弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

悪徳商法

悪徳商法とは、業者が消費者から違法、または不当な方法で利益を得る取引のことです。悪質商法とも呼ばれます。その方法は様々ですが、例えば、消費者に検討させる時間を与えなかったり、脅したり騙したりして契約させるようなものが多いです。訪問販売や電話での勧誘販売、架空請求などがそれにあたります。トラブルになってしまった場合は、まずは、クーリングオフを検討しましょう。ここでは悪徳商法のトラブル対処法をご紹介します。

悪徳商法に関する法律相談

1 2 3 4 5 ... 30

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

悪徳商法に関する解決事例

桑原 義浩

桑原 義浩弁護士

先物取引被害で2000万円を超える損害

先物取引被害で,2000万円を超えるお金を失ってしまった事案でした。顧客とは反対の建玉をする向かい玉をしていた業者が,そのことを顧客に説明していなかったため,説明義務違反が認められ,高等裁判所で逆転勝訴しました。先物取引被害は,巧妙に書面が整えられ,詐欺的な取引であることの立証に困難が伴うことが多いのですが,...

若狹 美道

若狹 美道弁護士

裁判官より「少なくとも4割程度の過失はあるのではないか。」と言われた「詐欺被害」を実損の9割強の金額を受け取る形で和解に。

30代男性が当時の大手商品先物取引業者の「必ず儲かります。」などの勧誘を受けて、約1500万円の被害に遭った事案がありました。訴訟提起し、第一審のさいたま地裁で、過失相殺なしの全額認容判決をとることができました。 その後、東京高裁に控訴され、実損の9割強の金額を受け取る形で和解となりました。第一審では、裁判官...

田上 裕輝

田上 裕輝弁護士

「CO₂排出権」への投資で返金された例

依頼者様は、とある会社から勧誘を受け、CO2排出権というものに約200万円を投資したものの、やめたいのにやめさせてくれず、返金を受けられないなどとして、相談にこられました。弁護士名で会社に返金を要求する文書を送付したところ、現在の残額であるとして、わずかな額のみが返金されました。納得がいかなかったため、訴訟をおこし...

悪徳商法の中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

消費者被害の弁護士相談ガイド

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

消費者被害のニュース

  1. 部活のパワハラで学校や顧問に賠償命令…被害...
  2. 無線LAN「ただ乗り」無罪判決→総務省「違法の...
  3. 「白ナンバー」無許可霊柩車の業者書類送検…...
  4. 結婚相談所「必ずいい相手を紹介する」、解約...
  5. 墓地を求め、漂流する遺骨…独身中高年「明日...
  6. 認知症の親が通販で買った「不用品」の山、「...
  7. 災害弔慰金の不支給「理由を書面で示して」日...