現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

中途解約・違約金

契約を中途解約するためには、法律で定められた条件を満たす必要があります。例えば、契約した際の販売方法が電話での勧誘販売や訪問販売の場合はクーリングオフができる可能性があります。クーリングオフができれば、解約を行うことができます。しかし、自らの意思で店頭へ出向いて契約した商品・サービスを消費者が一方的に解約したい場合、違約金を請求される可能性があります。違約金については契約時に説明がなかったり、説明はあったが、その時と話が違ったり、といったトラブルが起きやすいです。どのようなケースで解約ができるのかを知り、トラブルに対処しましょう。

中途解約・違約金に関する法律相談

  • キャンセル料が妥当かどうか知りたい。

    【相談の背景】 いつも依頼しているベビーシッター(個人事業主)が、以下のとおり規約を改正しました。 1.キャンセル料は、依頼締結後は如何なる場合も100%頂戴いたします。 2.依頼締...

    1弁護士回答
  • キャンセル料金について質問

    【相談の背景】 キャンセル料金について質問です。 公開講座の予約しキャンセルをしたいのですが、 「キャンセル料金は料金支払い後はできません」という表記を目にしました 【質問1】...

    2弁護士回答
  • ネイルサロンのキャンセル料未払いについて

    【相談の背景】 ネイルサロンを経営している者です。 最近無断キャンセルや当日キャンセルをしたにも関わらずキャンセル料を支払って頂けない、連絡を無視するお客様が増えて大変困ってお...

    1弁護士回答
  • 探偵との契約書の問題です

    【相談の背景】 探偵と浮気調査を契約しました。 調査前はキャンセル料10%で調査開始後は全額と言われました。 もう調査が開始されてる為、契約書通りキャンセルしても料金は返ってこな...

    2弁護士回答
  • セミナーのキャンセル料について

    【相談の背景】 セミナーの申し込みをしました。 申し込み時にメールにてキャンセルの方針というものがあり一度参加が確定した場合、キャンセルした場合はどんな理由であれ100パーセントキ...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害を扱う弁護士を探す