不祥事・クレーム対応

クレームや不祥事への対応は、非常に重要です。一歩間違えれば、企業の存続そのものを揺るがすリスクがあります。迅速で誠実な対応を心がけるのはもちろんですが、十分に事実確認をして必要以上に不利益を被らないようにしましょう。ここでは不祥事やクレーム対応に関するトラブル対処法をご紹介します。

不祥事・クレーム対応に関する法律相談

  • 弁護士の要求に応えるべきでしょうか?

    介護施設の責任者です。 ご逝去で退居された方の次男の弁護士より 記録物の提示を求められています。 理由としては現在長男と財産分与で弁護士をたててもめており、 6年前に遺言書の内容が...

    1弁護士回答
  • 職場への理不尽な苦情の申し立てを受けています。素直に、応じるべきでしょうか?

     以前、フリーランスとして外国人エンジニアのあっせん紹介業をやっていましたが、 収入が不安定だったので、現在は事業協同組合の理事として働いています。  先日、企業から組合事務所へ...

    1弁護士回答
  • 警察に誘導され犯人されて苦しい

    凄く今苦しいです。 と言うのも私どうやら置き引きの犯人にされてしまいまして。 九月の始まり頃に大阪府で早朝4時半から5時の間ぐらいにお店に他のお客様の財布を取ったと。 私は警察...

    1弁護士回答
  • 過去に発行した領収書の明細問い合わせについて。

    個人で小売店を経営しています。 2ヶ月以上前に発行した領収書の明細が知りたいと問い合わせがありました。 PCでの管理は数字と大雑把な分類だけで細かい商品名までは入力しておらず、書類...

    1弁護士回答
  • リラクゼーションサロン回数券返金について対応

    リラクゼーションサロンを経営しております。 回数券(4回 2か月\23,000)ご契約いただいたお客様が後日返金を希望されるメールをいただきました。 申込書、会則には、返金は受付ない旨の...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士を扱う弁護士を探す