弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

裁量労働制

労働裁量制では、労働時間の計算を実労働時間ではなく、社内で決めたみなし時間で行います。一定の残業時間を超えなければ残業代は支払われません。制度の概要やトラブル対処法について確認しましょう。

裁量労働制に関する法律相談

  • 裁量労働制と労働時間制約の関係について

    労働労働時間裁量労働制

    会社で裁量労働制が採用されていますが、昨今の労働時間の制限との関係について質問させてください。 1.会社から残業時間の制限がかかり、本来もっと働いて成果を高めたいと思っても、それが...

    1弁護士回答
  • 専門業務型裁量労働制における勤務時間について

    労働労働時間裁量労働制

    今月から新しい職場で働いています。 契約内容 ・専門業務型裁量労働制(始業終業は裁量でと記載、みなし労働時間などは記載なし) ・休憩時間は労働時間の中で60分 ・4週8休日 となって...

    1弁護士回答
  • 固定残業代と裁量労働制

    労働労働時間裁量労働制

    30時間分の残業代が基本給に含まれているという労働契約を締結していますが、会社が裁量労働制の対象と変更したため、残業代分を基本給から除くことにしたとの通知が来ました。これは減給...

    1弁護士回答
  • 裁量労働の深夜残業代が0.25ぶんしか支給されない等の問題について

    労働労働時間裁量労働制

    私の勤務先では、裁量労働制を採用しているのですが、以下のようなことが常態化しています。これは適法と言えるのでしょうか?また、これらは労基署に相談すれば解決するような問題なのでし...

    1弁護士回答
  • サービス残業等で会社に主張できる事柄は何ですか?

    労働労働時間裁量労働制

    労働時間で会社に相談を出そうと思っています。 状況は、 ・裁量労働制として契約書を交わしている。 ・契約書では、9時30分から18時の勤務時間と45時間のみなし残業が記載されている。 ・...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

裁量労働制に関する解決事例

三好 康之

三好 康之弁護士

元従業員からの未払い残業代の支払請求訴訟

上司のパワハラにより合意退職に追い込まれたとする元従業員から、慰謝料請求と在職時の未払い残業代請求訴訟が提起された。 元従業員は、未払い残業代請求において、会社が採用している「事業場外みなし労働時間制」が無効であると主張しており、みなし労働時間に基づかない残業代を請求していた。 パワハラの論点に関しては、当方...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. iPad、モバイルルーター、会社支給なく「自費...
  2. 勝手に「一人フレックス」勤務、早朝出勤して...
  3. バイト出勤1時間前に「やっぱり休みで」と店...
  4. 佐川「週休3日制」導入、副業OK…労働弁護士「...
  5. LGBT就活の乗り越え方「受け入れ企業を選ぶだ...
  6. 曜日固定のバイト、違う曜日での勤務を命じら...
  7. 体育教師「首から汗だくだくでいいね」女子生...