現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

借地

建物所有を目的とする借地権には、地上権と賃借権の2種類があります。地上権の権利は強力なため設定されていることは少なく、借地権といえば賃借権を指すことが一般的です。ここでは、借地権の種類や特徴、よくあるトラブルと対処法などをご案内します。「借地上の建物を建て替えたい」「借地の返却を申し出たが条件が折り合わなかった、第3者に売却することは可能?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

借地に関する法律相談

  • 借地の持家の処分の中での問題

    【相談の背景】 実家は借地の持家です。上物は父の所有でしたが、亡くなった際に残された母と兄・姉・私の4人連名に権利書がなっていると最近知らされました。 【質問1】 連名で所有し...

    1弁護士回答
  • 時効取得を防ぐ手立て

    【相談の背景】 息子が家を建てたいとのことで貸した土地に、息子本人の家が建っている。 息子からは賃料はもらっていない。 【質問1】 時効取得は20年で成立しますか? する場合、...

    1弁護士回答
  • 土地賃貸借契約について

    【相談の背景】 私(賃貸人)は私の土地を某中古車販売会社(賃借人、取扱高200億円規模の会社)に車の展示用を目的として貸そうと思っています。そこで、下記についてご教示頂きたいです。...

    1弁護士回答
  • 取得時効が成立しますか?

    【相談の背景】 息子に貸した土地に、息子本人の家が建っている。 土地の固定資産税は、息子が払っている。 土地の賃貸料も、息子が払っている。 【質問1】 取得時効が成立しますか?...

    1弁護士回答
  • 越境 時効取得 損害賠償について

    【相談の背景】 40年前に地主から分筆された土地を購入し塀を建てた時の話しです。 塀を建てる位置は地主が指定 しかし最近、地主方の敷地を測量した際に塀が越境してる事が判明 塀の...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す