相続順位

配偶者は常に相続人となります。それ以外の法定相続人には相続順位が定められており、第一順位は直系卑属(子や孫)、第二順位は直系尊属(父母や祖父母)、第三順位は兄弟姉妹です。

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

相続順位に関する法律相談

  • 遺産相続の相続分割について

    13年前に他界した遠縁の遺産相続で相続人が多いのと付き合いがなかったのですが私が相続人の1人である手紙が司法書士の方からきました。 他の相続人の中には私の兄もおり、 よくわからないか...

    2弁護士回答
  • 遺産相続と相続金の分割について

    遠縁の相続で13年前に他界した親戚の遺産相続権があると司法書士経由で連絡がありました。 相続順位3位のため法定相続分10分の1との事でした。 現在相続人が私含め6人いますが内3人は電話で...

    1弁護士回答
  • 遺産の範囲についてお伺いいたします。

    遺産範囲についておたずねいたします。 被相続人が管理していた被相続人の所得を原資とした相続人名義の普通貯金、定期貯金、一時払養老共済等(被相続人が管理していて、資金運用としてのみ...

    3弁護士回答
  • 自分の法定相続人を知りたい。義母、異母弟、別の異母兄(認知)

    遺言書の作成を検討しています。 遺産相続のトラブルを回避する為、相続人について教えてください。 1.自分が亡くなった場合の法定相続人はどのようになりますか? 2.義母や異母兄弟、...

    1弁護士回答
  • 過去の相続を持ち出されて、揉めています

    父と祖父の相続のことです。 亡くなった順番は父→祖父になるので、父の子供も祖父の相続人になっていました。 すでに30年以上前のことですが、二人の相続は終わっており、分割協議書も存...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す