使用貸借

親族間などに多い、賃料の支払がない土地の貸し借りは「使用貸借」と呼ばれ、借地借家法の適用外となります。ここでは、使用貸借で貸している不動産の返還を請求するための条件や、よくあるトラブルと対処法などをご案内します。「貸主が亡くなり、土地を相続した息子から返還を請求されている」「固定資産税を借主が支払った場合、賃貸契約になるのか?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

使用貸借に関する法律相談

  • 請求できる損害の範囲について

    使用貸借で機械を貸していたのですが処分されました。この場合相手に請求できるのは遺失利益だけでしょうか?それとも横領分としてなにか別途請求できるものでしょうか?

    2弁護士回答
  • 使用貸借につきまして

    使用貸借の解約申入に借主が応じない場合、訴訟できると聞きましたが、契約が有効中など、違法な点が見当たらなければ、訴訟しても貸主が負けますか?

    1弁護士回答
  • 使用貸借につきまして

    使用貸借の解約申入に借主が応じない場合、訴訟できると聞きましたが、契約が有効中など、違法な点が見当たらなければ、訴訟しても貸主が負けますか?

    2弁護士回答
  • 使用貸借につきまして

    使用貸借の解約に借主が応じない場合に、訴訟が出来ますが、 ・訴訟が出来る(=勝ち目があるという意味です。)ためには、違法の場合のみと思っており、違法な点は無いと思っていますが、あ...

    1弁護士回答
  • 自分の土地にある他人の墓につきまして

    自分の土地に、無償で貸して来ました他人の墓があります。 その事により土地の価値が下がる場合は、損害金を請求できますか? (借りるか買う事に興味を持った方が、墓があるのを知ったた...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料