさんは、長距離トラックの運転手として、休みなく働いており、家にもまともに帰ることもできない状態でした。 しかし、それだけの激務にもかかわらず、少ない給与しか支給されていなかったため、疑問を持ち、退職後にご相談に来られました。ご相談...

吉田 大輔

吉田 大輔弁護士

【労災認定】守衛業務に従事していたところ、過労で脳内出血を発症し、後遺症が残った事案

守衛業務に従事していたところ、長時間労働や職場でのパワハラが原因で脳内出血を発症し、後遺症が残ったとして、ご本人が労災申請をしていましたが、認められなかったことから、ご相談に来られました。 お話しをうかがう限り、脳・心臓疾患に関する労災認定基準の一つ(発症の直前1ヶ月の時間外労働時間が概ね100時間を超えるか...

下島 正

下島 正弁護士

月間残業時間110時間。弁護士に相談し、証拠を集めたことで、300万円獲得!

専門商社で営業職として働いていた相談者。残業時間がどんどん増えていき最終的に110時間までに。 残業代がしっかりと払われているか気になったため、弁護士に相談することにした。弁護士から資料集めを指示され、集まった資料をもとに残業代を算定。 未払い残業代があることがわかり、相談者は残業代を請求し、解決金として30...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 50代女性教師「子育ては女性がするもの。先に...
  2. 男性の育休申請「お前のガキなんか1円にもな...
  3. 「正社員よりも働いているのに…」東京メトロ...
  4. 恋人の有無、結婚予定、家族の職業・・・採用...
  5. WOWOW「6歳子役」を未明まで働かせ謝罪、「働...
  6. 「有休消化して退職したい」→上司「前例ない...
  7. 昼休み中に電話番、来客対応を強制…その分の...