中途解約・違約金

契約を中途解約するためには、法律で定められた条件を満たす必要があります。例えば、契約した際の販売方法が電話での勧誘販売や訪問販売の場合はクーリングオフができる可能性があります。クーリングオフができれば、解約を行うことができます。しかし、自らの意思で店頭へ出向いて契約した商品・サービスを消費者が一方的に解約したい場合、違約金を請求される可能性があります。違約金については契約時に説明がなかったり、説明はあったが、その時と話が違ったり、といったトラブルが起きやすいです。どのようなケースで解約ができるのかを知り、トラブルに対処しましょう。

中途解約・違約金に関する法律相談

  • 宿泊施設でのトラブル

    【相談の背景】 よろしくお願い申し上げます。 民泊を運営してます。 20泊の予約のお客様より ・部屋が汚い ・潰れているタオル掛けで背中を怪我したので治療費1万払って欲しい ・...

    1弁護士回答
  • メンズエステのキャンセルに関するご相談

    【相談の背景】 メンズエステを予約しましたが、予約時間の勘違いにより無断キャンセルしてしまいました(お恥ずかしい話です)。その後、業者から何度も電話が掛かってきましたが、怖くな...

    2弁護士回答
  • 中古車のキャンセルについて

    【相談の背景】 8月14日に中古車を確認し契約のサインをして手付金30万の内1万円を支払いました。 しかし別の状態の良い中古車が出てきてキャンセルをしたいと思うのですがキャンセルは可...

    2弁護士回答
  • セミナー代金キャンセル料について

    【相談の背景】 一年前に自己啓発セミナーの体験を受けました。 そこで90万ぐらいするセミナー受けるように勧誘を受けその時は断れずにサインをしてしまいました。 当日電話でキャンセル...

    2弁護士回答
  • 宿泊施設側からは事前に説明のなかった宿泊キャンセル料について

    【相談の背景】 1ヶ月ほど前に個人経営の宿泊施設を電話で予約しました。その際にキャンセル料の説明は一切なく、こちらの名前と電話番号を伝えたのみで予約が成立し、当日現金払いとのこと...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害を扱う弁護士を探す