不当な勧誘・押し売り

消費者が商品やサービスを購入・契約する際に、業者が十分な検討時間を与えなかったり、嘘をついたり、契約を断れないような状況に消費者を追い込んでいた場合、その契約は取り消すことができる可能性があります。例えば、訪問販売、電話での勧誘販売、キャッチセールスといった販売方法や、恋愛詐欺、霊感商法などの悪徳商法がそれにあたります。そのような状況下での契約を解除したい場合は、まずはクーリングオフを検討しましょう。ここでは、不当な勧誘や押し売りによって契約してしまった場合の対処法をご紹介します。

不当な勧誘・押し売りに関する法律相談

  • 高齢の親が悪徳な訪問販売を契約させられました

    父親が エコキュート(電気温水器)のメンテナンスの訪問販売で10年間契約のメンテナンスを契約させられてしまいました。毎月支払いが必要で、すでに3回支払ってます。振り込みカードを作らさ...

    3弁護士回答
  • 有印私文書偽造罪に該当するのか?

    賃貸契約を行うため、私と婚約者2名で仲介業者に訪問。 賃貸契約時、仲介業者より印鑑持参の旨を伝えられておらず。 私は実印を念の為、持参していました。 婚約者はもちろん持参しておらず...

    1弁護士回答
  • 消費者金融から融資勧誘電話

    消費者金融からの融資電話。 夕方消費者金融の会社名を名乗る女性から電話がありました。 全く身に覚えがありません。 内容は「融資の勧誘」でした。 消費者金融は一度も利用した事はないの...

    2弁護士回答
  • メール送信後の契約キャンセルはできないのでしょうか。

    本日、電話営業からメールのみでやり取りをしました。月々〇〇円と説明を受け、話していたときは良いなと思っていたのですが、今料金等の関係でやっぱりやめたいとおもっています。 メールで...

    1弁護士回答
  • 訪問販売で契約したクーポンサイトのクーリングオフについて

    以下の条件で、クールングオフはできますか? ・8/10訪問販売でクーポンサイトの3年契約をしました。 その際に不審に感じた点があり、2日前からの業者とのやりとりにさらに不信感が増し、...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害を扱う弁護士を探す