弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

悪徳商法

悪徳商法とは、業者が消費者から違法、または不当な方法で利益を得る取引のことです。悪質商法とも呼ばれます。その方法は様々ですが、例えば、消費者に検討させる時間を与えなかったり、脅したり騙したりして契約させるようなものが多いです。訪問販売や電話での勧誘販売、架空請求などがそれにあたります。トラブルになってしまった場合は、まずは、クーリングオフを検討しましょう。ここでは悪徳商法のトラブル対処法をご紹介します。

悪徳商法に関する法律相談

1 2 3 4 5 ... 30

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

悪徳商法に関する解決事例

福村 武雄

福村 武雄弁護士

投資ファンド詐欺業者から2100万円を回収

相談者は、架空の会社を名乗る者から「ファンドに出資すれば、以前損した投資の損金を補填する。」と言われて、業者の言われるままに、実態の無いファンドに3000万円の出資をさせられていた。受任後、発見したファンドの口座を凍結要請し、その口座を足がかりに残金の残っていた口座を発見。ただちに仮差押えの手続きを行った上で、提...

御子柴 慎

御子柴 慎弁護士

詐欺被害・消費者被害

劇場型詐欺の事案で、被害回復が実現したものもいくつかある。相手方の関係者として名前のあがっていた全ての会社、役員等に対し、一斉に内容証明郵便を送ったところ、関係者として名前の挙がっていた会社から、何らかの回答がきて事案の解明に役立ったり、関係者の中心的な立場のものに圧力がかかったためか、相手方より返金の連絡を...

桑原 義浩

桑原 義浩弁護士

先物取引被害で2000万円を超える損害

先物取引被害で,2000万円を超えるお金を失ってしまった事案でした。顧客とは反対の建玉をする向かい玉をしていた業者が,そのことを顧客に説明していなかったため,説明義務違反が認められ,高等裁判所で逆転勝訴しました。先物取引被害は,巧妙に書面が整えられ,詐欺的な取引であることの立証に困難が伴うことが多いのですが,...

悪徳商法の中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

消費者被害の弁護士相談ガイド

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

消費者被害のニュース

  1. ウガンダ「SNS税」に不満の声「大統領にも政...
  2. GLAY楽曲「無償提供」の誤解…結局、JASRACか...
  3. ヤフオク「転売目的」で入手したチケットの出...
  4. 部活のパワハラで学校や顧問に賠償命令…被害...
  5. 無線LAN「ただ乗り」無罪判決→総務省「違法の...
  6. 「白ナンバー」無許可霊柩車の業者書類送検…...
  7. 結婚相談所「必ずいい相手を紹介する」、解約...