現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

遺留分の放棄

遺留分の放棄は生前も可能です。ただし口約束や書面の契約では成立せず、裁判所で手続きしなければならないので注意しましょう。ここでは遺留分の放棄に関する手続き方法や概要についてまとめています。

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

遺留分の放棄に関する法律相談

  • 祖母名義の不動産でトラブル

    【相談の背景】 私の実家などを巡り、伯父・叔母と揉めており、ご相談させて頂きたくメールしました。 実家で1人暮らしをしている祖母名義の不動産(新家や車庫など)や、平成9年に亡くなっ...

    1弁護士回答
  • 遺留分放棄の手続きを·事後に拒否されて困っています。

    相談の背景 父の死去で遺産分割協議を行いました。 相続人は母と兄である私、弟1人の計3名です。 以前から実家と疎遠であった弟は、この機会に実家と完全に絶縁したいと、将来母が亡くなった...

    1弁護士回答
  • 遺産分割協議が必要か

    遺言書に全財産を長男に相続させる。 と書かれた遺言書があります。 この場合、遺産分割協議に相続人全ての印鑑などが必要なのでしょうか。 相続人も長女が印鑑は押さないと言って 遺産は渡...

    1弁護士回答
  • 相続財産 遺言公正証書あり相続分なし 遺留分を放棄してある

    父の会社を姉夫婦が継いでいます。以前将来会社経営に支障があると困ると言うことで私と妹は遺留分を放棄させられました。今回父が死亡し遺言公正証書があり財産すべて姉側譲ることになって...

    3弁護士回答
  • 相続放棄を記した念書の法的拘束力について

    今年10月に父が亡くなりました。 遺族は母と長男である私と、弟の合計3名です。 遺言書は無く、亡父の遺産分割協議の際に、全員が法定相続割合で相続することに合意しました。 ...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)を扱う弁護士を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識