弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

資金調達

事業規模の拡大に欠かせない、資金調達のお悩み対処法をご紹介します。資金調達の方法には大きくわけて、金融機関からの借り入れによる調達と、社債や株式の発行による調達があります。株式発行による調達を実施する場合には、株式を普通株式にするか種類株式(優先株式)にするか、種類株式にする場合にはどのように設計したらよいか、などの検討が必要です。経営状態や事業計画によって選択すべき資金調達の方法は異なります。各方法のメリットやデメリット、手続きの方法を知って、自社の資金調達に活かしてください。

資金調達に関する法律相談

  • 第三者割当増資における属人的株式のリスク、留意点について

    企業法務資金調達

    未上場のスタートアップ企業に第三者割当増資することを検討しています。 現在、オーナーが株を50%近く保有しており、発行数は約1,000株です。 オーナー保有時にのみ発令される属人的株式...

    2弁護士回答
  • 株主に無断で増資をした場合、増資の無効を争えるか?

    企業法務資金調達

    非上場株券発行会社の譲渡制限株式(過半数以上)の譲渡を受けたことから、譲渡承認請求書を配達証明付き内容証明を送付し2週間経過しました。その後、株主名簿の書換をせずに放置していたら...

    1弁護士回答
  • 株式の発行と同時に資本金の額を減少する場合でも債権者異議手続は必要?

    企業法務資金調達

    株式の発行と同時に資本金の額を減少する場合は取締役会の決議で足りますが、その場合でも債権者異議手続は必要でしょうか?また、準備金の減少の場合はどうでしょうか? 宜しくお願い致しま...

    2弁護士回答
  • 一人会社に発行可能株式総数内で増資するための手続きについて

    企業法務資金調達

    個人事業主として長らく活動していて、先日発行済株式総数一株の資本金100円で株式会社の設立を行なった者が、低資本のため銀行口座などの開設に不都合があることを理由に、発行可能株式総数...

    1弁護士回答
  • 資金調達媒介業の成功報酬

    企業法務資金調達

    私は事業をしているのですが事業が軌道に乗らず、資金調達しようにも事業歴が浅く融資を受けるのが難しい状況なので悩んでいました。 いろいろインターネットで調べたところ、難しい状況で...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  2. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  3. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  4. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  5. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...
  6. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...
  7. とくダネ!がSNSの台風動画「返答なくても使...