弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

逮捕・刑事弁護

弁護士監修記事 2016年05月26日

逮捕されないか不安 - 警察・検察の捜査や取り調べについて

罪を犯し犯行現場から逃走したものの、その後逮捕されるかもしれないという不安から、日々悩み続けているという人も少なくないでしょう。また、警察による捜査はどのように進むのか、取り調べでは何をされるのか、任意同行は拒否してもよいのか、など不安は付きないものです。ここでは、警察や検察などの捜査や取り調べについて説明します。

目次

  1. 警察が捜査を始めるタイミング
  2. 捜査から取り調べの流れ
  3. 取り調べの現状 - 時間と目的
    1. 違法・不当な取り調べに注意
  4. 任意同行を求められたら
  5. 逮捕されないためには
    1. 自首や示談の検討

警察が捜査を始めるタイミング

alt そもそも、警察が逮捕の前に捜査をするのはどのような場合でしょうか。警察は、次のようなことがあった場合に捜査を始めます。

  • 被害届が出され、捜査の必要性が認められたとき
  • 通報されたとき
  • 告訴・告発されたとき
  • 職務質問により必要性が認められたとき

警察の捜査は、犯人が自分に不利な証拠を隠すことなどを防ぐため、内密に行われることがほとんどです。したがって、捜査機関が犯人の下に来るのは突然であるといえるでしょう。

捜査から取り調べの流れ

alt 捜査が開始されると、警察は、被害者や目撃者から話を聞くなどして、事件内容を把握します。そして、証拠物の解析、関係機関への問い合わせ、事件現場などを現場検証(実況見分)するほか、取り調べをして、事件に関する証拠を集めます。このような活動を経て、捜査機関は犯人の特定を急ぐことになります。 犯人を特定した場合には、悪質な事件であればすぐにでも逮捕される場合もありますが、任意での事情聴取(任意同行)が行われる場合があります。一度逮捕すると、警察・検察には厳しい時間制限が課されるため、逮捕前に予め容疑を固めておきたいのです。

取り調べの現状 - 時間と目的

alt 取り調べとは、捜査機関が犯罪捜査のために被疑者や参考人から話を聞くことで、警察署にある取調室で行われることが原則です。通常第三者の立会いなく密室で行われることから、それだけで被疑者にとっては大きなプレッシャーとなります。 また、取り調べ1回当たりの時間は平均1.5時間とされ、一般的な事件だと1日1.8回の取り調べが行われています。場合によっては8時間以上(許可が必要)続く取り調べが行われることもあります。 逮捕後に勾留(長期の身柄拘束を言う)される場合は、最大20日間身柄を拘束されます。この間に、検察による威圧的な取り調べを長時間は受けるのは、精神的に相当な負担となるでしょう。 取り調べの目的の一つには、供述調書を作成することにありますが、この供述調書は裁判で重要な証拠として扱われるのです。

違法・不当な取り調べに注意

供述調書は、強制ではなく自らの意思で自白したものでなければ裁判の証拠にすることはできません。例えば、「この事実を認めたら不起訴にしてやるから、供述調書にサインをしろ」「サインしたら刑を軽くするぞ」と言われた場合には、自らの意思で供述したものではないとして、裁判の証拠にはできません。 また、逮捕状が出ていない段階での任意の取り調べにおいて、長時間の拘束や帰宅の意思の確認、外部との連絡機会の与えないといった場合、実質上逮捕にあたり、令状のない逮捕として違法であるとした例もあります。 取り調べに対して弁護士が立ち会うことはできませんが、捜査機関には、取り調べなどにより身柄を拘束されている者が弁護士に連絡をとってくれと言った場合、これを弁護士に伝える義務があります。不当な取り調べを受けてしまった場合には、すぐに弁護士に連絡をとってもらいその旨を伝えて抗議してもらいましょう。

任意同行を求められたら

alt では、警察から「事情を聞きたいので、警察署に来てください」と言われた場合、どのように対処すればよいのでしょうか。 この場合、警察から任意同行あるいは任意出頭を求められているという状況ですので、同行や出頭を拒否することは可能です。しかし、捜査機関が既に逮捕状を持っている可能性があり、その際に任意同行を拒否すれば、その場で逮捕されてしまうことになります。 また、逮捕状が出ていないとしても、出頭をしないこと自体に罪障隠滅や逃亡の可能性があると認定され、逮捕状を請求され、逮捕されてしまうこともあります。 そのため、任意同行を求められたら、出頭して捜査に協力することが懸命でしょう。

逮捕されないためには

alt 任意同行を求められたら、事実上応じざるを得ないのですが、その場合でも必ず逮捕されるとは限りません。罪を認め、逃亡や証拠隠滅の意思などがないことを証明できれば、逮捕されずに在宅で事件手続きが進む可能性もあります。 とは言え、逃亡や証拠隠滅の意思がないことを本人が主張しても認められにくいのは想像に難くないでしょう。 このような場合には、弁護士に出頭に際して同行してもらい、逮捕しないよう強く働きかけてもらうことが考えられます。また、弁護士が付いている場合には、あらかじめどのようなことが聞かれそうか、どのようなことに注意すべきかの対策ができる上、捜査機関も違法ギリギリな強気な取り調べはやりづらくなります。

自首や示談の検討

逮捕を避ける術として、「自首」が挙げられます。自首とは捜査機関が犯人を特定する前に、自ら出頭して罪を認めることを言います。 自首することは、犯した罪を反省し、逃亡の意思のないことの表明でもあるため、逮捕を回避しやすくなるほか、もし逮捕され刑罰を科されることとなっても、情状酌量の要素となります。 また、被害者がいる事件では、被害者との示談が成立していることも重要です。被害者との間で事件が解決している場合には、逮捕されない可能性が高まり、逮捕されたとしても情状面で大きくプラスとなるのです。 いずれにしても、弁護士のサポートなしにこれらを進めることは、かえって逮捕の可能性を高める危険性もあり、なるべく早くに弁護士に相談することが重要となるのです。

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件を扱う弁護士を探す

逮捕・刑事弁護に関する法律相談

  • 在宅起訴 弁護士請求

    数日前に在宅起訴状が届きました。 その中に私選弁護士にするか、国選弁護士にするかの書類も同封されておりました。 私は現在の資力100万円程度ありますが、妻が約一年半程前から不妊治療...

    1弁護士回答
  • 逮捕歴の確認の仕方について

    現在、夫が現行犯逮捕されています。 被害届は私です。 調書を取る際、何回か「旦那さん、逮捕歴があるかな?」っと聞かれました。 知りませんっと答えると、その事についてはそれ以上なにも...

    1弁護士回答
  • タクシー運転手とタクシー会社への慰謝料と損害金についてお聞きしたいです。

    今年の始めに、父が、タクシーの運転手に怪我させて捕まり、その時も相談させて頂きましたが その後、不起訴になり、最近、タクシー会社の弁護士から、治療費50万、タクシーの損害に10万とい...

    1弁護士回答
  • 拘留釈放の連絡 時間帯

    傷害罪で旦那が10日間の拘留です。 もうすぐ拘留されてから10日なのですが 10日拘留後の延長、釈放の決定の連絡は基本的に何時頃に来るものですか? どこから電話がきますか?

    1弁護士回答
  • もうすぐ年号が変わりますが執行猶予中の恩赦について。

    恩赦というのがあるみたいで、 年号が変わると罪が軽くなったり、執行猶予がなくなったりすると聞きました。 刑務所には入っていませんが、執行猶予を3年うけました。 今1年目です。 年号が...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

逮捕・刑事弁護の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  2. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  3. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  4. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  5. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...
  6. 元AV女優・麻生希、覚せい剤で実刑判決…別の...
  7. まるでブチャラティ? 塾講師が「嘘をついて...