現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

定期借地権

「定期借地権」とは、契約の更新のない借地契約です。定期借地権には「一般定期借地権」「建物譲渡特約付借地権」「事業用借地権」の3種類がありますが、ここではその特徴や注意点などをご案内します。「契約期間満了後に、再契約することは可能なのか?」「契約期間中に建物を建て替えた場合、契約期間が延長されないのか?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

定期借地権に関する法律相談

  • 事業用定期借地契約の土地契約

    不動産の事業用定期借地契約についてです。A土地の上にB事業主が事業用建物を建てて20年間の事業用定期借地契約(公正証書作成)を継続中に、主な事業用建物の脇にC物置小屋を付けて使う場合、...

    1弁護士回答
  • 事業用定期借地権公正証書契約の転貸人について

    事業用定期借地権公正証書契約について 地主が事業の業種を指名してきます。また、以前の公正証書契約では、幾つかの業種が記載されていましたが、今回は一業種のみです。 賃借人が転貸人...

    2弁護士回答
  • 事業用定期借地権設定の覚書締結後公正証書作成前の解約について

    所有地にてあるテナントと事業用定期借地権設定の覚書(期間30年)を締結しました。しかしその後もっと良い条件にて賃借したいと別テナントから申し入れがありました。まだ公正証書を作成し...

    1弁護士回答
  • 事業用目的定期借地の用途について

    事業用定期借地権の契約書において、利用目的(用途)をコンビニ経営と限定することは可能でしょうか。 将来的にコンビニが閉店した後に、他の業種に変更されると不都合が出てくることも考え...

    1弁護士回答
  • 定期借地権付き土地の買い取り価格について

    お尋ねいたします。 50年の定期借地権付き住宅に住んでいます。 借地権残存期間25 年、路線価が平米あたり84千円の土地を 買い取り求められて検討中です。 借地割合60%地域です。 地主は、...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す