中途解約・違約金

契約を中途解約するためには、法律で定められた条件を満たす必要があります。例えば、契約した際の販売方法が電話での勧誘販売や訪問販売の場合はクーリングオフができる可能性があります。クーリングオフができれば、解約を行うことができます。しかし、自らの意思で店頭へ出向いて契約した商品・サービスを消費者が一方的に解約したい場合、違約金を請求される可能性があります。違約金については契約時に説明がなかったり、説明はあったが、その時と話が違ったり、といったトラブルが起きやすいです。どのようなケースで解約ができるのかを知り、トラブルに対処しましょう。

中途解約・違約金に関する法律相談

  • 事業者からの一方的なキャンセル

    あるサービス業と契約し、日時を予約 前払いだったので、代金を振込み 入金確認のメールが届く 予約日6日前、業者からメールが届く 「臨時スタッフAより、キャンセルすると伺いまして、キャ...

    1弁護士回答
  • 定期購入のキャンセル料請求について

    ネット通販で2年前に定期購入で商品を購入しましたが、効果が得られなかった為契約を解約しようと電話しましたが繋がらず、そのまま次の商品が送られて来てしまい受け取り拒否をしました。そ...

    1弁護士回答
  • 企業との契約。契約後に不安になってきて解約したくなりました。

    とある会社と個人で契約を結びました。その契約内容はアフィリエイトのコンサルティングをしてもらう代わりに僕が20万円払うというものです。 契約をした時は直接人と会い、勢いに押されて契...

    1弁護士回答
  • エステ店で勝手にクレジットカードを作られていました。

    3月にエステ店で数十万円の契約を締結したのですが、クレジット払いの審査が通りませんでした。 後日、解約には2万円必要で、別のクレジット会社なら審査が通るからそっちに切り替えましょ...

    2弁護士回答
  • キャンセル料について

    家族で国内ツアーをお願いしましたが、家庭の事情でキャンセルをしなくてはならなくなりました。いま予定日65日前でキャンセル料15000円を請求されていて、認識していませんでしたが、契約書...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害を扱う弁護士を探す