別居後に貯めたお金も財産分与の対象になる?

離婚をするとき、結婚している間に貯めたお金や不動産、車などの財産を夫婦で分け合うことを、財産分与といいます。結婚している間に夫婦で築いた財産は「共有財産」と呼ばれます。 では、離婚に向けて別居した後や、結婚前の同棲期間中に築いた財産は、共有財産なのでしょうか。 この記事では、共有財産に関する疑問について、「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答をもとに解説します。

関連する悩み相談への、弁護士の回答を参考にしたい方

法律相談を見てみる

目次

  1. 別居後に貯めたお金は共有財産?
  2. 配偶者から贈与された財産は共有財産?
  3. 同棲期間中に貯めたお金は共有財産?
  4. まとめ

別居後に貯めたお金は共有財産?

alt 離婚に向けて別居を始めた後に貯めたお金は、共有財産になるのでしょうか。

共有財産になるのでしょうか?

相談者の疑問 専業主婦ですが、離婚協議に入ってからパートを始めて、離婚後の生活資金のために貯め始めた貯金は共有財産になりませんよね?

協議に入りパートを始めてからも1年ほどは同居をしています。家庭内別居状態ですが。協議では話がまとまらなかったので、別居をし、調停が始まりました。

新保 英毅の写真 弁護士の回答新保 英毅弁護士 基本的には、財産分与の対象となる夫婦共有財産は別居時を基準に決めます。

したがって、別居後のパート収入により形成された預金は、夫婦共有財産とならない可能性が高いです。

ただし、財産分与においては、一切の事情を考慮して裁判所が裁量により決めることができますので、別居後に財産を形成したという事情が分与額の算定に際し考慮される可能性も一応あります。(パート収入くらいであれば、実際上は考慮されないと思いますが)

別居までのパート収入により形成された財産は、夫婦共有財産になる可能性が高いです。

ただし、先ほども述べましたが、財産分与に際しては一切の事情が考慮されますので、夫婦間での収入格差、離婚後の自立目的なども考慮されるでしょう。

▶ 財産分与を扱う弁護士を探す

配偶者から贈与された財産は共有財産?

alt 婚姻期間中に配偶者から不動産などの贈与を受けることがあります。その後離婚することになった場合、贈与によって取得した財産も共有財産として財産分与の対象となるのでしょうか。

過去贈与された不動産も財産分与されますか?

相談者の疑問 夫婦が円満だったころに、配偶者から贈与された不動産があります。登記済みです。この財産も、夫婦の共有財産として離婚時の財産分与の対象となりますか?

堀 晴美の写真 弁護士の回答堀 晴美弁護士 贈与されたものであれば、財産分与の対象となりません。婚姻関係が破たんした現在、贈与を取り消すこともできません。ただ、贈与だったという証拠をそろえておく必要があります。

▶ 財産分与を扱う弁護士を探す

同棲期間中に貯めたお金は共有財産?

alt 入籍前の、同棲期間中に貯めたお金は、共有財産になるのでしょうか。

財産分与について質問です。

相談者の疑問 主人と離婚するにあたり、財産分与について教えてください。

1、婚姻前から、お互いが所有していた物や家財は婚姻してから共有していても財産分与の対象外になりますか?

2、貯金の分与は、同棲を始めてからが対象ですか?籍を入れてからでしょうか?

3、家財を購入する際に結婚祝いや嫁入り道具として半額ほど私の両親が出してくれている物(冷蔵庫や食器棚など)がありますが、それらも分与の対象になりますか?

4、車を購入した際に、姉からお金を借り購入しました。返済は姉にする形になっていますが、借金として認められ分与の対象になりますか?

齋藤 宏樹の写真 弁護士の回答齋藤 宏樹弁護士 1、婚姻前から、お互いが所有していた物や家財は婚姻してから共有していても財産分与の対象外になりますか?

基本的には財産分与の対象外になります。ただ、婚姻前からお互いが所有していたことについて争いがあるとすると、婚姻以前に所有していたことを証拠をもって明らかにしなければなりません、

2、貯金の分与は、同棲を始めてからが対象ですか?籍を入れてからでしょうか?

籍を入れてからのものと考えてください。

3、家財を購入する際に結婚祝いや嫁入り道具として半額ほど私の両親が出してくれている物(冷蔵庫や食器棚など)がありますが、それらも分与の対象になりますか?

ご両親が全て費用を出したのであれば、分与の対象になりません。ただ、ご両親がお金を出したことについて、争いがあるのであれば、ご両親がお金を出したことを証拠によって明らかにしなければなりません。

4、車を購入した際に、姉からお金を借り購入しました。返済は姉にする形になっていますが、借金として認められ分与の対象になりますか?

購入した車は現在どちらが利用されていますか?マイナスの財産については、借りた者が返す形になります。借金を半分にしましょうとはならないです。今後も自動車を利用される側で支払うように和解を勧められることが多いです。

▶ 財産分与を扱う弁護士を探す

まとめ

別居を始めた前と後、どちらのタイミングで築いた財産かということが、共有財産かどうかを判断する基準の1つになるようです。 配偶者から贈与された財産は、共有財産にはならないでしょう。 共有財産となるのは結婚している間に築いた財産であり、まだ籍を入れていない同棲期間中に貯めたお金などは共有財産にはならないようです。

関連する悩み相談への、弁護士の回答を参考にしたい方

法律相談を見てみる
記事のタイトルとURLをコピー

お悩みの解決策を探す