虚偽・誇大な広告

消費者に誤った認識をさせるような情報を表示して商品やサービスを販売するのは禁止されています。このような不当な表示を信じて契約してしまった場合、契約を解除したり、取り消したりできる可能性があります。このようなトラブルにあってしまった場合、どのような認識で契約に至ったかが、トラブル解決において重要です。ここでは虚偽や誇大な広告に関するトラブル対処法をご紹介します。

虚偽・誇大な広告に関する法律相談

  • 民事裁判中の訴訟相手の収監

    親族が民事裁判で争っているのですが、相手方が全く別の刑事事件により収監されることになったとのことです。民事の裁判はまだ相当に時間が掛かる(現在、一審であるが、控訴も考えているた...

    2弁護士回答
  • 占い師さんの責任について。信用してしまったのは私の責任なのでしょうか?

    お世話になります。よろしくお願いします。 ある有名な占い師さんのイベントに行きました。 テレビでも活躍されている有名な方です。 その方は、御自身でオリジナルの占いをされており、人...

    1弁護士回答
  • デリヘル 写真と別人詐欺 代金取り返せますか?

    昨日デリヘルを利用しました。風俗サイトでランキング1位の女性を電話で指名しました。実際会ってみると全くの別人で、26歳と書かれていた女性はどう見ても40〜50代でした。さらに写真は日本...

    3弁護士回答
  • 成果報酬型の弁護士費用のトラブルについて

    慰謝料の請求について、成功報酬型をうたう弁護士に依頼しました。経済的利益の範囲内、つまり回収した慰謝料の範囲内で弁護士報酬が決まると電話で何度も確認をとり契約をしました。それが...

    1弁護士回答
  • 携帯証拠写真の日付証明と信憑性について。

    仕事でお客さんからの品物を預かり、依頼を完了後 傷があると言われ、法外な額を請求されています。 支払わなければ裁判にするとも言われています。 こちらはスマートフォンで品物の状態を仕...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害を扱う弁護士を探す