訪問販売・訪問買取

一般的に訪問販売とは、販売業者が自宅へやってきて商品を販売することを指します。特定の店舗を持たないキャッチセールスやアポイントメントセールスも、訪問販売に含まれます。反対に、自宅へ来て商品を買い取っていく手法を訪問買取といいます。そういった状況下では、消費者は十分に検討することなく購入・契約を決めてしまいがちです。このようなケースでトラブルになってしまった場合には、まずはクーリングオフを検討しましょう。ここでは訪問販売・訪問買取のトラブル対処法をご紹介します。

訪問販売・訪問買取に関する法律相談

  • 高齢の親が悪徳な訪問販売を契約させられました

    父親が エコキュート(電気温水器)のメンテナンスの訪問販売で10年間契約のメンテナンスを契約させられてしまいました。毎月支払いが必要で、すでに3回支払ってます。振り込みカードを作らさ...

    3弁護士回答
  • 有印私文書偽造罪に該当するのか?

    賃貸契約を行うため、私と婚約者2名で仲介業者に訪問。 賃貸契約時、仲介業者より印鑑持参の旨を伝えられておらず。 私は実印を念の為、持参していました。 婚約者はもちろん持参しておらず...

    1弁護士回答
  • 地震保険の請求について

    地震保険の手続きの代行をしている財団法人の人が先ほど来ました。一度、外壁等の周りを調査させてほしいとのことで費用はかからないとのことでした。保険請求が成功した時のみ成功報酬で30...

    2弁護士回答
  • 訪問員の虚偽情報により、必要のない物を購入してしまった。

    訪問員による間違った情報で、必要のない分波機を買ってしまいました。 2週間程前に引っ越しをして、引っ越し先に訪問員が来たのですが、引っ越し先は共同アンテナであり分波機を使ったら地...

    1弁護士回答
  • 訪問販売防止で、ドア到達前にブロックする効力

    訪問販売などを防ぐ方法として、 角部屋に住んでいる利点を生かし、共有廊下に、例えばロープや簡易ゲート、またはそれに変わるものなどを置いて、この先は、管理人以外許可なき者は進入禁...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害を扱う弁護士を探す