現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

判断能力

高齢者や未成年、精神上の障害により充分な判断能力を持たない人が結んだ契約を解除したいというケースは多いです。そのような契約を無効にするためには契約時に「意思能力」がなかったことを証明しなければなりません。意思能力とは、自分の行いがもたらす結果を理解したうえで、正しく意思決定する能力のことです。ここでは、契約時の意思能力の有無がキーとなる契約の解除に関するトラブル対処法をご紹介します。

判断能力に関する法律相談

  • 未成年の整骨院 回数券契約

    【相談の背景】 2日前に娘が整骨院にて2回通いましたが 回数券が安いとのことで役11万の32回契約を親(カミさん)のクレジットカードにて契約してしまった。 カミさんと娘は前日に3ケ月のフ...

    2弁護士回答
  • うつ病の人が成りすました契約書

    【相談の背景】 10年前の契約書を本人になりすまして精神疾患者の身内が書いていました。精神疾患の病名はうつ病で今で症状が続いて働けない状況で精神福祉障害者手帳を持っているそうです...

    1弁護士回答
  • 未成年者への酒類の販売について

    【相談の背景】 私はスーパーで働いています。 先日、未成年と思われるお客様が来店し、レジへビールや缶チューハイなどアルコール類の販売を求めてきました。 年齢確認を求めたところ...

    1弁護士回答
  • ウェブサイト広告会社との契約を口頭で解除する場合

    【相談の背景】 あるウェブサイト広告会社との契約解除の申請期間が今月の末までです。8月までは契約がありますが、その契約を解除するには今月中に申請が必要になり、期間を過ぎると自動更...

    1弁護士回答
  • NPO法人から譲渡をうけ、約1年飼っている家族同然の猫を不当にNPO法人に連れていかれ返還して欲しい

    【相談の背景】 知人が困っており、相談します。 猫をすでに一匹飼っている猫好きの知人が、保護猫の譲渡を受けて新手に猫を飼いました。 子猫のから1年弱の間、健康診断や予防接種、体...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害を扱う弁護士を探す