弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

傷害

傷害罪とは、他人に危害を加え、傷害を負わせたことに対する犯罪です。傷害事件は非常に件数が多く、ここでは逮捕後の流れや時効、罰金、懲役の相場などを紹介しています。

傷害に関する法律ガイド

傷害事件・傷害罪での慰謝料・損害賠償や示談金の相場

人に暴行を加え、傷害(怪我)を負わせた場合には、加害者は治療費などの被害を損害賠償する責任があります。賠償方法は、示談交渉を行った上で支払う...

傷害事件の被害に遭った際の被害届や告訴、慰謝料請求について

殴られて怪我をした、嫌がらせを受けてノイローゼになってしまったなど、傷害事件に巻き込まれると、恐怖や苦痛、そして治療の必要性など、被害者の負...

傷害罪の懲役・罰金の量刑相場と逮捕・勾留・起訴の流れや対処法

傷害罪は、飲み屋で口論になり相手を殴打し怪我をさせてしまった場合などに成立します。万が一逮捕された場合であっても、必ず刑務所に入れられるわけ...

傷害罪とはどのような犯罪か?構成要件と事例、暴行罪や過失傷害罪との違い

傷害罪は、しばしば喧嘩などの際に問題となることが多い罪です。しかし、一見傷害罪のように見えても、暴行罪や過失傷害罪、殺人罪となる場合もありま...

傷害に関する法律相談

  • 示談後の接触について。

    犯罪・刑事事件傷害

    以前にご相談にのっていただいた傷害事件なのですが示談成立しました。 示談書には加害者側から被害者への正当な理由なき一切の接触を禁ずると記載してもらいました。 ですが被害者側から...

    2弁護士回答
  • 傷害罪を起こした際の在宅捜査、懲役刑について

    犯罪・刑事事件傷害

    先日3月9日に交通事故を起こしてしまいました。 私は自転車で相手は車です。 現場はガードレールが無い場所で、相手が信号待ちの際に後ろから追い越そうとしてミラーにぶつけてしまいました...

    4弁護士回答
  • 加害者が居住する市の市役所に住所の開示請求は出来ますか?

    犯罪・刑事事件傷害

    過失傷害の被害者です。 治療費等の請求をしたいのですが、加害者の名前、生年月日、居住している市までは把握しているものの、住所を知りません。 加害者の居住している市役所に、加害者...

    1弁護士回答
  • 傷害事件の後遺障害認定

    犯罪・刑事事件傷害

    交通事故でなく、傷害事件の場合、後遺障害診断書を主治医が記載してくれた後、どこに提出するのですか? 後遺障害の等級認定はどこがするのですか?

    2弁護士回答
  • 飲食店にて火傷をおわされて治療が終わり示談書が届いたのですが、、、

    犯罪・刑事事件傷害

    飲食店にて、子供の足に店員さんが豚汁をこぼしました。救急車で病院に運ばれ、深達性2度熱傷と診断されました。傷跡がよくなってからも痕が残りにくくなるように日焼けと保湿を、とのことで...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

暴行・傷害事件を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

傷害に関する解決事例

寺垣 俊介

寺垣 俊介弁護士

ご相談の翌日示談と釈放

朝の8時にお電話をいただき、その2時間後には面接をさせていただきました。 ご家族が傷害事件で逮捕されてしまい、仕事の関係もあり、どうしても早く出してもらいたいというご要望でした。翌日、検察官から勾留請求がなされましたが、それとほぼ同時に依頼者と示談をすることができましたので、示談書、身元引受書、誓約書を用意し...

金川 昌平

金川 昌平弁護士

被害者と示談が成立し、早期に身体拘束から解放できた事例

飲酒して帰宅中、帰り道で第三者を殴ってしまったという傷害事件でした。相談者は逮捕され、そのまま警察署に勾留されてしまいました。 逮捕され酔いがさめた相談者は、被害者の方にしてしまったことを反省し、しっかりとお詫びをしたいと考えました。 また、このまま勾留が続くと勤務先に迷惑を掛けてしまい、解雇されるのではない...

石濱 貴文

石濱 貴文弁護士

早期対応により、迅速に釈放がなされた事案。

傷害事件(逮捕・勾留)であったが、被害者にも落ち度が大きかった事案。被害者と交渉を行い、被害届取下にこぎ着け、早期釈放となった。逮捕・勾留される事件の場合、身柄解放のため、早期の対応が重要です。

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件の人気法律相談

  1. 公然わいせつ罪に対する被害届
  2. 傷害事件で被告訴人が犯行否認
  3. 淫行条例の件で、警察から呼び出しを受けました。
  4. 万引きの後日逮捕について。
  5. 初犯で盗撮をしてしまいました。
  6. 携帯の白ロム詐欺にあったのに加害者にさせられた友人がいます
  7. 児童ポルノのダウンロード履歴から逮捕されることはありますか?

犯罪・刑事事件のニュース

  1. もらった「合鍵」で彼氏宅に入り、料理と掃除...
  2. フードコートで食事せず、冷水機で「水筒を満...
  3. 5歳児が公道で「ポケバイ」運転して補導…未就...
  4. 「好きな女性」の車にGPS取り付け、監視した...
  5. 小金井ストーカー事件、懲役14年6月に「短す...
  6. 強姦罪、男性も被害対象に…当事者が支援訴え...
  7. 小金井刺傷事件「17年でも短いと思っていたの...