割増賃金

時間外労働、休日労働、深夜労働をした場合は、割増賃金の支払いを求められます。ここでは割増賃金額の計算方法から、トラブル対処法まで、解説記事と具体的な法律相談を通してまとめています。

割増賃金に関する法律相談

  • 就業規則:裁量労働/変形労働制の違い

    会社拡大につき、就業規則を策定する必要があり、ご相談です。 現状、 ・「出社」は必須にしていない(オフィス以外で仕事してもOK) ・「始業時刻・終業時刻」も縛りは設けていない(夜型の...

    1弁護士回答
  • 未払い残業代の請求(少額?)

    バイト(時間給)で月間200〜230時間働いています。 社会保険はもちろん、雇用保険すらありません。 有給以前に病欠したら時給カットされます。 バイト全員が30日前の解雇通告(整理解雇)を受...

    2弁護士回答
  • 労働法、深夜割増の業務委託について。

    労働の深夜割増なのですが、 こちらは雇う方で、アルバイトの時給だと22時以降は、 25%増しだったかと思うのですが、 1、これは、22時からのアルバイトでも発生するのでしょうか?   そ...

    1弁護士回答
  • 派遣業務での勤務時間について

    派遣元会社に正社員として所属し、派遣先にて勤務しています。 派遣先の標準勤務時間は7時間45分で、派遣元(自社)の標準勤務時間は8時間です。 ・残業代が支払われるのは派遣先の標準勤務時...

    3弁護士回答
  • 長時間労働に対しての残業代請求の可否

    タクシー会社の当直時の給料ですが、16:00から翌日朝7時までの間、休憩は空いた時間にとの事、15時間働いて日給15000円。深夜割増などは不明です、日曜日は朝の8時から翌日朝7時までの23時間...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す