判断能力

高齢者や未成年、精神上の障害により充分な判断能力を持たない人が結んだ契約を解除したいというケースは多いです。そのような契約を無効にするためには契約時に「意思能力」がなかったことを証明しなければなりません。意思能力とは、自分の行いがもたらす結果を理解したうえで、正しく意思決定する能力のことです。ここでは、契約時の意思能力の有無がキーとなる契約の解除に関するトラブル対処法をご紹介します。

判断能力に関する法律相談

  • 任意後見の開始について

    任意後見について 母親について、あらかじめ公正証書による任意後見契約を検討しています。 財産管理契約と任意後見制契約とのセットで行うことを考えています。 当分は財産管理契約で私...

    2弁護士回答
  • 成年被後見人の贈与受け取り契約

    成年被後見人は第三者との間で建物の贈与を受ける契約をした場合には、成年後見人は当該法律行為を取り消すことができない。 これは合っていますか?間違っていますか? 争点は単に権利を得...

    1弁護士回答
  • 公序良俗に反する契約について。

    伺います。 慰謝料を貰える様な事件があり、相手に支払い能力があるので1千万で和解になりそうです。 一般的な相場、妥当な金額は高くても300万位の事件ですが、相手が支払い能力が有り、払...

    1弁護士回答
  • タバコの未成年と思われるものへの販売について

    タバコの未成年と思われるものへの販売について。 スーパーで働いているのですが、今日、未成年と思われる方がタバコを買いにきたので、年齢確認をしました。 それで、保険証を提示してもら...

    2弁護士回答
  • 法人代表が高齢の場合、法人間契約の違法性について

    法人営業をやっている者です。 特定商取引法、訪問販売法などは個人に対して適用だと認識しておりますが法人代表が高齢の場合、法人間契約においても違法行為なのでしょうか? 先日、当社の...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害を扱う弁護士を探す