判断能力

高齢者や未成年、精神上の障害により充分な判断能力を持たない人が結んだ契約を解除したいというケースは多いです。そのような契約を無効にするためには契約時に「意思能力」がなかったことを証明しなければなりません。意思能力とは、自分の行いがもたらす結果を理解したうえで、正しく意思決定する能力のことです。ここでは、契約時の意思能力の有無がキーとなる契約の解除に関するトラブル対処法をご紹介します。

判断能力に関する法律相談

  • 未成年当時に親が勝手に私の名義で結んだ契約は無効にできますか?

    【相談の背景】 未成年当時に、親が勝手に私の名義で家族分の携帯電話を契約していたことが発覚しました。未払いは数十万円あります。 強制解約から5年以上経っているので、時効の援用をし...

    2弁護士回答
  • 地下アイドルの契約書について

    【相談の背景】 地下アイドルの契約書に本人(未成年)、親ともサインをしたのですが、日付が記載されておらず、事務所に確認した所デビュー日が契約開始日だと言われました。色々不安な事...

    3弁護士回答
  • もしも義姉に訴えられたら、どうしたらいいですか?

    【相談の背景】 何度か同じ様な相談をさせていただいております。 お答え頂きありがとうございます。 旦那が亡くなり、小6の一人息子を育てて行くにあたり、認知症で特養に生活保護受給...

    1弁護士回答
  • 未成年のタバコ所持について

    【相談の背景】 19歳のタバコの所持について。19歳がタバコの所持のみで、警察等による職質ないし補導(補導は18歳までと聞いたことはありますが…)を受けた際に、現行法でのなんらかの罪に問...

    4弁護士回答
  • ライブのチケットの身分証不足による入場拒否について

    【相談の背景】 リセールに出されたライブのチケットを購入したので当日会場に向かいましたが、2名分のチケットのうち1名分の身分証が足りず入場を拒否されました。 チケット購入に際し...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害を扱う弁護士を探す