弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

割増賃金

時間外労働、休日労働、深夜労働をした場合は、割増賃金の支払いを求められます。ここでは割増賃金額の計算方法から、トラブル対処法まで、解説記事と具体的な法律相談を通してまとめています。

割増賃金に関する法律ガイド

深夜労働における割増賃金の計算方法

労働基準法では、午後10時から翌午前5時までの労働を、通常の労働とは異なる「深夜労働」として扱っています。通常労働とは異なる規定を設けており、午...

時間外労働における割増賃金の計算方法

労働基準法では、法定労働時間が「1週間に40時間、1日に8時間まで」と決まっています。法定労働時間を超えて働いた場合は、時間外労働に対しての割増賃...

休日労働における割増賃金の計算方法

労働基準法では法定休日として、使用者が労働者に対して「1週間に1回以上の休日」を与えなければならないと規定しています。法定休日に通常日と同様の...

割増賃金に関する法律相談

  • 深夜割増はあるのでしょうか

    労働労働時間割増賃金

    友人が転職した会社の、通常勤務時間が17時から翌日の2時まで(休憩1時間はあるそうです)なのですが、深夜の割り増し賃金(深夜時間外手当など)はもらえるのでしょうか。 その会社は、...

    1弁護士回答
  • 深夜割増賃金を請求できるかお聞かせください

    労働労働時間割増賃金

    パチンコ屋の夜の清掃のバイトしています 23:00-25:00が基本労働時間ですが残業もあります。時給は1200円 この会社は入ったときから誰1人として労働条件通知書、雇用契約書ももらっておらず...

    1弁護士回答
  • まともな雇用契約のない仕事での割増賃金請求について

    労働労働時間割増賃金

    風俗関連の仕事(ドライバー)をしていましたが、まともな雇用契約書もありませんでした。 時給で給料を貰っていましたが、先方が委託契約だったなどと言い出した場合、支払われていない割り増...

    1弁護士回答
  • 固定給なのに東京都最低賃金より安い時給はありですか?

    労働労働時間割増賃金

    現在正社員で働いていますが、給料の計算について質問です。 ①雇用契約書はない ※入社確定の前日にオリエンテーションと称して口頭で給料などの説明があったのみ ②就業規則は閲覧不可 ※社長...

    2弁護士回答
  • 代休処理時の割増手当について

    労働労働時間割増賃金

    代休処理についてお伺いします 通常、代休手続きを行った場合、代替となる休日に加えて 休日手当相当分の割増賃金をもって報いることとなりますが 相当分の休暇をもって、この割増賃金を代替...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

割増賃金に関する解決事例

山口 毅大

山口 毅大弁護士

「業務委託契約」と言われても,実質的に「労働者」であれば,労働法の適用がある

突然,解雇され,ハローワークに行ったところ,雇用保険に加入していないことが発覚。そのため,会社に連絡すると,「業務委託契約」と言われてしまった上に,未払い賃金を請求すると,逆に損害賠償すると脅されました。 早期解決のために労働審判を選択。 その結果,「業務委託契約」ではなく「労働契約」が成立したことを前提とし...

我妻 耕平

我妻 耕平弁護士

企業様からの依頼で,長年勤務態度に問題のあった従業員に対する対応を行い,最終的に解雇した事例(団体交渉及び数度の労働審判を含む)

(事案の概要) 勤務態度に問題のある従業員(赤の他人を職場に連れ込んで自分の変わりに働かせる,DVDを職場に持ち込んで勤務中に視聴する,他の従業員や顧客とのトラブルが絶えない)の対応をお願いしたいとの相談を受け,受任。受任後,会社側のパワハラにより適応障害に罹患したとして,当従業員が長期休業を開始。その後の対...

勝浦 敦嗣

勝浦 敦嗣弁護士

【合計250万円の支払】アパレル企業企画職の不当解雇、残業代未払い

当初は、不当な整理解雇についてのご相談でした。 お話を伺う中で、残業代が月額上限30時間分しか出ておらず、深夜割増賃金も払われていないことが判明したため、不当解雇を争うとともに残業代請求を行いました。 ご自身がタイムカードなどをもっていなかったため、会社に資料の提出を求めて過去2年間の残業代を計算した上で、不...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 介護保険法改正で自己負担が2割から3割に…背...
  2. うつ病から復帰後、昇進の打診…「ストレス、...
  3. 社長が同僚に「お前は赤ちゃん以下」と罵声…...
  4. 「社会保険料が高くなるから、春に残業するな...
  5. 実績、選考状況の嘘…就活で経歴「盛る」学生…...
  6. ほっともっと店長「名ばかり管理職」訴訟、静...
  7. 残業、月100時間未満「過労死なくならない」...