現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

企業法務

株主総会の運営や、消費者からのクレーム対応、下請けや取引先とのトラブル、従業員の解雇や労災に関するトラブルなど、企業活動において、ステークホルダーへの対応に関する法務はつきものです。このようなトラブルに対応するために各トラブルと関係する法律について学んでおきましょう。その他、特許や著作権などの会社の知的財産の保護についてや、企業や事業の再編・倒産に関するお悩み対処法もご紹介します。

「企業法務」の法律ガイド

すでに商標が登録されていてもサービスの分野が異なれば同じ商標を登録することはできるのか【弁護士Q&A】

商標登録しようと考えていた名称がすでに他の商標として登録されていた場合、商品やサービスの分野、サービスを展開しようと考えている地域などが異な...

【人事労務担当者向け】障害者の雇用義務に関するルールを解説

従業員の数が46人を超えている場合、会社は障害者を雇用する義務があります。必要な人数を雇用しなかったり、行政から雇用を求められたのに対応しなか...

貸株サービスを利用することはインサイダー取引になるのか【弁護士Q&A】

インサイダー取引とは、どのような場合に該当するのでしょうか。証券会社に株を貸す「貸株」サービスを利用することがインサイダー取引になるのでしょ...

従業員がうつ病や適応障害になったとき会社が対応しなければならないこと

従業員がうつ病や適応障害などの精神的な病気になった場合、会社には適切に対応する義務があります。従業員の病気が悪化する可能性があることを会社が...

【人事労務】従業員から生理休暇を申請された場合に知っておくべきポイント|休暇の日数や給与について解説

女性の従業員が、生理の症状が重く働くことが難しいという理由で休みを希望した場合、会社は「生理休暇」を与えなければなりません。この記事では、生...

下請業者に対する対応で法的に注意すること|納品の時間指定や注文のキャンセル事例をもとに解説【弁護士Q&A】

発注している立場であること背景に下請業者に対して理不尽な要求をしたりすることは下請法違反に問われる可能性があります。この記事では、納品物の受...

会社が第三者割当増資をするときの注意点とは【弁護士Q&A】

会社が特定の人に株式を発行して資金を調達するとき(第三者割当増資)、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。意思決定をするときに必要な...

企業が秘密保持契約(NDA)を結ぶときの注意点とは【弁護士Q&A】

会社が取引をする際、相手方が取引をする上で知った顧客情報などを第三者に漏らしたりしないよう、秘密保持契約(NDA)を結ぶことが一般的です。この記...

【人事労務担当者向け】内定取消しが認められる基準|取消しに関する判例や裁判例を紹介

求人に応募した人に対し、内定を通知した場合、まだ勤務していないからといって、内定を自由に取り消すことはできません。裁判で内定取り消しが無効だ...

【人事労務担当者向け】従業員に退職を勧めるときの注意点と違法な退職勧奨の具体例

働き続けてもらうことが難しい従業員がいる場合に、従業員に自主的な退職という選択肢を提示する方法があります。退職勧奨といいます。任意の退職を促...

企業法務に関する法律相談

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士を扱う弁護士を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識