借地

建物所有を目的とする借地権には、地上権と賃借権の2種類があります。地上権の権利は強力なため設定されていることは少なく、借地権といえば賃借権を指すことが一般的です。ここでは、借地権の種類や特徴、よくあるトラブルと対処法などをご案内します。「借地上の建物を建て替えたい」「借地の返却を申し出たが条件が折り合わなかった、第3者に売却することは可能?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

借地に関する法律相談

  • 借地契約等一切ない建物に対して土地の返却を求めることができますか?

    【相談の背景】 相続した土地の売却相談をお願いします 土地には戸建が建っており他人の所有になります 建物は地代などもなくや借地契約等は一切ありません 【質問1】 建物の所有者に...

    2弁護士回答
  • 建物を増築した場合の存続期間

    【相談の背景】 当方は地主です。 借地において平成13年に建物所有目的で土地を貸しており、令和13年までの契約期間になります。 ところが平成20年に借地人が無許可で増築しております...

    3弁護士回答
  • 農地の時効取得における「占有の意思」について

    【相談の背景】 現在、親戚(Aとします)が固定資産税を払い続けている農地Xがあります。農地Xの所有者であるAの父は行方不明で連絡が取れないとのことです。 農地Xは、農家(Bとします...

    1弁護士回答
  • 自分名義の借地の建物について。

    【相談の背景】 借地の上に自分名義の家が勝手に建てられた。自分は住んだことはなく、両親が今も住みつづけている。 両親が亡くなったときは財産を放棄することを前提でお願いします。 ...

    4弁護士回答
  • 土地家屋調査士と取得時効に関して

    【相談の背景】 20年以上前に不動産を購入しました。 実際の登記簿よりやや面積が広いです。しかし隣家が売却されることになり、土地家屋調査士により測量で立会いを求められています。 ...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す