弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

逸失利益

交通事故の被害で後遺症が残った場合は、本来事故がなければ得られたはずの「逸失利益」を請求できます。ここでは様々な条件を基に計算される逸失利益の算出方法や、請求方法について確認しましょう。

知らなかったことで泣かないため 道しるべここにあります

交通事故被害に遭ったときに、
この先知っておくべき注意点解決までのステップが1ページでわかります。

逸失利益に関する法律ガイド

無職で就職活動中に交通事故の被害者に…「逸失利益」は認められる?

交通事故被害に遭い、後遺障害等級認定を受けると、後遺障害に対する慰謝料とは別に、逸失利益(事故に遭わなければ得られた利益)についてもお金を支...

専業主婦が交通事故被害に…逸失利益は認められる? 弁護士Q&Aまとめ

交通事故の被害にあった場合、加害者に対して「逸失利益(事故にあわなければ得られた利益)」を請求できるケースがあります。では、事故当時に専業主...

逸失利益に関する法律相談

  • 日数計算のしかたを教えてください。

    交通事故後遺障害逸失利益

    法的な日数計算について伺います。 たとえば、平成10年10月1日より、平成11年11月2日までの、逸失利益を請求するものとします。 この場合、 (1)初日は含めますか? (2)暦...

    1弁護士回答
  • 無職であった場合の逸失利益

    交通事故後遺障害逸失利益

    損害賠償の計算は、 仕事を休まざるを得なかった日数 X 平均所得(自分の収入の日割り) これが、基準になるとのことですが、 たまたまその時期に、諸事情(親の介護および、自身の健康問題...

    2弁護士回答
  • 交通事故以外の慰謝料や後遺障害認定

    交通事故後遺障害逸失利益

    過失傷害の被害者です。 歯を6本補綴します。 この場合交通事故ではありませんが、 後遺障害逸失利益などは 認定してもらえますか?

    3弁護士回答
  • 逸失利益の無い後遺障害認定はありますか

    交通事故後遺障害逸失利益

    交通事故の後遺障害として脳挫傷の認定があります。 脳挫傷痕だけで機能障害も神経症状も一切なく、現状の仕事への影響もありません。 ・単なる痕跡だけで何の障害も無い場合でも、後遺障害1...

    2弁護士回答
  • パワハラ 損害賠償請求 逸失利益

    交通事故後遺障害逸失利益

    パワハラによる被害を受け、精神疾患になった為、損害賠償を請求します。 過去に、自死には至らなかったが、多額の逸失利益が認められた判例を拝見しました。 パワハラ→精神疾患→休職→精神...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

逸失利益に関する解決事例

勝浦 敦嗣

勝浦 敦嗣弁護士

150万円⇒520万円、むちうちムチ打ちで後遺障害等級14級でも、 訴訟によって賠償金3.5倍に

横断歩道を歩行中に自動車と衝突した結果、頚椎捻挫・腰部打撲などの傷害を受けた事案です。 1年以上の治療を行いましたが、ムチ打ちにより首や腰の痛みが残ってしまいました。 依頼者様が会社経営者でしたので、治療を行いながらも、経営に全力を尽くさなければならないお立場で、大変なご苦労をされる中でご相談をお受けしました...

長島 雄太

長島 雄太弁護士

高齢者で無職でしたが逸失利益が裁判基準のほぼ満額が認められました

被害者がバイクで走行中,加害車両に衝突された事例です。被害者はこの事故で14級の後遺障害を負いました。 相手方保険会社からは約170万円の提示がありましたが、この金額が本当に妥当な金額なのかと疑問に思い、ご相談していただいたところ、十分に増額が見込めましたので、当事務所でご依頼をお受けし交渉しましたところ,ご...

五十嵐 亮

五十嵐 亮弁護士

死亡による逸失利益について約900万円の増額に成功した事例

被害者は、高速道路を走行中に自車に不具合があったため路側帯に停止していたが、後方から進行してきた大型トラックに衝突された交通事故です。 被害者は、この交通事故により脳幹挫傷、急性硬膜下血腫のけがを負い、翌日死亡しました。本件において争点となったのは、死亡逸失利益です。 死亡逸失利益は、交通事故時の収入を基準と...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故の人気法律相談

  1. 示談交渉について悩んでます
  2. 交通事故の過失割合
  3. 後遺症障害と示談 慰謝料について
  4. 交通事故と怪我との因果関係がないと言われました。
  5. 追突事故で物損事故から人身事故に、困ってます。
  6. 交通違反に対する会社の罰則
  7. 交通違反したら後から連絡が来るのでしょうか?

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...