再編・倒産

企業の組織を再編する場合や倒産手続きをする場合のお悩み対処法をご紹介します。組織再編の方法には、組織変更、合併、会社分割、株式交換や株式移転、事業譲渡などがあります。また、企業を存続させる手段の一つに、事業承継があります。事業承継を考えている場合には、早めにその対策を検討しておくことが重要です。また、経営を続けていくことが困難な場合は倒産手続きをとることになりますが、その際に選ぶべき手続きは、事業の再建可否によって異なります。事業を継続してやり直す場合には、民事再生や会社更生手続きを選択します。事業を閉じる場合には、破産手続きや特別清算などの手続きをとります。手続きの違いや流れを理解しておきましょう。

再編・倒産に関する法律相談

  • 事業再生可能性について

    社長ひとりの株式会社の事業再生可能性についてご相談です。銀行債務約八千万、ノンバンク約500万円、銀行は三行でリスケ中です。個人保証、自宅担保あり。決算は10期目で債務超過となってい...

    1弁護士回答
  • 取締役の責任範囲について

    私小さな会社で取締役をしております。 社長は創業者であり、株を全て所有しており、 私は連帯保証人にも全くなっておらず、 また、一円も出資しておりません。 社長はまさにワンマン経営...

    3弁護士回答
  • 大学生が勢いで作ってしまった株式会社を、できるだけ低コストで閉じたい

    大学4年生です。 もともと起業に興味があったこともあり、勢いで株式会社を登記しました。社員は私一人です。 ですが、就職をすることにしたので、作ってしまった株式会社を出来るだけ低コ...

    1弁護士回答
  • 倒産会社・店舗の売却

    リサイクル店を営んでおります。 倒産した会社や店舗の処分・売却の際、お声を掛けて頂けないかと、 破産管財人の方へ書面をお送りしたいと思っております。 只、どんな内容・文章を書けば...

    2弁護士回答
  • 契約の地位承継について

    現在、自社A社が行う事業を関係会社B社に移管すべく業務を進めております。 この際、取引先様C社との売買契約についてもA社からB社へ地位承継するようC社含めた3社間契約を行う予定です。 ...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

倒産・事業再生を扱う弁護士を探す

再編・倒産の解決策を探す