現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

転貸

貸主に無断で賃借建物を第三者に転貸することは、原則としてできません。無断転貸をすると、場合によっては契約の解除事由に該当してしまうことがあります。ここでは、建物の転貸をしたい場合に必要な手続きやよくあるトラブルとその対処法などをご案内します。「賃借建物を民泊に使うのは違法?」「借地上の建物の賃貸にも、地主の承諾が必要?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

転貸に関する法律相談

  • 土地賃貸借契約書の転貸について

    【相談の背景】 ・土地賃貸借契約書の借主は義父の弟。 ・義父の弟はその土地に家屋を建てて住んでいたが、引っ越したので、義父がその家屋を譲り受けた。 ・義父は、その家屋を一時知人に貸...

    1弁護士回答
  • 不動産一括賃貸借契約(サブリース)期限切れ

    【相談の背景】 サブリース大手のS不動産と不動産一括賃貸契約の2年ごとの契約見直しの時期です。 巧みな文章にて、前契約よりサブリース業者有利な内容に変更して契約の見直しを図るので、...

    1弁護士回答
  • 飲食店の業務委任契約について

    【相談の背景】 友人のバーのオーナーより、現在夜の時間帯のみバー営業をしているが、お昼も喫茶メニューなどを置いてお店を開けたいため、古い付き合いの私に雇用としてではなく業務委任と...

    1弁護士回答
  • 転貸人となった場合でも、重説や賃貸借契約に、宅建士の資格が必要なのでしょうか。

    【相談の背景】 お世話になります。 下記の関係で定期借家契約を結びたいと考えています。 ■登場人物  A:賃貸物件オーナー様  B:弊社  C:賃貸物件入居者様 ■関係性  賃貸人  ...

    1弁護士回答
  • 専用使用範囲の第三者転貸の可否について

    【相談の背景】 家主と建物賃貸借契約にて、店舗建物を借りています。 専用使用範囲として、店舗に必要な駐車場部分を使用していますが、この駐車場の一部を友人からキッチンカーの営業場所...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す