転貸

貸主に無断で賃借建物を第三者に転貸することは、原則としてできません。無断転貸をすると、場合によっては契約の解除事由に該当してしまうことがあります。ここでは、建物の転貸をしたい場合に必要な手続きやよくあるトラブルとその対処法などをご案内します。「賃借建物を民泊に使うのは違法?」「借地上の建物の賃貸にも、地主の承諾が必要?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

転貸に関する法律相談

  • 賃貸物件の駐車スペースの無断転貸について

    【相談の背景】 私は所有しております戸建て住宅を賃貸しておりますが、当該物件の駐車スペースを賃借人が無断で駐車場賃貸サイトに登録して他人に又貸ししていることが判明しました。 賃...

    2弁護士回答
  • テナントの又貸し契約

    【相談の背景】 テナントを貸主の同意があり、又貸しで借りて店を営んでいます。 最近突如ニ棟のテナントが売りに出されることになりその一棟が自分のテナントでした。 そこでわかった...

    1弁護士回答
  • サブリース契約、売却による所有者変更について。

    【相談の背景】 サブリース物件の貸主・借主の地位についてご相談です。 当社は借主側(サブリース会社)ですが、貸主がこちらに報告なく物件を売却してしまい、来月には決済してしまう事...

    1弁護士回答
  • 不動産賃貸借・転貸借について

    【相談の背景】 不動産賃貸借・転貸借に関する質問です。 弊社はサブリース会社からビル区画を普通借家契約で借りています。 転貸人(賃借人)であるサブリース会社に聞いたところ、賃...

    1弁護士回答
  • 借地上の建物を賃貸したい

    【相談の背景】 借地権とその借地上の建物を所有しています。転勤になったのでその建物を賃貸にしようと思っていますが、土地賃貸借契約書に「本件借地の全部又は一部を転貸すること」が地...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す