現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
  1. 弁護士ドットコム
  2. 消費者被害

消費者被害

私たちは日々消費者として、買う・売る・申し込むなどの契約を結びながら生活をしています。
一度結んでしまった契約でも、法律で決められた条件を満たせば解除や取り消しが可能です。例えば、クーリングオフ制度を利用すると、取引した際の状況や契約した商品の種類によりますが、決められた期間内であれば契約を解除できます。また、悪徳商法や詐欺などで騙されて結んだ契約は、迅速な対策を取ることが重要です。売り手が消費者が不利になるような違約金や解約金を設定することも違法です。不当に高額な請求をされた場合は注意が必要です。
消費者被害への対処法や弁護士に依頼すべきタイミングの正しい知識を身につけましょう。

消費者被害に関する法律相談

  • 退会したはずの婚活サイトからお金を取られてしまっていた

    【相談の背景】 昔婚活サイトを利用しており、月額費用をカード払いにしていました。 最近カードの詳細から昔退会し手続きをしたはずの婚活サイトからまだ月額が引かれていた事が判明しま...

    1弁護士回答
  • チケット取引キャンセル

    【相談の背景】 チケットの取引キャンセルについてです。 私は売り手でチケット売買フリマアプリを通して1度取引しましたが、アプリ通しは不安だったので、Twitter・LINEでのやり取りに変...

    2弁護士回答
  • 盗品の転売で、一部の盗品商品の証拠がない場合

    【相談の背景】 会社の品物を盗み転売していた社員がいました。 本人からネットオークションで転売したと申告がありましたが金額が合いません。 その社員のネットオークション販売履歴...

    1弁護士回答
  • 未成年のタバコ所持について

    【相談の背景】 19歳のタバコの所持について。19歳がタバコの所持のみで、警察等による職質ないし補導(補導は18歳までと聞いたことはありますが…)を受けた際に、現行法でのなんらかの罪に問...

    4弁護士回答
  • 自己破産で暗号資産は没収されますか?

    【相談の背景】 借金が返せなくなり自己破産を考えています。基本的には資産は全て没収されると認識していますが、2022年8月6日のニュースで「暗号資産について現行法では没収できない」と...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害を扱う弁護士を探す