休憩時間

休憩時間は労働時間の長さによって異なります。ここでは休憩時間の長さや取得のタイミングなど、トラブル対処法を中心に、解説記事や具体的な法律相談を通してまとめています。

「休憩時間」の法律ガイド

【弁護士Q&A】待機を求められ眠れない仮眠時間は給料を請求できる?

長時間勤務がある職場では、一定の仮眠時間が設けられている場合があります。しかし、実態としては仮眠をとることができず、業務に拘束されているケー...

休憩時間に関する法律相談

  • 雇用契約書と労働時間について

    夜勤で労働しています。 雇用契約書で労働時間が20:30~3:30 休憩1時間の6時間労働になっていますが、 実際には毎日5時まで労働で7.5時間労働をしています。(有給休暇は支...

    1弁護士回答
  • 食事をとらず、業務を継続

    会社員です。 業務の大半は、オフィスではなく、100%出先となります。 食事も、トイレも、休憩も、水分補給も、その他も、、、、。昼休みにオフィスに帰ることはありません。 しかし、...

    2弁護士回答
  • 休憩時間の意味について

    自分が勤めている会社の内勤さんの事で相談があります。 その内勤さんは8時間労働な為、1時間の休憩をもうけていますが出勤してすぐに1時間の休憩を取らされている事が多々あり、もちろんそ...

    1弁護士回答
  • 就業先の勤務について

    特養で働いていますがそこは夜勤の明けも公休扱いです。夜勤は9時~7時15分ですが、仮眠などの休憩時間はなく(暇な時にぼーっとすればいいとのこと)残業などと言われる事もありますし。夜勤...

    1弁護士回答
  • 9時~18時 休憩時間なし 賃金は請求できますか?

    初めまして。 現在、社会福祉法人の障害者の支援をおこなっていて2年目となります。1年目の時に勤務が9時から18時で休憩時間がありませんでした。12時から13時まで昼食を食べること...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す