キャッチセールス

キャッチセールスとは、町中や路上で声をかけて、商品を売り込んだり申し込みをさせようとする販売手法です。キャッチセールスは特定商取引法上、訪問販売にあたります。予期せず勧誘されるので、消費者は十分に検討することなく購入・契約の決断を下しがちです。トラブルになってしまった場合には、まずはクーリングオフを検討しましょう。ここではキャッチセールスのトラブル対処法をご紹介します。

キャッチセールスに関する法律相談

  • ぼったくり支払い義務

    【相談の背景】 3日程前に朝8時迄友だちと飲みに行き別れた後、外国人のキャッチに掴まり9時迄1人で違う店に行きました。酔ってあまり記憶はないのですが、請求金額が支払えずATMに連れて行...

    1弁護士回答
  • キャッチによる詐欺被害

    【相談の背景】 先日とある風俗のキャッチに捕まり、酔っていたのもあり風俗の「利用料4万」と、店内で問題行動を起こさないために「保証料16万」を渡してしまいました。 お迎えが来るとの...

    1弁護士回答
  • ナンパは違法ですか?

    【相談の背景】 東京都の新宿でのキャッチや立ちんぼなどに警察が立ち入ってるのを見た事が有りますが、 例えば、そもそも、  ものすごく好きなタイプの方を電車の中や道端で見かけたと...

    3弁護士回答
  • ブログを英文で書く場合の著作権について。

    【相談の背景】 私は英文でブログにA県の魅力について書いています。とあるインターネットメディアが○○がおいしい都道府県をネット投票で調査したところ、A県が一位になりました。A県が一位...

    1弁護士回答
  • 母子保健事業における事業名作成時の著作権侵害について。番組名を参考にしたら著作権侵害になりますか?

    【相談の背景】 保健師の事業として、母子保健事業を展開します。お父さんも参加できる事業にするのですが、その際の事業名を、キャッチーで参加しやすいイメージなものにしたあと思い、「...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害を扱う弁護士を探す