転貸

貸主に無断で賃借建物を第三者に転貸することは、原則としてできません。無断転貸をすると、場合によっては契約の解除事由に該当してしまうことがあります。ここでは、建物の転貸をしたい場合に必要な手続きやよくあるトラブルとその対処法などをご案内します。「賃借建物を民泊に使うのは違法?」「借地上の建物の賃貸にも、地主の承諾が必要?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

転貸に関する法律相談

  • サブリース解約の可否について

    私は区分マンションを所有し、サブリース契約を締結しています。サブリース会社の対応に不満、また収益を向上させる為にサブリースを解約したいのですが、サブリースの契約書には借地借家法...

    2弁護士回答
  • グループホームの借家人賠償について

    借家人賠償保険について質問です。 知的障がい者向けのグループホームを 経営しています 戸建て一つ4ldkを丸々 オーナー様より利用用途「グループホーム」として賃貸借契約者を結びました...

    1弁護士回答
  • 他人名義の建物で家賃収入を得ている親戚

    夜逃げした親戚が家賃収入を得ている建物が、他人名義になっていたと債権者側の弁護士から報告を受けました。 親戚側(債務者側)の弁護士はその事を知らないが、家賃収入はあると言っていまし...

    2弁護士回答
  • 不動産賃貸契約についての相談です。

    私の妻が父親から相続した物件についての相談です。 父親(故人)が都内某所のビル1Fにてラーメン店を運営しておりましたが、歳なので閉店をしてサブリースを始めました。父親の死去に伴い妻...

    2弁護士回答
  • 家主承諾済みの店舗転貸について

    相談させてください。 私は転借人です。 転貸人が賃料未払いで家主との契約解除となった場合、 私は退去しなければならないのでしょうか? 私は転貸人に滞りなく支払いをしていました。 ※家...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す