現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

借地

建物所有を目的とする借地権には、地上権と賃借権の2種類があります。地上権の権利は強力なため設定されていることは少なく、借地権といえば賃借権を指すことが一般的です。ここでは、借地権の種類や特徴、よくあるトラブルと対処法などをご案内します。「借地上の建物を建て替えたい」「借地の返却を申し出たが条件が折り合わなかった、第3者に売却することは可能?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

借地に関する法律相談

  • 競売で落札された会社の継続について

    業績不良により、競売となった会社ですが、落札した会社との契約に基づき、土地や建物を賃貸という形で借りています。 土地の一部へ、工場を新設したいと考えておりますが、その場合、 1...

    1弁護士回答
  • 不動産時効取得に関する相談です

    不動産の時効取得に関する相談です。 私の実家(相続を受け、2年前から私名義です)の隣地が土地売却をされるようで先日、土地家屋調査士立ち会いのもと、境界確認を致しました。 隣地は当方...

    1弁護士回答
  • 借地人の嫌がらせを撮影する場合の法的リスクを教えて下さい

    貸している土地に住む借地人から嫌がらせを受けます。証拠を撮るには借地に監視カメラを向けないと詳細がはっきりしませんが、借地にカメラを向けることで法に抵触することはありますか?

    3弁護士回答
  • 使用貸借している土地の時効取得

    親の土地を使用貸借で借り、そこに家を建てて住んでいる親族がいる場合、「所有の意思を持って占有している」と判断され、20年経過後に時効取得が成立しますか?

    1弁護士回答
  • 使用貸借についての合意書

    生涯使用貸借を認める一文と、両署名、日時他必須記載事項があれば合意書として有効となりますか。

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す