現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

時効取得

土地を借りているという認識がない (所有していると思っている) 状態で一定期間継続的に占有すると、時効によってその所有権が取得できる場合があります。ここでは、借地の時効取得の成立条件やよくあるトラブルと対処法などをご案内します。「相続した底地を長年放置していたら、借地権者が時効取得を主張してきた」「所有していると思って何十年も住んでいた土地が、他人のものだった」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

時効取得に関する法律相談

  • 不動産の時効取得について

    【相談の背景】 土地のトラブル二件目です。 不動産の時効取得について教えてください。 先祖代々受け継いできた土地があるのですが、遠方に住んでいることから見に行くことすらないままに...

    1弁護士回答
  • 国有地でも長期取得時効は成立するか?

    【相談の背景】  国有地長期取得時効についての質問です。   父の代より30年以上前から、自宅前の道路を隔てた土地を畑として使用しています。この土地は、亡くなった父から道路拡張工事...

    1弁護士回答
  • 土地の時効取得方法について

    【相談の背景】 土地所有者が死亡したと思われる土地があります。 その土地を正式な方法で自分のものにしたのですが何か方はありますでしょうか? 所有者不明土地法では20平方メートルの建造...

    1弁護士回答
  • 時効取得の証拠品について

    【相談の背景】 約1200坪の竹林を所有しております。 その土地ですが、薄く額縁状に他人所有の敷地があります。20年間他人は全く管理せず、ほったらかしにしている状態です。 取得を試みた...

    2弁護士回答
  • 通行地役権の取得時効(車の通行)

    【相談の背景】 隣地者と土地の利用に関してトラブルが起きました。 隣地者の自宅敷地は私の敷地の奥に存在するため、車を利用して自宅敷地に入るには、約2mの農道及び私の敷地の一部を利...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す