転貸

貸主に無断で賃借建物を第三者に転貸することは、原則としてできません。無断転貸をすると、場合によっては契約の解除事由に該当してしまうことがあります。ここでは、建物の転貸をしたい場合に必要な手続きやよくあるトラブルとその対処法などをご案内します。「賃借建物を民泊に使うのは違法?」「借地上の建物の賃貸にも、地主の承諾が必要?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

転貸に関する法律相談

  • サブリース解約通知の対応について

    サブリースのオーナー様から、普通郵便もしくはFAXで解約を希望の書面を頂いた後、(内容証明などではないです)オーナー様からも連絡もなくこちらからも連絡をしていないのですが、2ヶ月後...

    1弁護士回答
  • 又貸しの建物の更地費用負担割合について

    会社経営をしていた家族が亡くなり、会社の整理中です。又貸し(契約書なし)で借りていた土地の返却、建物の解体、更地化を契約者から求められています。地主は別にいて、契約者の親族がす...

    1弁護士回答
  • 転貸による建物明け渡し

    住居人が又貸しして、契約違反で退去してもらいたいのですが、立証するためには写真とか隣の住居人などの証言が必要でしょうか?また民事保全手続きもあるよと言われましたが具体的にどの様...

    1弁護士回答
  • 駐車場の転借について

    駐車場の転貸借のことでお伺いしたいです。 賃貸人----------------転貸人---------------転借人 (1台:4,000円で賃貸) (1台:5,000円で賃貸) 駐車場の一部【2台分】を1,000円分上...

    1弁護士回答
  • サブリースオーナーとの契約違反について

    サブリースオーナーと現入居者が退去された際にオーナー自己使用の為、解約にする文言をいれて更新契約を行っていたところ、失念して新しい入居者と2年間の普通賃貸借契約を締結&入居を...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す