「労働契約法」の法律相談

「労働契約法」では、「会社は雇用契約書を交付せず、有給休暇も許さず、負傷して3週間ほど休みをお願いしても、激しくなじり就労を強制するなど多くの労働基準法違反がありました。」「労働基準法では40時間が上限だったとも思いますが、契約内容そのものが違法ではないかと思います。」「私の個人事業と小規模法人bとの仕事(契約書なし、メール等履歴あり)における、労働対価の不足分を法人bへ請求する場合の相談です。」といったトラブルに巻き込まれている場合の相談が投稿されています。また、「雇用契約書には、休日は土曜・日曜・祭日等(118日)と書いてありますが、これって、労働基準法違反にならないのですか?」「会社の労働契約書が、労基法で定める明示すべき項目を明示していなかったり、それから逸脱する条件の場合、それを理由に即刻退職できるのでしょうか?」等々の質問も投げかけられています。労働分野に「労働契約法」に関連する相談が多く寄せられています。

6,458件見つかりました 1 - 50件目

おすすめの法律ガイド

  • 労働契約法について

    ...労働契約法第19条において、本条が適用される「更新」とは、労働条件を変更しての契約の締結し直しにも適用されるのですか?...

    • 2015年04月12日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 改正労働契約法について

    ...改正労働契約法についてです。私は私立校で非常勤を勤めてきましたが、来年度の契約について、半年休んだ後再契約をしてほしいと言われました。違法性はないのでしょうか。宜しくお願い致します。...

    • 2016年11月16日
    • 2回答 /
    • 1弁護士回答
  • 労働契約法について聞きます。

    ...私は半年毎の有期の契約社員ですが、会社から改正労働契約法の話を聞いていません。それまでの契約では退職までは繰り返し契約できると書いてありました。改正労働契約法の話を聞いたのは、他の人からでした。又、5年以上は契約しないと言う会社の話で無期雇用をしたくない為だと思量されます。今般、会社内の再編をする為...

    • 2014年08月24日
    • 3回答 /
    • 2弁護士回答
  • 解雇と労働契約法について。

    ...公益の施設に勤務するパート務めの妻が勤務中にスマホを使用していたことが担当上司が発見し、処分されるまえに退職届を書けと言われ、届けを出したそうです。妻の職場にはパートタイマーの女性が他に数名おり、その内の一名が以前団体割引を複数回に渡り、勝手に操作して金銭的損害を施設に与えた ことがありましたが処分...

    • 2016年09月20日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 労働契約法17条について

    ...派遣会社A社から派遣先B工業に3ヶ月契約で派遣されました ところが、派遣先B工業からに従事10日後 派遣先B工業から、派遣会社A社に私の派遣契約途中解除を申し出たらしく、結果、就労10日で契約途中解除  派遣会社A社は他紹介する会社はないとの事 派遣会社A社から送られた給料明細には、労働日数10...

    • 2017年06月20日
    • 2回答 /
    • 2弁護士回答
  • 労働契約法について

    ...社会通念上、解雇するに相当で客観的且つ合理的な場合とは具体的にどのような場合の解雇を指すのでしょうか。...

    • 2010年11月18日
    • 2回答 /
    • 1弁護士回答
  • 労働契約法について 企業のせきにんとはどこまでを指すのか。

    ...労働契約法 第5条を根拠に労働者側が企業へ書類等を通じ改善を求めた場合に、企業にはどのような責任が発生しますか?または企業はどのような対応をとることが一般的なのでしょうか?...

    • 2016年02月20日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 改正労働契約法における契約職員について

    ...2015年6月から1年更新の最長5年の契約職員です。契約書に「最長5年以降は更新しない。」と明記されています。勤務形態は、フルタイムで正職員と業務量は変わらず、今休職中の正職員の仕事も担当しています。先日改正労働契約法を見て、自分のような物は最長5年と当初明記されているので該当しないのでしょうか?以...

    • 2016年10月03日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 労働契約法19条について教えてください。

    ...労働契約法19条に関して、よくわからないので教えて下さい。 派遣の同僚が来年の3月で雇い止めにあいそうです。 同僚は11年同一会社、同一内容で派遣社員として更新(半年に一度)を続けてきました。 以前こちらで質問をさせて頂いた際には労働契約法19条にのっとったら、雇い止めは出来ない、とのご意見も頂戴し...

    • 2017年10月13日
    • 2回答 /
    • 1弁護士回答
  • 労働契約法20条に該当するかについて

    ...今年から配置転換の名目で契約社員(2ヶ月~半年)が多数を占める職場に、社員が数十名が配属されました。 作業内容は同一なのですが、契約社員との給料に2~3倍の差があると聞きました。 待遇の改善を求め上司に抗議しましたが、聞き届けられませんでした。 労働契約法20条の賃金格差に該当するものと思われます...

    • 2014年07月18日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 労働契約法第16条の解釈について

    ...労働契約法第16条は、最高裁判所判決で確立している「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。」とありますがそれでは客観的に合理的な理由とはどのような理由なのか、また社会通念上、相当する場合は具体的にどのような場合を指すの...

    • 2010年10月30日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 労働契約法20条違反について

    ...私は有期雇用の契約社員です(フルタイム勤務)。 現在所属する会社では、派遣社員時代から通算し、10年以上勤務しております。 同じ部署の正社員のうち1名とは、仕事の内容、仕事量、責任の程度、学歴(大卒)、勤続年数すべて同等です。仕事の能力は、当該正社員と比較し、全く遜色ないと自負しております。(アカデ...

    • 2018年01月14日
    • 3回答 /
    • 2弁護士回答
  • 労働契約法のクーリングの考え方について

    ...雇用する側からの質問です。 2018年3月31日に有期雇用で満5年となり契約終了となる方がいます。 この方と現在の契約をするときに、2018年4月1日以降の契約を「期待させてはいけない」ということで、契約書でも口頭でも、2018年4月1日以降契約を更新しないことを伝えています。 この方と、6か...

    • 2017年11月14日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 労働契約法のクーリングの考え方について

    ...雇用する側からの質問です。 2018年3月31日で有期雇用で満5年となり、契約終了となる方がいます。 この方とは、2018年10月1日以降であれば、新たに有期雇用契約をしても良いという解釈でいいでしょうか? 2018年3月31日までと同様の業務でも問題ないでしょうか? もちろん契約終了前に、10...

    • 2017年10月23日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 労働契約法5条について

    ...職場にイジメグループがあります。 勤務中に、特定の人に対するあからさまなイジメをしたり、お客様との電話の後にお客様をバカだの、死ねなどと罵ります。 嫌いな同僚にもバカ、死ねと言っており、バカ、死ねと言い過ぎて同僚が誰も居なくなったりたしてと談笑したり、グループ以外の同僚達を動物と呼び殺処分にしたら良...

    • 2017年03月26日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 労働契約法20条について

    ...大手企業で契約社員として働いています。 一般事務で九時から四時が勤務時間ですが、四月からコールセンターに配属になりました。 私以外はみな正社員で、九時から五時で働いています。 雇入通知書には一般事務となっていることを理由にコミュニケータ業務を拒否できますか? また、同じ職場で正社員と全く同じ...

    • 2016年09月13日
    • 3回答 /
    • 2弁護士回答
  • 労働契約法の改正案に関して

    ...パート労働者や契約社員等の待遇を改善するための改正案のようですが、企業がそう易々と正規職員に転換するとも思えません。 どのような抜け道が考えられるでしょうか? 皆さんはこの改正案をどう評価しますか?...

    • 2012年08月03日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 6月以前の内々定は労働契約法違反なのか。

    ...現在、大学4年生の者です。 3月から就職活動を始め4月末に内々定を頂きました。 しかし、親が地元ではない会社であるために反対しています。反対の言葉だけでなく、弁護士を雇って訴訟を内々定先に起こそうとしています。 訴訟内容は「経団連の定める選考期間の6月以前に内々定を出し、かつ承諾の猶予期間を5月中旬...

    • 2019年07月23日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 労働契約法施行後5年縛り及びクーリングの考え方

    ...■無期労働契約の対象となる5年について  2012年11月採用の場合、雇用自体は2017年9月末で約5年(満4年11カ月)経過することとなります。  労働契約法施行後5年縛りについては、2013年4月1日契約分からとなり、上記の場合、実際は4年6カ月となるはずですがいかがでしょうか。  よって、契約...

    • 2017年08月29日
    • 3回答 /
    • 2弁護士回答
  • 労働契約法 5年ルール

    ...2015年10月より契約社員で働いている主婦です。 3ヶ月おきに更新面談をして、その都度契約書をかわしています。来年の10月で5年になるので、自分で調べて、無期雇用申請ができることが分かりました。しかし今年で5年になる方々が、5年で契約終了で、もし残りたい場合は、上司の推薦、本社に行き新卒の採用試験...

    • 2019年04月17日
    • 5回答 /
    • 2弁護士回答
  • 労働契約法19条に該当しますか??

    ...有期雇用でも契約満了になれば辞めるしかありませんか? 民事裁判をしないと雇い止め撤回出来ないのでしょうか? 契約満了にして無期雇用逃れを会社がしています。 平成20年から派遣社員、平成22年から直接雇用。 平成22年から最長5年として数回更新。 平成27年から最長3年として数回更新。 会社の方針で...

    • 2018年04月06日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 労働契約法:俸給表の明示について

    ...私の会社では労働契約を結ぶ際に俸給表が配布されて初任給と昇給について説明がされますが、規程(紙媒体とグループウェア上で公開)には記載がありません。労働契約の際に配布されるもの以外に、常時閲覧可能な状態にしておく必要はないのでしょうか?...

    • 2014年11月11日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 改正労働契約法について

    ...現在、契約社員として6か月ごとに契約を継続し7年以上同じ会社に雇用されています。 店長など、責任ある立ち場も任されています 会社からは正社員と待遇が同じかむしろ良い、会社側から契約を破棄することは無く本人が希望すれば契約を継続すると説明されています。 正社員との違いは、退職金や産休制度がない、年...

    • 2013年04月08日
    • 2回答 /
    • 2弁護士回答
  • 13年の労働契約法改正の,私立大学の非常勤ピアノ講師への影響

    ...私の母は福祉系の私立大学でピアノの非常勤講師として20年以上働いています. 最近,2013年の労働契約法の改正により,2018年3月までで有期雇用者が雇い止めされて職を失う可能性があると話題ですが, 私の母の場合はどう処理されるでしょうか 厚生労働省の労働契約法について説明するページでは,「大学等...

    • 2017年08月25日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 2019年4月 労働基準法改正に伴う就業規則変更が労働契約法9,10条が守られているのか

    ...2019年4月に行われる労働基準法改正の年次有給休暇義務化で、私が勤めている会社の就業規則が変更され、この変更が労働契約法の9条、10条を守っていないのではないかと疑問に思い質問させて頂きました。 就業規則の変更前後を以下に記載します。 変更前 夏期休暇を7〜9月の間で3日間取得できる。 変...

    • 2019年02月22日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 試用期間での労働契約法について

    ...試用期間での労働契約法について 私はある老人施設で今年の1月1日から働いています。 入社後、対人関係でトラブルにあい【このトラブルに関して私の落ち度はありません】結果3か月の試用期間を更に3か月延長になりました。私も試用期間について労働基準法やネットで調べました。 ①試用期間であっても14日を超...

    • 2017年05月03日
    • 7回答 /
    • 4弁護士回答
  • 労働契約法違反になるのでは?慰謝料、損害賠償の請求は可能?

    ...とても困っていますので、相談お願い致します。 現在、人材派遣会社で勤めていますが、面接時の説明と異なり辛い状況になっています。 介護に特化した人材派遣会社なのですが、面接時に現場研修が必要と言われました。 現場研修の期間の定めが有り、それに納得して入社しましたが、続けていくうちに期間に定めが最初から...

    • 2016年12月08日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 労使契約と労働基準法の関係

    ...会社都合の休業に関して(営業車の故障等)、その月の売上に応じて、保証するかしないかが労使契約で決まっているとして、 それを1正社員が納得いかないとして会社に全額請求する場合、労使契約が優先され労働基準法に違反するとしても、請求権は無いんでしょうか? 有給を使うと賞与に影響する内容の労使契約もあり、...

    • 2015年05月02日
    • 4回答 /
    • 2弁護士回答
  • 労働基準法、バイト契約について

    ...現在バイトの掛け持ちを考えています。 そこでいくつか質問があります。 その前提条件として 母子家庭で、私は大学生、その他3人兄弟がいます。 大学費のためバイトを掛け持ちしないとやっていけなくなりました、 掛け持ちを考えているバイト先は飲食店で、 以前も別店舗で1年半務めていました。 そこをやめた理由...

    • 2014年04月25日
    • 2回答 /
    • 2弁護士回答
  • 改正労働法(有期契約労働者の無期転換ルール)について

    ...改正労働法につきご相談させて頂きます。 私はある公立大学のプログラム職員として2013年3月より2019年3月まで6年契約で雇用されております。 雇用形態・待遇は、地方公務員と同等の扱いです。 2013年に施行された有期契約労働者の無期転換ルールに従えば、5年を越える雇用契約にあてはまるため、20...

    • 2016年12月02日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 【解雇】労働基準法と雇用契約書の優先順位について

    ...解雇手当についての質問です。 労働基準法では、「解雇予告手当は30日分」と定められていますが 私の雇用契約書には「労使共に契約を解除する場合は3ヶ月前に通知すること」と明記されています。 先日、会社を普通解雇(予告はなく即日)されましたが、会社からは30日分の解雇予告手当が一方的に 入金されただけ...

    • 2014年12月18日
    • 4回答 /
    • 2弁護士回答
  • 労働基準法を下回る契約。私の考えは正しい?

    ...こんにちは、ご意見よろしくお願い致します 労働基準法を下回る契約を合意し契約した もちろん労基法違反とは知らなかった 内容は12時間労働日給9千円というもの(因みに最賃割り) 残業を計算するにあたり12時間以上を残業として捉えるか 8時間以上をそう捉えるのかは雲泥の差があります 最賃割れや拘束...

    • 2013年12月21日
    • 2回答 /
    • 1弁護士回答
  • 非正規雇用で1年更新、上限3年ですが、改正労働契約法をもって雇用先に権利を行使できますか?

    ...非正規雇用として1年更新、上限3年の契約で働いています。私は派遣ではなく個人でこの事業所と雇用契約を結んでいる現在2年目の事務職員です。 この事業所は、非正規雇用の事務員を3年ごとに変えています。 今回の労働契約改正により、反復更新5年以上働くと、無期労働契約に転換できると聞きました。私としては今...

    • 2015年09月02日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • リゾートバイト派遣会社の給与減額・半額の契約が労働基準法第24条に抵触していないか

    ...派遣会社に登録し、とあるホテルに派遣されています。 派遣会社との契約時、「契約期間内に辞めた場合、働いた分の給与は半額になる」という内容で契約を交わしたのですが、これは労働基準法第24条に抵触しておりませんでしょうか?...

    • 2017年09月25日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 労働契約法に関することで助言をお願いします、どうかよろしくお願いします

    ...労働契約法が平成19年12月5日公布、平成20年3月1日施行。とありますが会社が就業規則を平成18年度ぐらいに就業規則の変更をしていたみたいです、そこで退職金の部分で大幅に労働者にたいして不利益なるぐらいの変更でしたもともとの就業規則の内容での勤続年数18年にたいする退職金計算をすれば380万ほどで...

    • 2015年04月20日
    • 2回答 /
    • 1弁護士回答
  • 非正規雇用 継続 改正労働契約法

    ...準社員として2年11ヶ月を更新して2度目の契約が2月に満了となり再契約しようと思ったら昨年4月の改正労働契約法により会社の内規変更により6ヶ月開けないと再契約出来ないと言われました。担当者に「25年4月1日以降に交わした契約ではないので5年間に関係ないのではないか?6ヶ月とは上記の法律のクーリングの...

    • 2014年01月16日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 【改正労働契約法】雇い止めを回避する方法は?

    ...今の会社で契約社員として丸6年働いています。最近、労働法が↓のように改正されたことで、 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/keiyaku/kaisei/ 会社からは、有期雇用から無期雇用...

    • 2015年01月20日
    • 3回答 /
    • 2弁護士回答
  • 労働契約法20条は非正規雇用の突破口なのでしょうか。

    ...最近、非正規雇用と正規雇用の格差の問題が目立つようになりました。 私はこの関連で数度質問させていただきましたが、かつては年収600万円程度あり、疾病になり、しばらく社会復帰をめざしてアルバイトに精励してきました。 今では完璧な状態に回復し、社員と同じ仕事内容になりました。当然アルバイトで最低賃金...

    • 2014年09月05日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 労働契約書未提出。この経営者は労働基準法違反でないのですか?

    ...東京練馬区内で仕事をしていましたが社宅付きの会社でしたが人の入れ代わりが激しく、労働条件書も渡さず週1日の休み朝早く深夜2時に出勤夜は朝6時に終り又12時に出勤、そして夜21時に終了そして給料は12万です、家賃は無料です。あまりにも安く契約書も渡さないいい加減な経営者に頭にきたので 所轄の労基署に給...

    • 2011年07月12日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 労働契約法19条 「雇止め法理」で「契約更新の申し込み」 しましたら、契約更新可能でしょうか?

    ...追加質問申し訳ございません。 ご指導よろしくお願い申し上げます。 「いきなりの解雇通知・契約更新満了時期で終了です」と12月16日に支店長に言い渡されまして、失望の毎日です。契約期間は3月一杯で満了となっています、言い渡された12/16以降は出勤せず、期間満了までの給与は頂けることになってはいます...

    • 2017年01月08日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 契約内容とは違う派遣先の仕事に関して労働基準法26条の適用ができるか?

    ...派遣元との雇用契約内容と著しく異なる派遣先での業務であれば、そのことを理由にして、派遣元に対して派遣先の変更を申出て、派遣元が雇用契約内容にしたがった派遣先を紹介できなければ、雇用契約期間までは、平均賃金の6割の休業手当を請求することができる(労働基準法26条) 派遣であと1カ月契約期間を残...

    • 2018年09月20日
    • 3回答 /
    • 2弁護士回答
  • 労働者派遣法について質問です。政令26業種でないにも関わらす契約書上そうなっています。

    ...労働者派遣法について質問です。 政令26業種の業務内容でないにもかかわらず、無期限で働きたい為(派遣元、派遣先、労働者とも)に契約書上のみ26業種としていた場合、過去に遡って過料等に付される事はありますか? 既に3年を超えて働いています。(今回の派遣法改正で26業種がなくなりそうである事は理解し...

    • 2015年08月04日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 労働基準法に違反していることを理由として、契約社員を合意なく即日退職することが可能ですか?

    ...たとえば、残業代は払わないですとか、残業代は基本の時給と同じで割増にしないといった 労働基準法などの法律に反することを、 雇用契約書、口答(個人的に音声を録音する)、社内メール、社内チャット、などに書かれていた場合に、 それを理由として契約社員の期間満了を待たずに退職することはできるのでしょうか。 ...

    • 2017年09月28日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 会社から改正労働契約法を根拠に2018年3月で雇い止めすると言われました

    ...以前、会社から以下のような通知をもらいました。 ■有期雇用者の無期転換について H.25年4月から施行された法令として、有期契約が5年を超えると60歳までの無期労働契約に転換する必要があります。 しかし、現状当社としては雇用を60歳まで保障することはできない為、無期労働契約への転換は困難との結論で...

    • 2016年08月08日
    • 3回答 /
    • 1弁護士回答
  • 労働基準法第15条2項の条件で即座に契約を解除したい場合

    ...労働基準法第15条2項の条件で即座に契約を解除したい場合は どのような手続きをしたらよいですか? 退職届けに送付して送ればよいですか? ・休憩時間 ・出勤は10時からなのに9時40分にはきてPCの立ち上げをしないといけない(無給) この事柄が契約書と聞いてた内容と異なります。 ...

    • 2015年09月10日
    • 2回答 /
    • 2弁護士回答
  • 方針が変わったの一言で給料減額。労働契約法9条の適用を教えてください。

    ...労働契約法9条とは、どういう時に適応になるのでしょうか。 内定をもらった時に給料提示されました。(時間外が20時間で、という内容での金額でした。) (給料提示はメールで提示(労働条件通知書は時間外労働の事は記載されていません)) その金額ならと思い契約して今の職場で働き始めました。 2年経過した...

    • 2017年12月03日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 不公正な人事考課に対する労働契約法の公正評価義務に関する違法性につきまして

    ...自治体管轄の障害者福祉を担う団体に勤務して3年になります。 勤務した現在までの3年間、査定や人事考課に関する面談等は一度も なかったため、福祉の業界はそのようなものかと思っておりましたが、 先日、過去3年分の人事考課の結果書類を偶然に発見し 過去3年の6回の全ての査定がA-EランクのDとなっていたこ...

    • 2015年07月23日
    • 2回答 /
    • 1弁護士回答
  • 労働契約法15条の「社会通念上相当であると認められない」場合とはどんな時ですか?

    ...会社の就業規則が以下の通りとなっています。 (懲戒解雇) 下記の各号の一に該当する時は懲戒解雇に処する。但し、情状により諭旨退職、格下げ、出勤停止又は昇給停止減給に止めることがある。 一方、労働契約法15条は以下の通りとなっています。 (懲戒) 第十五条 使用者が労働者を懲戒することができる場...

    • 2017年02月08日
    • 2回答 /
    • 1弁護士回答
  • 契約期間中の雇止めに対して主張できる権利はありますか?(労働契約法第17条第1項)

    ...【労働問題:雇止め 未払い残業代】 こんにちは。 退職(雇止め)に関してのご相談です。 半年の契約期間満了前の雇止めを宣告されました。 私の立場としましては、契約延長は望んでおりません。 どのような、あるいは何かを請求できる権利はございますでしょうか。 例):残業代の支払い   :契約期間満了まで...

    • 2017年06月22日
    • 1回答 /
    • 1弁護士回答
  • 労働契約書について。これは労働基準法120で告訴出来ますか?

    ...今月始めから半月経っていますが今だに条件通知書が渡されてません。これは労働基準法120で告訴出来ますか?...

    • 2014年02月19日
    • 3回答 /
    • 1弁護士回答
6,458件見つかりました 1 - 50件目
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

条件を変えて検索する

関連するワード一覧

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

新しく相談する無料

労働の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  2. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  3. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  4. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  5. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...
  6. 私学教員の部活指導など、「明確な指示」なく...
  7. タイムカード打刻「15分単位」で切り捨て…薬...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士