弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

特許権

特許権とは、製品や技術の発明を独占的に利用できる権利です。特許権を取得するには、特許庁に対して特許出願を行い、審査・登録してもらう必要があります。もし特許権を侵害していると訴えられた場合には、まず特許が実在しているかを確認し、次に特許の範囲を確認しましょう。侵害していた場合、特許の存在を知っていたかどうかにかかわらず、損害賠償を請求される可能性があります。反対に、所有する特許権を侵害されたことが疑われる場合には、自社の特許の有効性を確認したうえで、相手に警告しましょう。また、ライセンス契約といって実施料をとって権利の利用権を付与する方法もあります。ここでは、特許権にかかわるトラブル対処法をご紹介します。

特許権に関する法律相談

  • 不正競争行為をしたという警告文がきました

    企業法務知的財産特許権

    便利そうなクレジットカードホルダーを見つけたので私もそれを売りたいと思い、弁理士に権利の侵害予防調査をしてもらい侵害にならないことを確認し、念のため特許庁に実用新案権の出願をし...

    5弁護士回答
  • 特許の再譲渡について

    企業法務知的財産特許権

    特許権の譲渡についてお問合せ致します。 専門用語が解らず、適切な文言でないと思いますが、ご理解下さい。 AからBへ特許が譲渡された後、BからCへ特許が譲渡された場合 特許の転売。ま...

    1弁護士回答
  • 改良発明に関する契約について

    企業法務知的財産特許権

    特許について、改良発明を実施する際、基本特許の権利者の承諾が必要という認識で良いでしょうか。 また、基本特許の権利者との共同開発等において、将来の改良発明について、基本特許の権利...

    1弁護士回答
  • 商品化として、アイディアは自分であっても職人さんに作って依頼した場合、特許取得できるのでしょうか?

    企業法務知的財産特許権

    商品作って販売するつもりがなかったのですが、ないのであったら買いたいとう意見があった為に作って販売しょうと思っています。 商品を販売する前にデザインやロゴを真似されないために特...

    2弁護士回答
  • 職務発明の対価の算出間違い

    企業法務知的財産特許権

    職務発明としておこなった特許について、会社から実施した対価を10年以上受け取っていました。 しかし、その計算が間違っており、毎年のように過不足が発生し、合計では過剰に支払ったので...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

知的財産・特許を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  2. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  3. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  4. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  5. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  6. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...
  7. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...