転貸

貸主に無断で賃借建物を第三者に転貸することは、原則としてできません。無断転貸をすると、場合によっては契約の解除事由に該当してしまうことがあります。ここでは、建物の転貸をしたい場合に必要な手続きやよくあるトラブルとその対処法などをご案内します。「賃借建物を民泊に使うのは違法?」「借地上の建物の賃貸にも、地主の承諾が必要?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

転貸に関する法律相談

  • 家主承諾済みの店舗転貸について

    相談させてください。 私は転借人です。 転貸人が賃料未払いで家主との契約解除となった場合、 私は退去しなければならないのでしょうか? 私は転貸人に滞りなく支払いをしていました。 ※家...

    2弁護士回答
  • 個人賠償保険は自分の店で使えますか? 急ぎで対応しなければなりません‼️

    私の契約した物件で、転貸して現在は別のオーナーが飲食店を経営している店で、水漏れを起こしてしまいました。 使用した日はお店の定休日で個人的に使用したました。 娘と母親と3人でカラ...

    1弁護士回答
  • ウィークリーマンションの運営について

    弊社はマンスリーマンションを運営(アパートはサブリース、クリーニング等は自社管理)しており、民泊ライセンスを取得してます。 ウィークリーマンションの運営も今後したいと思っているの...

    2弁護士回答
  • 診療所の移転費用の補償について

    ある商業施設に入居していたテナント(不動産業)さんの区画の約半分を,転貸という形で借り受け診療所を約10年経営しておりました.商業施設側の自己都合による工事で,半年ほど施設を閉鎖...

    1弁護士回答
  • 他人の不動産を無断で賃貸した場合について

    私が他人の有する不動産を無断で第三者に賃貸した場合、 使用収益させる義務を負うと思います(559条・560条) このとき、上記義務を果たすためには、所有者と賃貸借契約を結び、承諾を得て転...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す