遺言の効力

遺言書は種類によって形式が異なり、条件を満たしていないと効力が認められません。場合によっては一部または全部が無効になるケースもあります。ここでは遺言の効力について確認しましょう。

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

「遺言の効力」の法律ガイド

不倫相手に遺産を残す内容の遺言書は有効なのか

亡くなった家族が、不倫相手などに遺産を残すことを内容にした遺言書が発見された場合、遺言の通りに財産を渡したくないと考える相続人もいるでしょう...

自筆証書遺言が有効か無効かを確認する8つのポイント

自筆証書遺言はどのような場合に無効になるのでしょうか?自筆証書遺言は自宅で手軽に作れる反面、偽造できてしまうリスクがあることから、有効な遺言...

公正証書遺言が有効か無効かを確認する6つのポイント

公正証書遺言はどのような場合に無効になるのでしょうか?公正証書遺言は公証人という法律の専門家が作成するので、無効となる場合はあまり多くありま...

遺言書の内容に不満があるときにとれる手段l遺言の無効や遺留分の主張する方法

「自分の取り分が少なすぎる」など、遺言書が内容がおかしいと考えている場合、そもそも遺言書は無効であると主張することや、遺言は有効だったとして...

遺言書が見つかったときに確認すること l 遺言書が複数見つかった場合の対処法も解説

遺言書が発見された場合、遺言書の形式によってとるべき手続きが変わってきます。また、遺言書が複数発見されることもあり、その場合は、「どの遺言書...

遺言の効力に関する法律相談

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺言を扱う弁護士を探す