現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

転貸

貸主に無断で賃借建物を第三者に転貸することは、原則としてできません。無断転貸をすると、場合によっては契約の解除事由に該当してしまうことがあります。ここでは、建物の転貸をしたい場合に必要な手続きやよくあるトラブルとその対処法などをご案内します。「賃借建物を民泊に使うのは違法?」「借地上の建物の賃貸にも、地主の承諾が必要?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

転貸に関する法律相談

  • 転貸借と地位承継について

    【相談の背景】 賃貸借の地位承継についての質問です。 土地所有者Aと賃借人B(事業用借地)がいる土地の一部に、A 、B同意のもと、Cは Bから20年の転貸(事業用借地権)してもらう計画をして...

    1弁護士回答
  • 転貸契約書に記述すべき内容

    【相談の背景】 オフィスを借り、契約書を締結しました。 その際、提示された契約書名は「転貸契約書」となっており、オーナーが別にいることが分かりました。 契約書の文言には、特に転...

    1弁護士回答
  • 転貸借トラブルについて

    【相談の背景】 テナントの転貸借について 現在テナントを転貸借しています。間に入っている方とトラブルになり、大家さんと直接交渉して直接契約したいと申し出たところで出て行けと揉め...

    1弁護士回答
  • 転貸借を前提にした賃貸物件の鍵の所有権について

    【相談の背景】 昨年11月に区分マンションを購入しました。賃借人は大手不動産会社の子会社(以下E社と記載)となっており、E社が転借人に転貸しています。 売買決済後に売主に当該物件の鍵...

    1弁護士回答
  • ワンルームマンションのサブリース契約満期が近づき解約したいが違約金請求されました。

    【相談の背景】 いずれは自己使用を考えているためワンルームマンションのサブリース契約を解約しようと申出をしましたところ 18ヶ月分の違約金を請求されました。現在のサブリース契約は...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す