弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

36協定

「36協定」とは労働基準法第36条を根拠とする、時間外・休日労働に関する協定のことです。雇用主が届出をせずに、労働者に時間外労働を課すと違法となります。トラブル対処法を中心に紹介します。

36協定に関する法律相談

  • 36協定、全体との締結がある中で、所属内で個別に締結することは可能か。

    労働労働時間36協定

    公務員です。配属先では、36協定締結が必要な事業所にあたりますが、今まで締結をしていませんでした。 そこで、この度、組合と使用者が36協定締結を進めています。 しかし、私の所属では、...

    1弁護士回答
  • 会社側が36協定締結拒否した場合の対応

    労働労働時間36協定

    36協定締結を会社側が拒否しました。 従業員の残業が多いということで、協定を結ばなければ残業代削減どころか 0にできるという考えのようです。 しかし、今まで残業をしてやっていた仕事量...

    2弁護士回答
  • 労働組合に過半数の労働者が加入してるいることの証明について

    労働労働時間36協定

    36協定の締結にあたり、過半数労働組合の代表としてサインする場合、経営者側に組合員名簿を提出し、過半数であることを証明しなければならないのでしょうか?加入者数のみ経営者側に伝える...

    1弁護士回答
  • オーナーからのセクハラとうつ病による退職

    労働労働時間36協定

    ある整体、マッサージの店で勤務しています。 労働問題でご相談したいことがあります。 セクハラや長時間労働等により、うつ病の可能性が高く退社したいのです。 ☆セクハラの件です。 整体...

    1弁護士回答
  • 土日休日なしで働いています。

    労働労働時間36協定

    家族経営で休みがなく取引先からは土日働かないと月曜日の納期に納められない量の仕事が来ます。父は土日働かないと仕事が来なくなるといって休みません。将来自分だけになった時が心配です...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 就活「Webテスト」で替え玉、偽アカウント受...
  2. 熊本・産山村「村内に住んで」職員通勤手当を...
  3. iPad、モバイルルーター、会社支給なく「自費...
  4. 勝手に「一人フレックス」勤務、早朝出勤して...
  5. バイト出勤1時間前に「やっぱり休みで」と店...
  6. 佐川「週休3日制」導入、副業OK…労働弁護士「...
  7. LGBT就活の乗り越え方「受け入れ企業を選ぶだ...