他社との取引や契約

他社と取引する際には、起こりうるトラブルを予測してリスク回避のための条項を入れた契約書を作成すべきです。サンプルや雛形の契約書をそのまま利用するのではなく、契約の目的にあわせ必要な項目を盛り込むようにしましょう。その際、どのような種類の契約にするかを検討することも重要です。契約の種類には、売買契約、業務委託契約、ライセンス契約などがあります。ここでは、リスクを回避するための契約書の作成方法と契約の種類についてご説明します。

「他社との取引や契約」の法律ガイド

下請業者に対する対応で法的に注意すること|納品の時間指定や注文のキャンセル事例をもとに解説【弁護士Q&A】

発注している立場であること背景に下請業者に対して理不尽な要求をしたりすることは下請法違反に問われる可能性があります。この記事では、納品物の受...

企業が秘密保持契約(NDA)を結ぶときの注意点とは【弁護士Q&A】

会社が取引をする際、相手方が取引をする上で知った顧客情報などを第三者に漏らしたりしないよう、秘密保持契約(NDA)を結ぶことが一般的です。この記...

発注ミスを理由に元請けが一方的に減額…下請法違反ではないのか?【弁護士Q&A】

下請け業者が依頼された作業を終えた後で、元請け業者の発注書のミスを理由に発注金額を減額することは認められるのでしょうか。また、元請業者が発注...

弁護士資格を持たない業務委託の法務部員に契約書作成を依頼することや行政書士に契約書の審査を依頼することは非弁行為になるのか【弁護士Q&A】

弁護士資格を持たない業務委託契約の法務部員に契約書の作成を依頼することは非弁行為にあたるのでしょうか。また、行政書士に、契約書の作成ではなく...

他社との取引や契約に関する法律相談

  • グループ会社の規程の確認

    情報システム及びセキュリティに関する規程を子会社では持たず、子会社から親会社のグループ規程を参照することは、問題ないでしょうか 個人情報に関する規程は作る予定です

    2弁護士回答
  • 本部長名での契約締結における押印種類について。

    権限のある本部長名で契約を締結する場合の捺印について以下お教えください。 (役職者印はありませんし、作る予定もありません。) 1.代表者印(実印)での押印は有効ですか? 2.社印...

    2弁護士回答
  • 利用規約解約に関して 付随する覚書の解約通知

    他社サービスを利用するにあたり、弊社クライアントの利用規約に同意し申込をしています。 また別途、利用規約を修正する覚書・利用規約に関連するサービスの覚書の締結もしてあります。 こ...

    1弁護士回答
  • 代理人弁護士と書面でやり取りする際の書面が複数枚のとき

    代理人弁護士宛に書面を送るときに、書面が複数枚ある場合、ホチキスで閉じたり、ページ数を入れたり、契印をすることは必要ですか? 書面の内容は係争ではなく交渉です。

    1弁護士回答
  • 販売契約とは無関係の企業が販売を行った場合

    とある企業Aに著作物について複製・販売の許諾を行いました。 当方は個人の自営業者です。 契約内容は出版契約であり、契約した企業以外が販売すれば一般には譲渡権が 適用されます。 実際...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士を扱う弁護士を探す