現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

転貸

貸主に無断で賃借建物を第三者に転貸することは、原則としてできません。無断転貸をすると、場合によっては契約の解除事由に該当してしまうことがあります。ここでは、建物の転貸をしたい場合に必要な手続きやよくあるトラブルとその対処法などをご案内します。「賃借建物を民泊に使うのは違法?」「借地上の建物の賃貸にも、地主の承諾が必要?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

転貸に関する法律相談

  • 転貸借について 背信的行為

    第三者に無断で賃借権を譲渡した場合は背信的行為になりますが、妹に賃借権を譲渡した場合は背信的行為になりません。 違いはなんですか? 転貸借は賃貸人の承諾がいりますが、なぜですか?...

    4弁護士回答
  • 賃貸の仲介手数料について。至急です。

    賃貸の仲介手数料について質問させて頂きます。 現在の住まいを今月中に退去し、引越し予定です。 2年間住む事が条件とされておりますが、住み替えの為、1年8ヶ月で退去するため、違約金とし...

    1弁護士回答
  • サブリース契約のマンション購入。

    サブリース契約中のマンション購入を考えています。 個人情報を盾に不動産会社がサブリースの契約書を見せてもらえません。サブリースはサブリースの会社とオーナーさんの間のものだと思うの...

    2弁護士回答
  • 賃貸契約前でも違反になるか?なればいくら請求されますか?

    私はテナント所有者ですがネットカフェからスポーツジムに新たに賃貸契約する寸前で店内改装工事は私負担の予定でしたが、さらに別の居抜きでスポーツジム希望者の話が来た為工事費負担がな...

    1弁護士回答
  • サブリース解約の可否について

    私は区分マンションを所有し、サブリース契約を締結しています。サブリース会社の対応に不満、また収益を向上させる為にサブリースを解約したいのですが、サブリースの契約書には借地借家法...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す