契約の解除・取消

契約は、法律で定められた条件を満たしていれば、途中で解除することができます。例えば、電話での勧誘販売や訪問販売で契約をした場合は、クーリングオフができる可能性があります。しかし、自らの意思で店頭へ出向いて契約した商品・サービスを消費者が一方的に解約したい場合、違約金を請求される可能性があります。違約金については契約時に説明がなかったり、説明はあったが話が違ったり、といったトラブルが起きやすいです。解約についての知識を蓄え、トラブルに対処しましょう。

契約の解除・取消に関する法律相談

  • スマートフォンを中古販売業者で購入後、正規品でないことが判明、その後故障。返却要求できますか。

    2019年、5月に、 スマートフォンをあるサイトで購入しました。  このサイトはフリマアプリに似たサイトで、個人間または個人と販売店(業者)の売買仲介サイトです。 そこで、「ほぼ新品、...

    1弁護士回答
  • スーパーで買った商品の返品対応

    スーパーで魚を購入しましたが アニサキスが混入していて、気持ち悪くて 食べれなかった場合は、通常返品などの対応は可能でしょうか?

    1弁護士回答
  • 太陽光発電ソーラーパネル撤去問題

    太陽光発電についての質問です、購入ではなくパネルの設置で電気代金の売り上げはその事業者が受け取り 当方は場所代とでもいうのでしょうか年間4万ほどのパネル設置代金だけ頂いてます。 ...

    1弁護士回答
  • 契約書の有効性について

    こんにちわ、契約書についての質問です。 必要な手続きなのでとロクな説明もなしに書類への署名と捺印をさせられたのですが、後日やはり不審に思い破棄をお願いいたしましたところ、「手続...

    1弁護士回答
  • ダイエットサプリの契約で困っています

    知人がダイエットサプリを購入し、初回540円で1ヶ月だけ試そうと思ったそうですが 2ヶ月目以降は高くなり、最低4ヶ月利用しないといけないそうで、 これってすぐに契約解除できますか? 契...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害を扱う弁護士を探す

契約の解除・取消の解決策を探す