送りつけ商法

送りつけ商法とは、消費者が注文していないにもかかわらず、勝手に商品を送り付けて契約させようとしたり、代金を請求したりする悪徳商法のことです。押しつけ販売、ネガティブオプションとも呼ばれています。特にカニなど、魚介類を送り付けてくるトラブルが有名です。注文していない商品であれば、原則として代金を支払う必要はありません。ここでは送り付け商法のトラブル対処法をご紹介します。

送りつけ商法に関する法律相談

  • 送り付け詐欺????

    【相談の背景】 私では無いのですが突然、私の家の電話が鳴り出ると「〇〇さん宛のお荷物をお預かりしてます」と親の名前を言われました「いてません」と言って断ったのですが、親は何にも頼ん...

    1弁護士回答
  • 送り付け詐欺、督促状無視し続けて大丈夫ですか?

    【相談の背景】 今年の1/6に心当たりのない所から郵便投函荷物が届き、開封もせずそのまま送り返しました。その後、何の連絡もないまま2、3週間後、弁護士事務所から黄色い葉書(督促状、1万...

    2弁護士回答
  • 送り付け商法情報などについて

    私はよくフリマアプリやECサイトなどを利用しています ある時 不在連絡票が入っていて 差出人を見ると 見覚えのない名前(〇〇(国名の名称))となっていました もしかすると フリマアプ...

    1弁護士回答
  • 認知症の母が送りつけ詐欺にあっています

    離れて住む高齢の母が居ます。少し認知症ぎみで、数ヶ月毎に着払いでサプリらしきものが送られて来て母も自分が頼んだものかどうかも分かららないので支払ってしまいます。 120つぶ入り2瓶...

    1弁護士回答
  • インターネットショッピング 中古パソコンのトラブル!

    ある大手サイトのインターネットショッピングで7月中旬に中古のパソコンを購入しました。美品中古と書かれていたのですが、状態を問い合わせたところ「とても汚い商品ではありません」と回答...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害を扱う弁護士を探す