弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

中途解約・違約金

契約を中途解約するためには、法律で定められた条件を満たす必要があります。例えば、契約した際の販売方法が電話での勧誘販売や訪問販売の場合はクーリングオフができる可能性があります。クーリングオフができれば、解約を行うことができます。しかし、自らの意思で店頭へ出向いて契約した商品・サービスを消費者が一方的に解約したい場合、違約金を請求される可能性があります。違約金については契約時に説明がなかったり、説明はあったが、その時と話が違ったり、といったトラブルが起きやすいです。どのようなケースで解約ができるのかを知り、トラブルに対処しましょう。

中途解約・違約金に関する法律相談

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

消費者被害のニュース

  1. ウガンダ「SNS税」に不満の声「大統領にも政...
  2. GLAY楽曲「無償提供」の誤解…結局、JASRACか...
  3. ヤフオク「転売目的」で入手したチケットの出...
  4. 部活のパワハラで学校や顧問に賠償命令…被害...
  5. 無線LAN「ただ乗り」無罪判決→総務省「違法の...
  6. 「白ナンバー」無許可霊柩車の業者書類送検…...
  7. 結婚相談所「必ずいい相手を紹介する」、解約...