定期借地権

「定期借地権」とは、契約の更新のない借地契約です。定期借地権には「一般定期借地権」「建物譲渡特約付借地権」「事業用借地権」の3種類がありますが、ここではその特徴や注意点などをご案内します。「契約期間満了後に、再契約することは可能なのか?」「契約期間中に建物を建て替えた場合、契約期間が延長されないのか?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

定期借地権に関する法律相談

  • 20年目の事業用定期借地はどうなるのか

    最初に事業用定期借地で15年間の契約で土地を借りて自費で上物を建てて飲食店を営業していましたが、 10年目に業態変更して当初の契約より5年長い期間の合意書を作成し合意しました。 ...

    2弁護士回答
  • 定期借地契約について

    定期借地契約のことで、質問です。 障害児入所施設に貸す場合は、事業用定期借地になるのか、居住用定期借地になるのかどちらでしょうか?

    1弁護士回答
  • 事業用定期借地権で貸主からの途中解約について

    事業用定期借地権の満期より1年半前に、地盤の老朽化等を理由に途中解約を申し渡されました。 土地を借りて事業をしている私どもから貸主さんに請求できる権利等ありますでしょうか?

    1弁護士回答
  • 事業用定期借地権について

    個人で不動産の賃貸借をしております。 私個人で、地主様から事業用定期借地の借地人として契約し 公正証書の作成は可能でしょうか?

    1弁護士回答
  • 土地の持ち主による借地期間中の土地の使用について。

    定期借地契約をして土地を借ります。その土地の上には建物のほか、一般車道に出るための道路や、道路の下にはインフラなど付帯設備も整備します。貸主の方は、土地の持ち主だからといって当...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料