商標権・商号

商標とは商品やサービスの出どころを示す目印です。自社の商品やサービスが他社のものと異なるのを示すのに役立ちます。商標を独占排他的に使用するためには商標登録をする必要があります。もし商標権を侵害された場合には、差止め請求や損害賠償請求をすることができます。また、商標と一見よく似た言葉に商号があります。商号とは、自社を表示するための名称 (会社名) です。商号は登記しただけでは、独占排他的に使用することはできません。他社の同一、または類似した商号の使用を差し止めるには、商号を商標登録する必要があるので注意が必要です。ここでは、商標権や商号にかかわるトラブル対処法をご紹介します。

商標権・商号に関する法律相談

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

知的財産・特許を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料