消費者被害

私たちは日々消費者として、買う・売る・申し込むなどの契約を結びながら生活をしています。
一度結んでしまった契約でも、法律で決められた条件を満たせば解除や取り消しが可能です。例えば、クーリングオフ制度を利用すると、取引した際の状況や契約した商品の種類によりますが、決められた期間内であれば契約を解除できます。また、悪徳商法や詐欺などで騙されて結んだ契約は、迅速な対策を取ることが重要です。売り手が消費者が不利になるような違約金や解約金を設定することも違法です。不当に高額な請求をされた場合は注意が必要です。
消費者被害への対処法や弁護士に依頼すべきタイミングの正しい知識を身につけましょう。

消費者被害に関する法律相談

  • 免許証コピー 悪用されるか?

    友人に頼まれて免許証のコピーを渡したのですが、後から考えると自分名義でカードなど作れてしまうのでは?と思い不安になっています。 免許証のコピーで考えられる悪用はどういうものがあ...

    1弁護士回答
  • 市奨学金への未成年者契約の取り消し適用の可否

    奨学金の件で相談させた頂きます。 奨学金にもいろいろ種類がありますが、 "市で受けられる奨学金"に、未成年者契約の取り消し、は、適用できますでしょうか。

    1弁護士回答
  • 学童保育の入会金および未通所期間の月額料金の返還について

    次年度4月からの学童保育に申し込み、入会金および4月5月の2ヶ月分の月額料金を支払いました。 規約には上記を納めなければ入会自体が成立しないこと、また、返還はしないことが記載されてい...

    1弁護士回答
  • 大家の立ち入り権について

    アパートを出ることになり、大家との部屋の立ち合いを行ったのですが、そこで、自分が留守の時に修理費用を見積もりために業者を部屋に入れたと大家から言われました。 そこで質問です。 1...

    1弁護士回答
  • 相手の弁護士との直接的なやりとりについて

    慰謝料請求で金額はまとまりましたが、同棲元に残っている自分の荷物を引き取りに行き、全て引き取られている事が確認できた場合に、相手の弁護士が慰謝料をこちらの弁護士に支払うと言って...

    4弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害を扱う弁護士を探す