1. 弁護士ドットコム
  2. 消費者被害
  3. 悪徳商法
  4. 不当な勧誘・押し売り

不当な勧誘・押し売り

消費者が商品やサービスを購入・契約する際に、業者が十分な検討時間を与えなかったり、嘘をついたり、契約を断れないような状況に消費者を追い込んでいた場合、その契約は取り消すことができる可能性があります。例えば、訪問販売、電話での勧誘販売、キャッチセールスといった販売方法や、恋愛詐欺、霊感商法などの悪徳商法がそれにあたります。そのような状況下での契約を解除したい場合は、まずはクーリングオフを検討しましょう。ここでは、不当な勧誘や押し売りによって契約してしまった場合の対処法をご紹介します。

不当な勧誘・押し売りに関する法律相談

  • 訪問販売でエコキュート購入=経済的に安くなる

    【相談の背景】 訪問販売でエコキュートを契約しました 営業マンは 経済的に安くなります!みたいな事を言った そして、経済的にお金は安くならず高くなりました 騙されたが、嘘を言っ...

    1弁護士回答
  • 宗教団体の会員の行動について

    【相談の背景】 宗教団体のしつこい自宅訪問に迷惑しています。20年位前元夫の父親からしつこい勧誘を受け自分は入りたくなかったが入会してしまいました。今は名前こそ団体に籍はあるのみ...

    2弁護士回答
  • パパ活での相談です。

    【相談の背景】 パパ活で出会った男性(肉体関係あり) お金に困っていたので 少し嘘をついて100万程お金を借りました。 しかし詐欺だと言うので 返済意志はあるので借用書もきちんと書き...

    3弁護士回答
  • キャバ嬢を訴えることについて

    【相談の背景】 キャバクラにはまり破産寸前です。キャバ嬢を訴えられますか? 会社に勤めていましたがとある大手キャバグループの嬢に恋をしてしまい 仕事が忙しいから行けないと言って...

    1弁護士回答
  • 他人宛ての霊感商法の葉書

    【相談の背景】 他人宛の葉書が誤って転送されて届きました。内容が霊感商法のものでした。 【質問1】 消費者センターに通報した方がよいですか?

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害を扱う弁護士を探す