建築

ここでは、建物を建てるときや居住目的で土地を買う際によくある法律トラブルや対処法をご案内します。「建築基準を満たしていない建物を売却することは可能か?」「改築中の隣家が建築基準を満たしていない場合、工事をやめさせることはできるのか」「住んでいる土地が接道義務を果たしていないが、建て直しできないのか?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

建築に関する法律相談

  • 雨漏りで睡眠障害になった慰謝料はいくら貰えますか?

    新築1年未満で雨漏り 睡眠障害で慰謝料請求できますか? 新築1ヶ月で2階の壁にシミが出来、半年後のここ1ヶ月の間に何度も1階が雨漏りしています 夜通しタオルを変え、雨が降らないか心配...

    2弁護士回答
  • 建築確認の処分性

    建築物の隣に居住する私は、当該建築物は建築基準法令所定の時間以上の日陰を生じさせることになるとして、建築確認の取消訴訟を提起したいと思います。 建築確認の処分性について、 確認は...

    1弁護士回答
  • 契約書をさかのぼって発行するべきですか?

    建設業を営んでいます。取引の際契約書を交わしていませんでした。 以前仕事をお願いしていた業者さんで今は取引の無い業者さんに(最後の支払い日が一年6か月前) 過去にさかのぼって契約...

    1弁護士回答
  • 一時工事中断は可能ですか?

    建築工事をしているものです。施主からクレーム及び値引き交渉が入り、是正工事段取りや、協議を行いたいため、一時工事中断をとりたいのですが、可能でしょうか。

    1弁護士回答
  • 著作物と認められた建築物の扱い方について

    著作物と認められた建築物は、著作権法46条の四「専ら美術の著作物の複製物の販売を目的として複製し、又はその複製物を販売する場合」この条文が適用されるそうですが、著作物と認められた...

    4弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す