弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

相続手続き

相続で必要な戸籍謄本の種類と取得方法

遺言書の検認や遺産分割など相続手続きの初期段階から、相続分確定後の名義変更などの段階に至るまで、戸籍謄本が必要となります。対象者も被相続人や相続人、申立人など手続きによって異なります。相続手続きには戸籍の収集が必須です。ここでは相続手続きに必要となる戸籍謄本の種類と取得方法を確認しましょう。

目次

  1. 相続手続きには戸籍謄本が必須
  2. 戸籍謄本は4種類
  3. 戸籍謄本の取得方法

相続手続きには戸籍謄本が必須

遺言書の検認や遺産分割など相続手続きの初期段階から、相続分確定後の名義変更などの段階に至るまで、戸籍謄本が必要となります。対象者も被相続人や相続人、申立人など手続きによって異なります。相続手続きには戸籍の収集が必須といってよいでしょう。

戸籍謄本と戸籍抄本の違い

戸籍謄本と似ている戸籍抄本ですが、情報が全て載っているものなのか(謄本)、一部であるのか(抄本)によって異なります。戸籍は本籍地のある役所で取得する必要がありますが、相続手続きに必要なのは「謄本」なので注意しましょう。

なお、電子化されている戸籍謄本を、全部事項証明書といいます。内容としては同じものです。

戸籍謄本は4種類

全て本籍地のある市区町村役場で取得します。よく必要となる戸籍と対象者の組み合わせは以下のとおりです。

  • 被相続人の死亡がわかるもの(除籍謄本、改製原戸籍)
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 被相続人・相続人の住民票または戸籍の附票

続いて、それぞれの戸籍について確認しましょう。

戸籍謄本

戸籍に記載されている全員の身分関係についての証明書です。相続関係の証明や、死亡したことの証明に使われます。氏名や生年月日、出生や死亡だけではなく、婚姻や離婚、養子縁組や離縁など、身分変動を記録しています。

  • 必要な手続き例:遺言書の検認、相続放棄、遺産分割調停、相続登記……

除籍謄本

戸籍に記載されている人は、ときに結婚や死亡などの理由で戸籍から抜けます。最終的に戸籍に誰もいない状態になった場合、その戸籍は閉鎖されます。閉鎖された戸籍を「除籍」といい、その写しが除籍謄本です。主に、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本を提出する際に使用されます。

  • 必要な手続き例:相続放棄、遺産分割調停、相続登記、名義変更……

改製原戸籍

戸籍法の改正により、戸籍は何度も書き換えられています。書き換えられる前の戸籍のことを改製原戸籍といい、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本を提出する際に使用されます。

  • 必要な手続き例:相続放棄、遺産分割調停、相続登記、名義変更……

戸籍の附票

戸籍に記載されている人の住所履歴です。そこに本籍を置いている期間に関しては全ての住所の変遷が記載されているため、住民票よりも戸籍附票の方が古い住所まで証明可能です。住所の移動履歴を見る場合や、住民票の除票が発行不可になった際(除票となってから5年経過後)にも使用されます。

  • 必要な手続き例:相続放棄、遺産分割調停、相続登記……

戸籍謄本の取得方法

全ての本籍地のある市区町村役場で取得する必要がありますが、遠方の場合は郵送でも対応可能です。各市区町村役場のホームページなどを確認してみましょう。

役場で取得する際は身分証明書や印鑑を持参します。取得料金は1通につき、戸籍謄本が450円、除籍謄本と改製原戸籍が750円、戸籍の附票が300円です。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続分野を扱う弁護士を探す

相続手続きに関する法律相談

  • 遺産の受け渡しについて

    相続相続手続き

    父が亡くなり、相続手続きをを進めているところです。 公正証書遺言があり、遺言執行者は私になっています。 遺言書の内容は、孫(亡くなった兄の子)に〇〇万円、それ以外を私に相続させると...

    3弁護士回答
  • 名誉棄損など法的手続き

    相続相続手続き

    父がなくなったこと葬儀の連絡がなく葬儀に参列も出来ませんでした❗法的手続きはとれますか?

    2弁護士回答
  • 氏の変更は可能なのか?

    相続相続手続き

    主人とは年とってからの結婚で今結婚10年になります。私には前夫との間に子供がふたりいて二人とも独立してからの結婚だったので私が主人の姓を名乗り子供達は養子などにはなっていないので...

    1弁護士回答
  • 相続手続きの弁護士費用

    相続相続手続き

    預金1000万円、不動産1件(価値の無いもの)、相続人3名、 相続人同士の関係は良好で全く揉めない案件です。 以前は費用が決まっていたと思いますが、現在は各弁護士の判断になっているとの...

    7弁護士回答
  • 兄弟間で相続の話し合いが無くて、長男だけが相続可能か?の真偽

    相続相続手続き

    何十年も経過した祖父母の相続について 1・祖父母には土地建物及び多くの資産あり、祖父母の子供は5人兄弟。長男夫婦が祖父母と同居していた。 2・祖父母が亡くなった後に一切、次男である...

    8弁護士回答

法律相談を検索する

相続手続きの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  2. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  3. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  4. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  5. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...
  6. プリンスさん遺産に親族?700人が名乗り…もし...
  7. 「勝手に処分」「見積もりより高い」遺品整理...