弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

割増賃金

時間外労働、休日労働、深夜労働をした場合は、割増賃金の支払いを求められます。ここでは割増賃金額の計算方法から、トラブル対処法まで、解説記事と具体的な法律相談を通してまとめています。

割増賃金に関する法律ガイド

深夜労働における割増賃金の計算方法

労働基準法では、午後10時から翌午前5時までの労働を、通常の労働とは異なる「深夜労働」として扱っています。通常労働とは異なる規定を設けており、午...

時間外労働における割増賃金の計算方法

労働基準法では、法定労働時間が「1週間に40時間、1日に8時間まで」と決まっています。法定労働時間を超えて働いた場合は、時間外労働に対しての割増賃...

休日労働における割増賃金の計算方法

労働基準法では法定休日として、使用者が労働者に対して「1週間に1回以上の休日」を与えなければならないと規定しています。法定休日に通常日と同様の...

割増賃金に関する法律相談

  • 深夜割増はあるのでしょうか

    労働労働時間割増賃金

    友人が転職した会社の、通常勤務時間が17時から翌日の2時まで(休憩1時間はあるそうです)なのですが、深夜の割り増し賃金(深夜時間外手当など)はもらえるのでしょうか。 その会社は、...

    1弁護士回答
  • 深夜割増賃金を請求できるかお聞かせください

    労働労働時間割増賃金

    パチンコ屋の夜の清掃のバイトしています 23:00-25:00が基本労働時間ですが残業もあります。時給は1200円 この会社は入ったときから誰1人として労働条件通知書、雇用契約書ももらっておらず...

    1弁護士回答
  • まともな雇用契約のない仕事での割増賃金請求について

    労働労働時間割増賃金

    風俗関連の仕事(ドライバー)をしていましたが、まともな雇用契約書もありませんでした。 時給で給料を貰っていましたが、先方が委託契約だったなどと言い出した場合、支払われていない割り増...

    1弁護士回答
  • 固定給なのに東京都最低賃金より安い時給はありですか?

    労働労働時間割増賃金

    現在正社員で働いていますが、給料の計算について質問です。 ①雇用契約書はない ※入社確定の前日にオリエンテーションと称して口頭で給料などの説明があったのみ ②就業規則は閲覧不可 ※社長...

    2弁護士回答
  • 代休処理時の割増手当について

    労働労働時間割増賃金

    代休処理についてお伺いします 通常、代休手続きを行った場合、代替となる休日に加えて 休日手当相当分の割増賃金をもって報いることとなりますが 相当分の休暇をもって、この割増賃金を代替...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

割増賃金に関する解決事例

後藤 愛

後藤 愛弁護士

雇われ店長の残業代請求

ご依頼者様は、コンビニエンスストアで店長として働いていらっしゃいましたが、人手が足りない時や急な休みが出た時には自ら稼働しなければなりませんでした。そのため、平均して1日13時間ほど働いていましたが、毎月基本給と通勤交通費が支払われるのみで、残業代や深夜手当などは一切支払われていませんでした。与えられている権...

横溝 昇

横溝 昇弁護士

労働審判で相手方の請求から相当程度減額した和解ができた事例

ある会社の管理職が突然出社しなくなり、会社としてはその管理職に連絡もつかず困っていたところ、その管理職から時間外の割増賃金を請求する内容の労働審判を申し立てられました。当事務所は、会社側の代理人となりました。労働審判では、相手方の当初の請求額から相当程度の金額を減額した和解をすることができました。労働基準法上...

齋藤 裕

齋藤 裕弁護士

固定残業代を主張する使用者に割増賃金を支払わせました

 依頼者は飲食店で長時間残業させられていましたが、固定残業代の支払いを理由に、割増賃金の支払いはありませんでした 当職が代理人となり、訴訟を起こしました。  固定残業代とは言いながらも、想定労働時間を超過した場合の調整もなく、固定残業代との主張が成り立たないことを明らかにしました。  結果として、請求した割増...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 「社内結婚」報告したら、女性社員だけグルー...
  2. 深夜帰宅、休日もゴルフ場送迎…役員付き「ハ...
  3. JR西「人為ミスは責めない」非懲戒制度、積極...
  4. 上司の私的な誘い拒否→「社会人失格」と書か...
  5. うつで「休職」、交通死亡事故で「罰金刑」…...
  6. 「強制参加の社員旅行」なのに「有休使って」...
  7. 赤字招いた同族経営批判で突然の解雇、上野学...