現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

借地権の相続

所有権同様、借地権も相続することができます。基本的に相続時の地主の許諾は不要ですが、譲渡 (遺贈) の場合には賃貸人の承諾と承諾料が必要です。ここでは、借地権を相続する際の手続きや注意点をご案内します。「借地上の建物を相続したが、土地は引き続き借りられるのか?」「相続した相続権を売却したい場合はどうしたらいい?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

借地権の相続に関する法律相談

  • 解体費用はどちらか負担するものでしょうか。

    【相談の背景】 土地の借地権の事でどなたかアドバイス頂きたいです。 知識がない為、わかる範囲で説明いたします。 祖父の土地を相続し、今は私の名義となっています。 祖父の時代から、そ...

    3弁護士回答
  • 旧借地法 建て替えによる 契約書

    相談の背景 平成2年に、土地をお借りして 親が建物を建てました。相続により 引き継ぎましたが 建て替えを申し出たところ これまで契約書もないので 新たに作り、家賃も値上げとの事です。 ...

    2弁護士回答
  • 賃貸借土地を転貸する事と賃貸に利用することの違い

    借りている土地に建つ建物を相続したが 住む予定がない時、地主の許可がなくても他者に建物を賃貸してもいいと書いてあったのですが 賃貸借土地を転貸する事は 契約解除の可能性があるとも書...

    1弁護士回答
  • 借地の 今後の家賃がまだ決まっていない場合

    借地に建つ建物を、相続により 受け継ぎました。先方代理の不動産屋さんとの 今後 どのくらいの家賃アップか、土地購入か、退去か 決まらない状態で 払込済み家賃の期限を迎えます。お話が決...

    1弁護士回答
  • 共有物の使用収益の権限

    共有物の土地と建物があります。建物は一戸建てです。土地はわたしが二分の一それ以外の2名が四分の一をそれぞれ持分割合で所有しています。 建物はそれぞれが三分の一ずつです。 わたしが単...

    3弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す