現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

競業避止義務

労働者の「競業避止義務」とは、競合他社へ転職したり起業したりするなどの競業行為をしてはならないという義務です。契約が成立していた場合は、転職の際にトラブルになりえますので注意しましょう。

「競業避止義務」の法律ガイド

同業他社へ転職したら前社から競業避止義務違反を主張されたときの対処法

会社によっては、就業規則や誓約書で、従業員に「退職後1年間は同業他社に転職してはいけない」などの競業避止義務を定めているところがあります。こう...

【人事労務担当者向け】元従業員に競業避止義務違反を問えるケースと請求できること

退職した従業員が、同業他社に転職をしたり、競合となる会社を起業したりした場合、差止請求や損害賠償請求をできることがあります。この記事では、退...

【弁護士Q&A】同業他社に転職しないという誓約書には従う必要あるのか

勤務先を退職する際に、「退職から●年間は同業他社への就職を禁止する」といった内容の誓約書の提出を求められることがあります。このような誓約書を提...

【弁護士Q&A】退職した後元の会社の顧客や従業員を引き抜くことのリスク

退職して独立する場合、独立後に元の会社の顧客や従業員とのコネクションを活用したいと考える人もいるでしょうが、場合によっては元の会社との間でト...

競業避止義務に関する法律相談

  • 元従業員による競業避止違反について。損害賠償請求は可能でしょうか?

    【相談の背景】 小規模企業(美容室)の経営幹部です。在職中に秘密保持・競業避止に関する誓約書に署名、押印をしてもらっていた元従業員(退職日から半年未満時点)が、弊社従業員(店長...

    1弁護士回答
  • 競業避止の規定や合理性についてご相談です

    【相談の背景】 競業避止についてご相談したく投稿しております。 塾業界での転職で前の勤め先から競業避止の誓約を署名させられました。 私が入社する前に退職された方や私が勤めていた...

    2弁護士回答
  • 雇用形態変更による契約書の有効性について

    【相談の背景】 業務委託契約で美容師をしていたはずが勝手に税金が安くなる?あなたの為と正社員扱いの給料になっています。 近場に転職したいのですが業務委託の契約書に書いてある競業...

    1弁護士回答
  • 競業避止義務について

    【相談の背景】 ケータイショップの店長です。 在籍中に仲間と二人で法人を設立し、役員をやっています。(代表ではありません) 事業内容はスマホやPCの操作方法などについてお客様のご自...

    1弁護士回答
  • 退職時の諸々の相談です。

    【相談の背景】 契約社員で働いています。編集職です。 会社のほうから次回の契約更新はないと言い渡されたので、就職活動をして、次の会社の内定をもらえました。 内定をもらったあと、...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識